ブログ / 岡田イズム一覧

2018.10.25

これも寿司なの!?

[寿司岡田イズム]

koremosushiIMG_0508.jpg
器:馬場光二郎さん(佐賀県 伊万里市)

寿司の定義は
お米を使った酸っぱいもの。

だとするならば、
これも酢飯を使っているので寿司になります。
自分がこれが寿司だと言えば寿司になります。
良くも悪くも緩やかな寿司の定義は
厳しく決めて道にするべきなのか、
はたまた
もう何百年かは自由に色々な寿司を作っていくべきなのか。
現代はその狭間にある気がします。

誰しも新しい寿司を作る権利があります。
新しいお寿司を考えたら、是非教えてください。
info@sumeshiya.comまで。
それが寿司文化に残るようなものなのかを
一緒に探っていきましょう。

温故知新 

温故創新

2018.10.20

数ある食べ物の中で命がないものは2つだけ、さてなんでしょう?

[岡田イズム料理記録]

和食文化国民会議・和食文化シンポジウムに行ってきました。

wasyokuIMG_4192.jpg
東京農業大学名誉教授 小泉武夫さん
農林水産省食料産業局 食文化・市場開拓課 和食室 室長 五十嵐麻衣子さん
つきぢ田村 三代目 田村隆さん
長野県立大学 教授(食健康学科長) 中澤弥子さん

『和食』がユネスコ無形文化遺産に登録されて5年。
どこからどこまでが和食で
週にどれくらい和食を食べていて、
年に何回、和食を作っているのか?

西洋料理はソースの料理
中華料理は炎の料理
日本料理は水の料理

世界で『いただきます』を言うのは日本だけ。
世界は食材にいただきますではなく、神様に言う。

90年前は日本人は皆ベジタリアンだった。
根、葉、きのこ、青果、豆、海藻。

タンパク質の含有量、和牛も大豆も17〜18%。

世界で一番発酵食品が多い国は日本。

免疫獲得食。

大根の漬物は全国に87種ある。

沖縄県以外の46都道府県にはなれずしがあった。

日本にはチーズがなかったが、なれずしがチーズだった。

フグ毒のテトロドトキシンは、青酸カリの180倍。

世界は5味、日本は『6味』。
甘味、辛味、酸味、苦味、塩味、『旨味(Umami)』

数ある食べ物の中で命がないものは2つだけ。
塩と水。

日本のお茶だけ緑色になるのは
日本の水に鉄分が圧倒的に少ないから。

海外での日本酒造りでは徐鉄装置が必要。

江戸時代には『酒道』があった。
当時は15歳の成人式にお酒の飲み方を子供に教えた。

中国由来の旬という文字。
中国ではご褒美的位置付けの意味。
日本では安くて、美味しくて栄養がある季節のこと。

和食は季節感や味わいだけでなく、哲学性が宿る食事。
心、侘び寂び、粋、道。

日本のこうじの表記は麹ではなく、糀が正解。

中国発祥の麦こうじの麹は明(みん)の時代に消えて、
現在は、曲(こうじ)と書く。

日本の糀菌は国菌(こっきん)に指定されている。
日本以外のこうじ菌はこうじではなく、クモノスカビ。

水と空気と安全は無料ではなくなる。

カツオ節のカビは抗酸化性あり。
3,4回つけると無敵になる。
内側から水分を出して完全乾燥すれば腐らないものになる。

飢饉の絵巻。
ガリガリの人の横に、ガリガリの犬の絵。
どんなにお腹が空いても犬を食べなかった日本人。

江戸前は白身魚ばかりが獲れた、醤油を塗ると魚が茶色く汚れるから
煎り酒が流行した。

日本各地のクジラの基地近くにあるお寺では
これまでに水揚げされたクジラ全てに戒名をつけて供養し
感謝している。

和食にまつわるお話には学び、と興味ばかり。
やはり、伝えたい気持ちが動かされますし、
もっと知りたい、もっと作りたい、もっと食べてみたい
しっかり継承したい。
そんなポジティブな感情ばかりが発動します。
行事、五節供、季節、旬、粋。

海外の魅力に惹かれながらも
日本の魅力も勉強し、追求する。

これからの日本は
現代生きている我々が守らなければ
無くなってしまうものばかりです。

Let's 日本回顧。

» 続きを読む

2018.09.12

巻き寿司ブーム!?

[寿司岡田イズム]

20180908235847.jpg

先日の日経MJ(新聞)の佐藤俊郎さんの記事。
佐藤さんは『季節のおうち寿司』でもお世話になったライターさんです。

巻き寿司は
握り寿司よりもさらに自由度が高く、
巻き寿司の定義もまた自由。
世界中に広がりやすかったわけですね。
何をもって、ブームというかにもよりますが
巻き寿司自体はもうブームではなく文化かと思います。
昔のお寿司も興味津々ですが、
100年後のお寿司が気になって仕方がありません。


2018.09.04

寿司職人目線で『豊洲市場』開場前の 様子をレポートしてみました。

[うつわ乾物寿司岡田イズム海の生き物海藻淡水魚記録調味料青果]

toyoshitaIMG_9608.jpg
2018年10月11日 豊洲市場(とよすしじょう)開市目前
慌ただしくなる前の様子をじっくりと見学させていただきました。

» 続きを読む

2018.09.03

短編 実話小説 【人生で大事な決断の一つ】

[岡田イズム記録]

それはある日の喫茶店。
僕は一人、黙々とパソコンで事務作業をカタカタしていると
隣りのテーブルに若いカップルが二人座った。
大柄で口調もやや強めだけど、気の利く会社員の男。
10代の頃はちょっとヤンチャしてたけど今は社会に揉まれて普通に一般企業に勤める女。

» 続きを読む

2018.08.07

高峰温泉(たかみねおんせん)

[岡田イズム記録]

satoonIMG_7053.jpg

長崎県壱岐市勝本町立石西触200

海のあとの温泉。
そんな幸せな日を少しでも多く作れる人生にしていきます。

» 続きを読む

2018.07.20

壱岐のじいじとばあば・子供達の記録・釣った魚でごはん作り

[動物岡田イズム料理淡水魚生き物記録釣り・Fishing食遊び]

ikiIMG_2823.jpg
長崎県 壱岐市
東京、豊洲で25年過ごした後、
定年を期にUターンされた、
妻のご両親の秘密の住処『浜の家』。
自家菜園を持ち、目の前が海という理想的な生活スタイル。
収穫したての紫パプリカやオクラ、ビーツ、トマト、
朝どれケンサキイカやアオリイカ。
いつもご馳走さまです!
毎年の壱岐時間に感謝いたします。

