ブログ

2016.10.20

素潜り魚突き・spearfishing

[海の生き物]

DSC_0463.jpg

酢飯屋で扱う白身魚のメインは
素潜り魚突きで突いていただいた魚がほとんどです。
魚の世界では、トレーサビリティの極みでもあり
食材魂の極みでもあります。

誰が、どこの海のどんな場所で、
どんな道具を使って
どんな月の形の日に
どの時間に、どんな種類の魚の群の中の
どのくらいのサイズの個体のオスかメス 
というところまで選び抜いた一匹をお寿司に出来る幸せ。
というのもありますが、

水中で一発で仕留める Kill Shot をかまして、
エラ・内蔵を水中で処理して、
神経締めまで水中でやってしまう
日本に数名いるモグリストが
徹底的な下処理を済まし、
魚にとってベストな梱包と適正な温度で
大切にお店まで届けられた魚は
どこでも手に入らない究極の魚となります。

基本的には全てを経験したい自分としては
その現場を見たくて、
自分でもやってみたくてたまらない日々。
我慢が出来ず先日潜ってきました。

DSC_0438.jpg
そこそこ穏やかな海でしたが、
ちょっと濁っているかもという潜り日和。

DSC_0437.jpg
水中メガネの曇り止めとして、ヨモギの葉などを岩ですりつぶして
メガネの内側にこすり、水で洗ったりしますが、
今回のこの葉っぱはなんの葉っぱだったかな。。

DSC_0442.jpg

moguIMG_7727.jpg
潜り道具一式、錘(おもり)やシュノーケル、
そして、記録用に水中カメラも
世界初の防水・耐衝撃レンズ交換式デジカメ「Nikon 1 AW1」

moguIMG_7728.jpg
銛(もり)と水中銃の間のような自作の突き道具を貸していただき
いざ出陣でございます。


今回お世話になったUさんと、
酢飯屋に修行に入ったばかりの山本祐也とともに
夢のような時間スタートです。


気がつくとすでに、いきなり 4kgサイズのヒブダイをついていたUさん。。。。

DSC_0445.jpg


下処理も水中であっという間に済ませています。。。
DSC_0444.jpg

ベタな言い方をすれば、まさに
神業(かみわざ)です。

僕たちが陸上を歩いて散歩するように、
Uさんは海中で自在に動き回り、
魚の急所を突き、最善の下処理をたった数秒で行なっています。

DSC_0448.jpg

DSC_0449.jpg

DSC_0450.jpg

突いた穴に紐を通し、腰にぶら下げて捕獲完了。

DSC_0451.jpg

DSC_0452.jpg

DSC_0454.jpg

そしてまた潜って行ってしまいました。
プロのカメラマンでなければ追えないほどのスピード感と
繊細な技術が魚の鮮度維持に大きく関わっていることを実感しました。
DSC_0455.jpg

DSC_0456.jpg

んんんん。 僕も突きたい!!!

DSC_0458.jpg

DSC_0459.jpg

DSC_0460.jpg

この日は濁り気味の海。
とはいえ、目視で確認できるところに魚たちがたくさんいます。
イシダイ、イシガキダイ、イラ、チョウチョウウオ。
獲りたいし、撮りたい僕としては、
どちらにも集中出来ない状態でいました。

DSC_0461.jpg
むむ! この距離感。
なんだかいけそうな気がする。
先に銛を構えて、
余裕をかましてカメラを起動。

DSC_0462.jpg

にごっていて見えづらいですが、見えますか?
魚いますよね?

ブダイだ!!!!!

普段から潜っているわけではないので、
息が。息が。
集中、集中。

うりゃーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!
sumoDSC_0467.jpg

ずぷッ!!!!!!!
sumoDSC_0468.jpg

急所を突くなんて余裕なし。。
が見事捕らえました!
sumoDSC_0465.jpg

sumoDSC_0464.jpg

動画
『寿司職人の素潜り魚突き』はこちらをクリックしてください。

DSC_0486.jpg
夢中で海に潜り、
ふと気がつくと荒れはじめた海。
すぐに引き返しました。

DSC_0469.jpg
岩場にたどり着き、あらためてブダイ観賞。

DSC_0488.jpg
ブダイと俺。

DSC_0474.jpg
食べるな危険!! ニセクロナマコ

DSC_0475.jpg
うに

DSC_0483.jpg
ウニー。

DSC_0491.jpg
ヒブダイ、ブダイ、イシガキダイ、イシダイ、イセエビと
気がつくと、Uさんのおかげでクーラボックスには
色とりどりのお魚が!

DSC_0493.jpg
この記事の流れから、
いかにも獲ったように思えますが、
帰り道、魚屋さんでGETした大きめのアオリイカと俺。


結局のところ、
魚と俺。
という自己満足な趣味と仕事が合致しているので
酢飯屋という寿司屋には無償の愛が永遠に注ぎ込まれ続けるのである。