10567550_742018109193018_1382557438_n.jpg
2014年7月今年も、島の沢山の方々に
大変お世話になりました。
ありがとうございました。
『神道発祥の地』であり、
『東アジア最古の船着場跡』があり、
『魏志倭人伝』にも登場する【壱岐-いき- 】。
この歴史深い壱岐には、
僕たちの未来のヒントが
沢山あります。
是非、皆様もご来島下さいませ。

ikiIMG_4943.jpg
壱岐に着いたらまずは本家にご挨拶に。
子供達の
木魚を叩く撞木(しゅもく)と鈴(リン)棒を両手に持って
ポン、チン、ポン、チン、ポン、チーン、ポン、チンの
連打でのご挨拶すみません。2015年7月

ikiIMG_7329.jpg
2016年9月
遅めの夏休みで今年も壱岐に。
前入りしていた子供達とジイジとバアバが
博多港からのジェットフォイルの到着の時間に合わせて
僕と妻を迎えに来てくれました。

ikiikiIMG_7330.jpg
3日間離れていただけなのに、
すっかり島の子になっている次男。
それでいいのだ。

ikiikiIMG_7344.jpg
到着後まずは即、子供達から虫捕りイコウヨの洗礼。
いくらでもいくぜ。夏休みなんだから。

hanaIMG_7383.jpg

ikiikiIMG_7333.jpg
昨年は手で持つことも出来なかったバッタを掴み、
トンボもイケるようになっている。
そうやって目に見える成長は、どんどんフォローしたい。

ikiikiIMG_7341.jpg

tonosamabattaIMG_7373.jpg
次男もトノサマバッタ持てるようになりました。
これが、男としての成長です。
頑張ったね。

tonosamabattaIMG_7376.jpg
しかしデカイです。
羽ばたく時の音が小さいヘリコプターばり。

ikiikiIMG_7336.jpg
浜の家でお昼ご飯。

【浜の家とじいじとばあばの凄いところ】
・野菜はほぼ自家菜園(もちろん無農薬)
・麹を作っている
・なのでお味噌も当たり前に手前。
・ジイジが物々交換の神様なので、日々魚を捌いて食べている。
・天然酵母(ぶどう系)を自分で作っている。
・なので、パンは基本的には自分で焼いている。
・ジャムの類は手作りに決まっている。
・イカめしが美味しすぎる。
・自家製トマトジュースはバアバ達が豊洲に住まれている頃から天日干し、湯剥きして煮込んでいる。(ちなみに豊洲にいる頃から江東区に畑を借りて色々栽培している。)
・カスピ海ヨーグルトの粘りが、それの全盛期よりも増している。
・魚の内臓は海に、その他の生ゴミは畑に、燃えるゴミは燃やしている。
・もう一度、イカめしが美味しいすぎる。本当に。もち米の分量の加減と味付けがもう完璧。(もちろん、レシピは無い系)
・お手製のところてんがまた絶妙の美味さヤバス。
・キリが無いほど、楽しい食生活を送っている。

海と田畑がある生活は、これだから羨ましい。
人間らしく生きること。
これ、毎年書いてますね。。。

ikiikiIMG_7355.jpg
やっと寝てくれた。
早朝から晩まで昼寝をすることも忘れて
一日中遊んでいる。
6歳、3歳は、それでいいのではないかな。
そして、明日も
早朝から晩まで遊ぶ。
僕たち夫婦には、自分の時間などほとんどない。
なので
子供たちと一緒にいる時間に自分の人生を光らせれば良い。

makiIMG_7387.jpg
来季用の薪が倉庫だけでなく、海沿いにも
すでに今年もバッチリ用意されていました。
九州ですが、壱岐の冬は寒いです。

ikameshiIMG_7527.jpg
今年の壱岐で、一番美味しかった味が
カオルお母さんの『いかめし』。
いかめしで感動したのは、初めてです。

ikiIMG_5267.jpg
とある日の壱岐の朝。
マグロとイカの朝食。
王道なようで、まだまだ深いこの食材。
掘り下げないとなぁ。
『一生修行の世界ならそれを楽しむ人生に』
これは僕が若い頃に書いていたブログのタイトルです。

ikiDSC_0267.jpg
キンショウメロンとマクワウリ、スイカ。
気がつくと誰かが何かを持って来てくれる。
そんな人間関係を築けるお父様、お母様のお人柄からは
学びが沢山あります。
野菜は自家農園、果物はご近所さまから
魚は漁師さんから。
日本人のあるべき姿が
壱岐には当たり前のようにたくさんあります。

ikiDSC_0270.jpg

ikiIMG_5029.jpg
家の目の前の海がこんなことになってます。
しかも魚種が豊富。
皆様の家の前がこんなだったらどうしますか?
海に入りたくなりますよね?
魚を獲りたくなりますよね?
魚が獲れたら、食べたくなりますよね?
寿司を食べたくなりますよね?
寿司を握りたくなりますよね?
じゃあ、
寿司職人になればいいんじゃないですかね?
酢飯屋は
寿司職人を志す人を応援します。

ikiIMG_5011.jpg
この日は地元のスーパー『マルエー』さんで
『マグロの解体ショー』があるということで
寿司職人の顔を隠し、完全に一般客を装い
コワモテのおじさん達の間に肩を入れて
解体風景の写真撮りまくってやったぜぇ〜。
そして一般客として
解体したてのマグロを購入して帰ったぜぇ〜。
味見したけど美味しかったぜぇ〜。

ikiIMG_5013.jpg

ikiIMG_5015.jpg

ikiIMG_5014.jpg

ikiIMG_5018.jpg

ikiIMG_5024.jpg
こちらが
マグロの解体手順。
是非みなさんも一度は
やってみてね!

ikiIMG_5020.jpg
長男はこのまま魚好きで行くと
凄い目利きの職人になるが
途中、人生色々あるだろうけど
パパは、寿司職人はオススメしちゃう^^!
いや、自分がやりたいことをやればいいよ。

ikiIMG_5019.jpg

ikiIMG_2887.jpg
早朝散歩。
朝日に当たるだけで
パワーがいただける。
太陽さんありがとうございます。
壱岐のお米『にこまる』。

11780443_928825993845561_643440566_n.jpg
この小さなフレームの中に
何種類の植物と昆虫が共生しているのか。
私たち人間も
小さな世界の中で
仲良く共存していきましょう。
そんなメッセージを今朝の散歩で受け取りました。

iki2016IMG_7520.jpg
【壱岐でおうち寿司】
今日は
とっても美味しそうな2kgほどのマサバがお魚屋さんにあったので、
シメサバを作りました。
マダイとカツオも購入しておうち寿司。
柳葉包丁が無かったため、
切りつけまで全て出刃包丁でやりました。。

高知の松﨑淳子先生に教わった、
シメサバを漬けた後、魚の旨味が移った漬け酢を
酢飯の合わせ酢として使うやりかたで酢飯を作りました。

iki2016IMG_7519.jpg


iki2016IMG_7517.jpg

今宵の壱岐焼酎は
【壱岐の華】の『尋ね鳥(たずねどり)』
こちらは原酒を低温熟成させた麦焼酎。
新樽の香りを纏った気品を感じる一杯です。

iki2016IMG_7518.jpg

iki2016IMG_7521.jpg

iki2016IMG_7522.jpg
そして、プチ嬉しかったのが、
比較的、マグロばかり食べていた長男が
シメサバの美味しさをわかってくれて
食べまくってくれたこと!

11751434_927687317292762_2293083411554920157_n.jpg
今朝も恒例の
朝5時からの散歩。
程良い汗が今日一日のエンジンをかけてくれます。
写真は、浜の家の賢犬
ハナちゃん。
ダッシュ競争しても
やはりかなわない。。。。

ikiIMG_5009.jpg
今日の夕食は『ニホンウナギ』。
最近深めに勉強をし始めたものの未だ解明されていないことだらけのウナギですが。
地道にまとめていきます。
酢飯屋公式ブログ(魚)の『ウナギ』はこちらからどうぞ。
http://www.sumeshiya.com/blog/2015/06/post-401.html

11143417_928817213846439_4719358288840841774_n.jpg
今日の早朝散歩は、
初体験がありました。
巨大ナメクジに出会うという。。。
想定外が魅力なわけか。

11745699_928817287179765_3613035949340851171_n.jpg

ikiIMG_4970.jpg
今夜の食卓もまた
愛のある、食材魂に溢れた内容でした。
お父様の自家農園の摘みたてオクラに
ご近所さまからいただいたというアワビでステーキ。
そして息子が釣った魚の刺身盛り。
糸島でお世話になった
柚木マスミおかんの『糸島 金山寺納豆』が
さらにこの場を盛り上げてくれます。

ikiIMG_4975.jpg

ikiIMG_4973.jpg

今朝は
お母様お手製
酵素がたっぷりの野菜ジュースからスタート。
長命草を生のままたっぷりと!!
生でイッちゃうんすか!?
そして
セロリ
バナナ
トマト
ピーマン
パプリカで整える。
苦いのに後を引く。
そんな人間になりたいな。

11214236_928249663903194_8494773749631461142_n.jpg

10846465_928110440583783_8166842722458157433_n.jpg
今日の早朝散歩は5時30分から。
5歳の長男も参加。
張り切るって大事ですね。

ikiDSC_0111.jpg
ご近所さんからアジを沢山いただいたのと
先ほど長命草を採ってきたので
お母様特製のアジフライと長命草のてんぷらな夕食。
次男もがぶり!
今夜のお酒は勿論
親戚の麦焼酎の蔵元『壱岐の華-いきのはな-』
・酢飯屋でもグランドメニューに入っている、初代嘉助さんモデル
・昭和仕込み
今夜はイカ漁が無くなったので
久しぶりにゆっくり過ごせそうです。

ikiDSC_0110.jpg

ikiDSC_0114.jpg

chomeiDSC_0095.jpg
今夜の郷ノ浦からのイカ漁が
海が荒れてきましたので中止になりました。
18時〜6時までの長い時間の漁。
朝から構えておりましたが
ちょっと気が緩みました。^^;
ということで、夕食食材を採りに岸壁へ。
ボタンボウフウ(通称:長命草)。
鹿児島の喜界島で出会ったこの美味い山菜。
壱岐にもたっぷり生えてるぞー。

chomeiDSC_0100.jpg

chomeiaouDSC_0105.jpg

ikiIMG_2831.jpg
部屋からカニ釣りが楽しめるという環境。
これだけで子供達は飽きません。

ikiIMG_2810.jpg
じいじとカニ取り。
ハサミが太くて挟まれたら大変なやつ。

ikiIMG_2819.jpg

10497143_741945729200256_5821872863484283642_o.jpg
長崎県 壱岐市 芦辺町。
家の前で釣れるのは、カワイイふぐばかり。
1時間ほど室内で補食スタイル鑑賞して、海へリリース。

長崎県 壱岐市。
毎日 釣り、虫、釣り、虫、釣り。
東京戻ってからどうしよ。。。。

10568682_741893872538775_361425151_n.jpg

10570978_741893815872114_1117618848_n.jpg

10585585_741812949213534_159201416_n.jpg
朝散歩に白龍様登場。
ありがとうございます。

10458806_741543262573836_5653776857963355993_n.jpg
さばいた魚で、ひとまず一杯。
マサルお父さん、長時間お疲れ様でした!

10463843_741543162573846_5526660286764344937_o.jpg

10514365_741451409249688_2946233911153825107_o.jpg
麦焼酎発祥の地で飲む『麦茶』の旨いこと旨いこと。
麦茶でお腹いっぱいにしちゃお。

10553526_741451532583009_9010105438707041162_n.jpg

35483_741446382583524_9046711183345508141_n.jpg
大人も子供も
東京や福岡で過ごしているよりも、
壱岐にいるほうが睡眠時間が短いという。。
やることあり過ぎな島、長崎県 壱岐。
束の間の休息も15分で起きる。。。。
遊べや遊べ。
岡田千歳 1歳

10516923_740847992643363_1739377465_n.jpg
今朝は、ここ数日で一番涼しい散歩です。
太古の昔、人間がこの湾から壱岐に上がってきて、
この島に住み着いたという
芦辺の某湾。
想像するだけで
しびれます。

10508324_739602776101218_88920945_n.jpg
4歳の長男、
まだ小学生ではないですが
ママとバアバと夏休みの宿題風。

1059345_740027806058715_1240037849_n.jpg
スーパーマーケットの
魚事情視察と、
夜用花火選び。

10559277_739480159446813_117605276_n.jpg
歩いて30秒で海ですが、
次男がまだ小さいので
とりあえず子供プールを膨らます。

10571005_739406256120870_648556709_n.jpg
稲の伸び順調です。

10566432_739399729454856_1422995917_n.jpg
朝の散歩7,000歩。
程よいところで日が昇ぼる。
毎日散歩したい島、壱岐。

10564658_739406319454197_1988224441_n.jpg

10528152_739387882789374_998989260_n.jpg
今朝は4時30分からの散歩スタート。
涼しくて気持ち良い!!

10565707_739264712801691_51527270_n.jpg
自家農園にて、夜食の野菜を収穫するマサルお父さん。
僕は壱岐産の『ヒラマサ(ヒラス)』の刺し盛り担当。

10567391_739264629468366_868907916_n.jpg

10564912_739283749466454_840405777_n.jpg

10555138_739299839464845_338532621_n.jpg

10559097_739283689466460_773110767_n.jpg

冬のための薪がドシドシ準備されています。

10551776_739310582797104_332283779_n.jpg

10571001_739302842797878_2085754418_n.jpg


ikiikiIMG_7498.jpg

台風が近づいてきているということで、
荒れる前に外遊びをしておこうと、
壱岐の生き物探しの冒険に。

ikiikiIMG_7499.jpg


ikiikiIMG_7510.jpg
陸海空生物


ハチャメチャな生き物動画はこちら。

10581317_741370619257767_1079676887_n.jpg
カニ vs クワガタ
オトコ遊び。
許してあげてください。


goiiIMG_0970.jpg
【釣った魚でごはん作り】

お魚釣り放題、お魚触り放題、お魚食べ放題。

大人にとっても、子供にとっても
自然が身近にあることの良さ、豊かさを感じさせられる時間です。

ばあば、いつもキッチンを魚まみれにしてすみません^^;!!!

goiiIMG_0972.jpg

goiiIMG_0978.jpg
海洋大学に一直線か!?
と思うほど海の生き物が大好きな長男。

goiiIMG_0980.jpg

goiiIMG_0981.jpg

goiiIMG_0994.jpg
魚をいじるだけいじくりたおして
最後はブツ切りにしてくれる次男。
大きくなっても一緒に遊ぼうな。

【食遊び】というのは、
誰とでもどこでも、死ぬまで出来る遊びです。

goiiIMG_0996.jpg

goiiIMG_0997.jpg

2018.07.09

国際交流 ・International exchange

[岡田イズム記録]

kokukouIMG_3752.jpg

青森県 七戸町に
酢飯屋では
日本みつばちのはちみつや長芋、大豆でお世話になっている土岐農園さんがあります。

土岐さんは元スカンジナビア航空のCAをされていた方で
現在は自然環境抜群の場所で自然素材食を中心とした生き方をされております。
とにかく人間力の高い土岐さん。

僕が伺ったこの日は、
WWOOFより青森まで研修に活き活きとした若者が3人の面倒をみられていました。
ユーモアたっぷりのドイツ人Robertくん
クールかと思いきやカラオケでは熱唱するフランス人Thibautくん
優しくて気が利いて意見をハッキリもったオランダ人kellyさん

まだ来たばかりでどこに何があるかもわからないはずの土岐農園の厨房で
テキパキとご飯を作っておもてなししてくださいました。
自家製の豆腐まで!

この場所で感じたことは『人間力』。

学歴よりも才能よりも人間力。
僕が考える人間力とは
・生きていく力
・切り拓いていく力
・優しい気持ちを持ち続ける力

岡田家の子育ての軸は人間力を育てること。
どこでも生きていけるような人間に。

みんな、またいつかどこかでカラオケしましょう!

» 続きを読む

2018.06.29

魚釣りが大好きなんだ !

[岡田イズム記録釣り・Fishing]

turidaiIMG_2758.jpg

作品名『つり大すき』

さかなをかくのをがんばりました。
ふねをほんものにみえるようにくふうしました。
つりがたのしいからつくりました。

好きな物事を将来の仕事に繋げていければ理想的。
好きな物事がいつの間にか仕事になってしまうように
好きな物事は、それが本当に好きかどうか飽きるまでやってみよう。
飽きなかったらそれはきっと好きな物事。

一生息子の応援団 父より

2018.05.28

結の島 、沖縄。

[岡田イズム記録]

yuishiIMG_9111.jpg

海が大好きな子供達にとって
親が出来ることは
海に連れていくこと。

海、ありがとう。

» 続きを読む

2018.05.25

やまぶき・ヤマブキ・山蕗

[岡田イズム青果]

yamaIMG_2386.jpg

三重県津市から
自生している天然の山ブキ。

フキにしかないあの香りは
いつどこで食べてもハッキリとわかりますよね。

息子たちには
自分自身が
いつどこにいても
ハッキリと自分の意見を主張できる
そんなフキのような大人に育って欲しいです。

» 続きを読む

2018.05.20

田だ

[岡田イズム記録]

taaIMG_1006.jpg

お兄ちゃんがいるおかげで
幼稚園生でも漢字に興味をもって
書いているようです。
漢字が読めたほうが日常も楽しくなるしね。

『田』 を 『た』 と読む なら、

『だ』 は  『 田"』と書くのかな?

とか

一  二  三  って横棒を増やしていくだけで
数が増えるということは

4は 棒4つかな?

とか。

その感性を伸ばせる環境を作ってあげるのが
親の使命だな。

自立して自由に生きていける大人になるように
今日も幼稚園いってらっしゃい。

一生息子の応援団 父より

» 続きを読む

2018.05.02

川遊び2018春

[岡田イズム生き物記録]

kawa18IMG_0657.jpg

子供が大好きな外遊び

子供が大好きな水遊び

子供が大好きな生き物遊び

全て兼ねている川遊び

遊べや遊べ。

これも人生に大切な勉強だ。

» 続きを読む

2018.02.16

5歳

[岡田イズム記録]

sushiIMG_6050.jpg

次男が5歳になりました。
自分には無い要素を多く兼ね備えた彼は
個性を伸ばし、興味を伸ばし
大切な幼少期を毎日全力で過ごしています。
Boys be ambitious.
少年よ寿司を握れ。

2018.02.14

学年末懇談会

[岡田イズム記録]

gakukonIMG_1082.jpg

ぴっかぴかの小学1年生もあっという間に終了。
来年から2年生。
1年生と2年生ってのは全く違う人生の期間だ。
どこのママたちもこの1年間の子供たちの成長については
褒めている方が多かった。
出来ないことが出来るようになること。
それが子供の頃の大きなテーマだとすると

やりたいことをやってみるのが
大人の楽しいテーマだろう。

ずっと変わらない。
自分の生き方の基本理念
『やりたいことは、やってみる。』


2018.02.07

あんこ作り

[乾物岡田イズム食遊び]

anIMG_1076.jpg

ドラえもんの映画観たあとは、どらやき作ろう。
その前にあんこ作っておかなくちゃだな。
あ、小豆(あずき)無いな。
大正金時豆の乾燥ならあるぞ。
一晩お豆を水戻ししなきゃだな。

事前にやっておいてよかったこと思うのは
想定内の計算通りなことばかり。

料理の工程で大切な逆算は、
人生においてもとても大切な計算方法。

サッと逆算できる大人になーれ。

» 続きを読む

2018.01.18

ブリを捌く様子を見ます。

[岡田イズム海の生き物記録食遊び]

burisaIMG_0779.jpg

次男の幼稚園は食育が盛んでとても興味深いです。

そういえば
自分が初めて魚を捌くシーンを見たのはいつなのだろうか?
ハッキリ覚えていない。
ただ、
自分が息子たちに魚を捌くシーンを見せることは幼少期の頃からしています。

非日常と思うものも、見慣れてくれば日常に。
日常的に体験していれば習得は早くなります。
習得してからは努力と回数を重ねるのみです。
そして発見があり、進化がある。

子供たちが捌いたブリを食べられる日が親としての楽しみの一つです。

buriIMG_7593.jpg

buriIMG_0720.jpg

2018.01.17

アップルパイ作り

[スイーツ岡田イズム食遊び]

appleIMG_6699.jpg

今回はアップルパイに挑戦です。

食べたことがあるか、ないか。
経験したことがあるか、ないか。
作ったことがあるか、ないか。

どのジャンルにおいても
やったことがあるのとないのとの差は
全く別物です。

経験したからこそ感じる感覚。
経験したからこそ、出る発言。
経験したからこそ、伝えられる言葉。
経験すると比較もできます。
それがひとまず自分の物差しになります。

だから今日は、アップルパイ作りを経験しよう。

一生息子の応援団 父より

» 続きを読む

2018.01.02

書き初め2018

[岡田イズム記録]

IMG_5702.jpg

今年の書き初めは自宅にて。
息子二人が集中して書けた時間はわずか5分。
あとは自由時間。
書くことが好きになればそれでいいです。
5分でも集中できたのならそれで成長。

一生息子の応援団 父より

» 続きを読む

2017.12.14

里芋すりつぶせる?

[岡田イズム食遊び]

satotuIMG_4858.jpg

食や料理というのは、
シーンによっては命にかかわり、
シーンによっては子供の遊びにもなるもの。

お手伝いしてと言えば、ヤダと言うだろう。
一緒にお芋で遊ばない?と言えば、イイヨと言うだろう。

シーンと言い方で
美味しく元気に生きていこう。

» 続きを読む

2017.12.12

毒魚の勉強

[岡田イズム記録]

dokuuoI2MG_3790.jpg

毒のある生き物や
危険生物に興味を持ち知っておくことは
知らないよりも絶対いい。

あの子があの危ない毒のあるタコに触ろうとしている!
この魚の背びれには毒があるよ!
このヘビはこっちから攻撃しなければ何もしてこないよ。
などなど。

自分の身を守れるだけでなく
人様のためになる知識。
そういう知識を持って、世界中で楽しく生きていこう。

2017.12.08

Emeatという、特別な牛さんの握り寿司

[うつわお肉寿司岡田イズム調味料]

IMG_5193.jpg

レモンを彷彿させるさっぱりとしたイメージの器に包まれて
焼き目を隠した裏握りの上には
こだわり抜いて作った、自家製の焼肉のタレ。
この、たかが一カンに携わっている関係者は
10名を軽く超える。
これが食材魂

器:田子美紀さん

» 続きを読む

2017.11.12

色々なアイデアはいつ思い浮かぶんですか?

[うつわ岡田イズム]

IMG_186zenz0.jpg

よく質問されるシリーズ
【色々なアイデアはいつ思い浮かぶんですか?】

これは人それぞれだと思うので、
参考になるのかどうなのか。^^;

僕は圧倒的にお風呂場!!!
その次は洗い物してる時、
その次は歩いている時。

お寿司屋さんで修行中に
ボンボンアイデアが浮かんだのは
玉子焼きを焼いている時。

いずれもメモすることが出来ないような状況の時ばかり。

以上です。

みなさまはどのタイミングでアイデア浮かびますか?

漆器:中野知昭


酢飯屋公式ブログより
http://www.sumeshiya.com/blog/

2017.11.08

すべては寿司のために・All for Sushi

[寿司岡田イズム]

sanmaIMG_7021.jpg

色々な物事に興味があるものの
やっぱり一番興味があるのが寿司文化。
『寿司文化研究家』みたいな肩書きの元気のいいおっさんな一面も
将来考えられる。
それらの寿司文化について、全て英訳していくので
寿司だけに注力しても時間が足りないのか!?
自分の人生はすべて寿司のために成り立っており、
・寿司の歴史
・現在の寿司
・これからの寿司
それらの文化をまとめ伝えることに使命を感じます。
今の時代に提案すべきお寿司とは?
保存 → 甘いご馳走 → 鮮度が良く美味しい → 熟成と進化してきて
これからは栄養バランスと環境を配慮した美味しいお寿司の時代が始まり、
その後パンクなお寿司の時代が来るだろう。
その後、ストリートな寿司の時代が到来し、
また原点回帰していくだろう。
過去と未来に挟まれた現在のお寿司の立ち位置は
進化と退化のちょうど間。
これからの寿司文化も目が離せないぞ!!
2039年 11月 岡田大介(60才)

2017.11.01

大介、お前は東京に行った方がいい。

[寿司岡田イズム記録]

IMG_3kato815.jpg

『大介、お前は東京に行った方がいい。』
その一言が、
僕の運命を変えた。
その言葉を下さった先輩が
先日、若くして他界されました。
寿司職人 加藤則夫さん (享年55歳) 。
コハダの仕込みは
サイズ別で、数秒レベルで塩と酢の締め時間を変えることはもとより、コハダに少しでも熱が伝わらないようにと信じられないほどの速さの切りつけ、お寿司になった時の想定、握りたてへのこだわり。
『大介、なかなか100点が 出ねぇんだよ。ほら、これ食べてみろよ。』
器に盛らずに、寿司を握ったあの手の形のまま
僕の手のひらに差し出されたコハダの握りの美味しさは当時18歳の自分のには衝撃的な美味しさでした。
このコハダの握りで
一体何点なのだろう。。
『塩梅(あんばい)』の真髄を
とことん追求されている寿司職人さんでした。
亡くなられる数日前、
僕はお見舞いに病室におりました。
泣きながらでも、
加藤さんに話したいと思っていたことを伝えた時、
怖くて、優しくて、怖くて優しかったあの加藤さんが
涙していました。
これまでの人生で感じたことの無い初めての感情。
母親が亡くなったあの時とは全く別の感情。
到底ボクには言葉に出来ないような感情。
ここ最近、行くところ行くところで
いつも登場する言葉『塩梅(あんばい)』。
加藤さんからの特別なメッセージは
『塩梅』だったのだなと。
しっかりと心に宿しておきますね。
会いたい人には会っておく。
いや、
会いたい人がいるなら、
今、日時を決めて会いに行く。
そこに後悔の無い生き方をしていきましょう。
今夜は、
加藤さんのことが大好きな関係者OBが大集結。
僕が修行していた20年前の
あの寿司屋の空気が蘇り、
さらにその先の寿司職人の大先輩方の凄味を勉強させていただきました。
人生で出会える人の人数なんて限られています。
その中でも、また会いたいと思う人の人数は
さらに限られてきます。
いつ何が起こるかわからないこの時代。
頭の中に浮かぶ、また会いたいあの人に、
会う約束をするべきだと思うのです。
加藤さん、ありがとうございます。

2017.10.01

メニュー開発のポイント

[レシピ・recipe岡田イズム料理海の生き物]

CIMG8nodo438.jpg
ノドグロって知ってますか??
ノドグロって好きですか?
今ノドグロがそこにあるとしたら、
どうやって食べたいですか?

CIMG84nodo32.jpg

お刺身、塩焼き、西京焼き、酒蒸し、天ぷら、すき焼き、唐揚げ。
ただ、
贅沢な話、それらの食べ方をいつも良くしていたとして、
美味しいんだけれどその食べ方では面白みを感じない。
そこがメニュー開発のポイントです。

ノドグロの酢じめです。
高級魚をわざわざいじる。

しかも昔ながらの仕事をするだけでいい。

今までに知っている調理法で
ただその種類や角度を変えるだけで
今の時代なら
まだまだ無限に新しいものは生み出せる。

ただ、もう少し時代が経つと、
新しいものを生み出すのはとても難しくなるでしょう。
でも、そんなに新しいものを生み出さなくてもいいんです。
原点に戻っていけばいいんです。
きっと。

CIMGnodo8434.jpg

IMG_01nodo52.jpg

2017.09.29

自分が未完成だと思っていても

[寿司岡田イズム]

自分が未完成だと思っていても
人によっては、それが完成だったりする事実を受け入れた寿司。
またはその逆のお寿司。

IMG_3mikansei527.jpg

2017.09.17

健康第一

[岡田イズム釣り・Fishing]

527418613.686479.jpg

どんなものも、こだわることや、
メンテナンスって大切ですよね。
でも一番身近なものを忘れてはいけないですよ。
・パソコンは壊れたら修理か、買い換えられます。
・車が廃車になったら、新しく買い換えられます。
・家も建て替えられます。
・はい、では自分の体は? 
これ一つしかないないです。
自分の体に一番こだわり、
体が喜びそうなものを食し、
マメなメンテナンスをしていきましょう。
僕に何か出来そうなことがあれば協力いたします。

健康第一。

2017.09.09

映画「おクジラさま」ふたつの正義の物語

[岡田イズム海の生き物記録]

IMG_32kujira79.jpg

世界中の人々が見るべきクジラの映画公開されました。
争いが無くなるといいな。
僕の感想は以下です。

» 続きを読む

2017.08.30

ナポリタン

[うつわ岡田イズム料理陶芸家]

muanIMG_2924.jpg

洋食。
というカテゴリーに入るナポリタン。
その歴史を調べ始めると
食勉強にキリがなくなるので、
お寿司関係以外はなるべく深入りしないようにしないと。。。

ただ、
それを食べる時の話題は
その食べ物の歴史を知りながら食べると面白く美味しいもの。

今日のお昼ごはんも、ただ食べるのではなく
これがいつどのようにして生まれて、今までどう進化してきたのかを
是非とも気にして、調べて食べてみてください。
あぁ、インターネットな世の中よ。

» 続きを読む

2017.08.02

息子と一緒に釣りに行くこと

[岡田イズム釣り・Fishing食遊び]

hamaduIMG_2630.jpg

真っ暗なうちに出かけて、朝日とともに竿をふる。
波の音と鳥の声以外聞こえない時間。
息子と一緒に釣りをする。
男親としての夢が1つ叶った瞬間でもあり、
まだ先の未来にもしたいこと。
自分が親父にしてもらって嬉しかったことに
さらに輪をかけて楽しませてやりたい。
自分がやりたいことだけでも沢山あるのに、
子供と一緒にやりたいことがどんどん増えてくると
どうにもこうにもいかなくなりそうだが
それでいいのだと思う。

» 続きを読む

2017.08.01

チキンカレー・Chicken curry

[うつわ岡田イズム料理]

chikikaIMG_2193.jpg

クミン焦がし気味で、香ばしい系チキンカレーを
1から作ってみました。
ちなみにギーも自家製で。
ガラムマサラ、ターメリック、コリアンダー、ベイリーフ。
お寿司に組み込むと、いきなり邪道と呼ばれがちな
スパイスやハーブは、極少量加えることで
まさに隠し味として幅広い可能性を持っています。
これからもし、
スパイスやハーブが組み込まれているお寿司に出会っても、
邪道と言わず、
これからの長いお寿司の歴史の一部だと思って
広い心で食してみてくださいね。

» 続きを読む

2017.07.07

シュノーケル練習

[岡田イズム記録道具]

shutoIMG_2337.jpg

スイミングスクールとは別の感覚を同時に覚えてほしくて、
ここのところずっとお風呂で練習しているシュノーケル。
仕組みを体感し、習得し、いざ大自然へ。

» 続きを読む

2017.07.04

時間の見える化

[岡田イズム]

IMG_17neru33.jpg

小さな子供達に
時間の感覚は一切無い。

21時だから寝る時間だよと言っても ???

7時45分だから学校行く時間だよ。 ???

いつまでもお風呂で遊んでるとあっという間に寝る時間くるよ。 ???

帰宅してから寝るまでの間に
遊び以外でやらなければならない、子供達的 TO DOリストは合計8つ。
・うがい、手洗い
・箸と水筒を洗い場に出す
・ポケットの中のハンカチとティッシュを出す。←忘れたら地獄の鉄拳落ちる
・学童で終わらせてきた宿題の残り少しをやる
・お風呂に入る
・着替える
・夜ご飯を食べる
・歯磨きをする

大人なら簡単なこの8つが、なかなかできない。。

帰宅してから寝るまでの制限時間は3時間。

TO DOをサササーーーっと終わらせれば、遊びタイムだけが残るのですが、
彼らには時間が見えない。

たっぷりとあるようで、あまりない残りの人生時間。

早めにオレ流のタイムマネジメントを教えて
時間を見える化してあげるしかないな。

2017.07.02

知らない方にもっと話しかけよう

[岡田イズム]

無闇矢鱈とそうするわけではなくて、
ちょっとしたことでも笑顔で話しかける心の余裕を持つこと。
ただ、ただ、知らない方の笑顔が見たくて。

人の笑顔が嫌いなという人は、まずいないでしょう。
だから
まずは自分が笑顔で接する。
相手が笑顔になるであろうと想定して、笑顔で接する。

階段で重そうに荷物を持っている方がいたら、
オッサンでも、美女でも率先して持ちにいく。
フレーズはたったこれだけ。
『持ちましょうか?』
これだけで1笑顔GETですよ。

先日は、羽田空港でたまたま隣りで自分と同じ種類のカレーを食べていたおじさん。
面倒だったのか、知らなかったのか、セルフサービスの水を無しで食事をされていたので、
自分のと一緒におじさん分も勝手に水を入れて差し上げました。
フレーズはたったこれだけ。
『よかったら、お水どうぞ。』
スーパースマイル1GETですよ!!

本当にちょこっとしたことで
知らない方の笑顔が見れる。
笑顔が見れると自分も笑顔になる。
その後の自分の気持ちを想像するのは容易いですよね。
その後の、相手の方の気持ちはきっと少しでも良いものになったかもな
って考えると楽しくて。

でもまずはやっぱり、身近な人を笑顔に。

IMG_1funa003.jpg
写真は鮒寿司のフナの頭に吸い付いているところです。

2017.07.01

習うより慣れろより

[岡田イズム食遊び]

katukezuIMG_2067.jpg

これからの時代の子供達は
『習うより慣れろ』を超えてくる宝物。
言うなれば、
『習ってさらに慣れる』ができる時代。
これ本気でやればだけど、きっと突き抜けられるよ。
だからとりあえず
今日もかつおぶし削ってくれよー。

» 続きを読む

2017.06.19

どんぐり村 

[岡田イズム記録]

dongIMG_1876.jpg

好きなように走り回って、
好きな遊びをして、動物に触れて
アイス作りしたり、寝っ転がったり。
大人も月に何度か強引にでもそんなことしたほうが
良いと思わされる場所。
もう、子供には戻れないからしっかり考える。

佐賀県佐賀市三瀬村杠2234−67
三瀬ルベール牧場 どんぐり村

» 続きを読む

2017.06.10

荒江櫛田神社(あらえくしだじんじゃ)

[岡田イズム神社福岡県]

jinIMG_0966.jpg

【今日はどんな楽しいことをしようかな?】
その日1日を
毎日そう思える感覚が
自然に身につく子供になりますように。

未来のことを見据えながら
今日を全力で楽しく生きよう。

» 続きを読む

2017.06.08

ピアニカパイプストロー・pianica pipe straw

[岡田イズム食遊び]

piapIMG_1685.jpg

えっとー、何してるのかなー???^^;
Well, what are you doing?^^;

» 続きを読む

2017.06.06

株式会社酢飯屋 7年目

[岡田イズム記録]

本日6月6日
株式会社 酢飯屋 7年目突入しました。
酢飯屋として独立してから14年目、
寿司職人を志してからは20年目です。

寿司のいろはもわからないでこの世界に飛び込んだ18歳の少年は
あれからずっと走り続けています。
そもそも休む気がないとかあるとかではなく、
生活が酢飯屋なんです。
基本理念「やりたいことは、やってみる」。
で、やってみるとだいたいハマるんです。
ハマると伝えたくなるんです。
すべては未来のお寿司のために。

しかし、
やりたいことを絞り込むことがまだできない。
好奇心旺盛なのは良いことだとは思うけれど
修行が足りない38歳。

そろそろ絞り込まないと。
自分は何だけをやるべきなのか。
自分が本当にやりたいことだけに時間を注いでいかないと
夢は夢のままで人生が終わってしまう。

僕が将来やりたい寿司屋さんは、一対一の寿司屋さんです。
未来をどうぞお楽しみに。

岡田大介

50980ECF-1E3B-4E1A-9D4E-7EBD8A19E358.jpg
14年前も7年前も今も見た感じはあまり変わってないいないように見えますが、
中身は全然変わっています。もちろん、進化の道です。

2017.06.06

ペアリングとマリアージュ・pairing and mariage

[岡田イズム記録]

IMkatuG_2129.jpg

料理 × 飲み物 = 想像を超えた味が新たに誕生、美味しくて幸せ。
食材 × 調味料 = 想像を超えた味が新たに誕生、ビックリして幸せ。
食材 × 食材  = 悔しいけど想像を超えた味に変化、新感覚誕生、悔しいけど幸せ。

もうこれは、結婚でしょ。
ってくらいの相性。
そして新たな命が生まれる感じ。がマリアージュ。


カツオのたたき × にんにく醤油 × 日本酒
とりの唐揚げ × 柑橘果汁 × ビール
生ハム × メロン × せんべい

何かを生み出しはしないけれど、相性いいよね!がペアリング。

お世話になっている生産者の方々には
どうにかしてマリージュをみつけてを伝えたいと思ってしまう料理人は僕だけではないはずだ。

この食材の結婚相手は
必ずどこかに絶妙な温度で存在している。

そんな僕は今、
酢飯屋でいつかご提案したい【美味しくて泣けるカッパ巻き】を目指して
カッパ巻きに一番相性の良いキュウリを探しております。
情報求むです!!!
みずみずしければ良いのか?青臭いのがいいのか?、味が濃ければ良いのか?
冬にカッパ巻きは無しだろう。
キュウリが旬の時にだけ、お出し出来るカッパ巻きにぴったりのキュウリに
今年は会えるだろうか。

2017.06.06

性格・Personality

[岡田イズム]

DSCs_0864.jpg

岡田さんって
どんな性格なんですか?

誰にも内緒で運転免許をとるタイプ。
そしてある日突然、車で登場する。
そういう性格。

自分の性格がイマイチわからないけど
あの時の友人たちの驚いた顔はいつまでも忘れない。

2017.06.06

かみさま・カミサマ・神様・God

[岡田イズム神社]

IMG_16jin18.jpg

自分にとって神様みたいな方が必ず人生のどこかで現れる
その神様みたいな方にも、神様みたいな方が現れる

お店を営業していると必ずお越し下さる神様がいる。
前触れなどは一切なし。

八丁堀時代の酢飯屋にいらした様々なジャンルの神様方は
僕に寿司屋で生きていけ!という腹をくくらせてくださった。

浅草橋時代の酢飯屋にいらした神様は
個人でやれることの限界を教えてくださった。

江戸川橋の旧店舗にいらした神様は
温故知新が基本の創造力を鍛えてくださった。

そして
江戸川橋の新店舗。 ←今ココ
神様がいらっしゃるのはいつも秋。

自分が信じた道を真面目に地道に進むだけ。
あとで振り返ると
あの人が神様だったんだとあっさり気がつくのだけど
すぐにわからないのがまた面白い。

子供達も神社巡りは気持ちよいと言ってくれているし
これからも旅や散歩の際には、必ずお参りしたいと思います。

IMG_16jin29.jpg

酢飯屋公式ブログより
http://www.sumeshiya.com/blog/

IMGjin_1611.jpg

2017.06.06

homemakerという大仕事

[岡田イズム記録]

IMGsleep_1598.jpg

家族という最愛であり、SUPERわがままなお客様を
毎日、何から何までおもてなす。
手を抜くか、しっかりやるかは自分のさじ加減次第で決められるものの
次々に現れる無限 TO DO。
どこからどこまでが仕事なのか?
どこからどこまでも仕事なのだ。

商売ではないから、大仕事なのに軽んじられがち。
家事はもっと適当でいいのかもしれない。
ズボラで楽しくのんびり過ごせればいいのかもしれない。
だけど、家事が適当な人って・・・・・。

今日の夕ご飯何作ろう? 明日の朝ごはん何食べよう?
なかなか思い浮かばない時、器を新調すると脳が動き始めていいですよ。
器を購入すべきタイミングの一つかなとも思えるくらい
頭が働きます。

とにかく
世界を動かしている根源にはhomemakerの力が必ず在ることを
毎日感謝しなければならない。

homemaker は尊敬すべき凄い職業だ。

homemakerに幸あれ。

IMGsleep_1732.jpg

IMG_sleep1869.jpg

2017.06.05

唐揚げ命

[うつわ岡田イズム食遊び]

karainoIMG_1583.jpg

学校から帰るとお腹が空いている。
とっても正常な体だと思います。

週末はお弁当があるので、その前夜は高確率で『鳥の唐揚げ』。
毎日唐揚げでも文句言わないんじゃないかと思うくらい、
みんな唐揚げが大好き。
みなさんも唐揚げ好きですか??

ちなみに、それと近しいくらい大好きな餃子。
試しにほぼ毎日餃子を数週間続けたことがあります。
(餃子の商品開発のお仕事で)
この時は流石に、え?また餃子??
と苦笑いしながらもしっかり食べていた記憶があります。


» 続きを読む

2017.06.03

夜なべ名札

[岡田イズム記録]

yonameIMG_0990.jpg

かあさんが夜なべをして名札を付けてくれている。
そのありがたみがわかるように
子供たちの人間力をしっかりと育てていくのが親の役目。

» 続きを読む

2017.05.31

触発(しょくはつ)・inspire

[岡田イズム]

IMGiwate_4443.jpg

【触発(しょくはつ)・inspire】

岡田くんの言葉に触発されて前向きに考えることにしたよ。

岡田くんの行動力に触発されて始めることにしたよ。

岡田くんがどうにかなるっていうから触発されて独立することにしたよ。

踏み出したそのきっかけ。

【触発】という言葉をいただくと

なんとも言い難い心地よさに包まれます。

今日もそんな嬉しいことがありましたのでつい書きました。

生き甲斐をガッと感じる瞬間です。

人の人生に良い影響を与えられるように、

考え、努力し、これからも生きていきます。

2017.05.30

給食のコーンクリームシチュー

[うつわ岡田イズム記録食遊び]

kyumaIMG_1386.jpg

『給食で出たコーンクリームシチューが美味しかった。』

帰宅後、小一の長男がボソッと言った。

殿堂入りレベル?

『うん、殿堂入り。』

うちで言う殿堂入りとは

月一で登場しても大歓迎な、おうちご飯のこと。

具材何が入ってて、どんな風に作るんだろうね?

連絡帳に書いて聞いてみよう。

【先日、給食で出たコーンクリームシチューが大変気に入ったようで、おうちでも再現したいのですが、レシピなど教えていただくことはできますでしょうか?お返事お待ちしております。】

先生からのお返事はこうだった。
給食室に聞いて見ます。しばらくお待ちください。

そして数日後、

» 続きを読む

2017.05.20

岡田 大子(おかだ だいこ)

[岡田イズム記録]

taikoIMG_2001.jpg

『今日も全力で元気にいくわよ。これまで後悔の日なんて、1日たりともないわ。』
I will be doing well with all my strength today.
I don't have a day to regret so far.

2017.05.18

すずめ・スズメ・雀・Sparrow

[岡田イズム記録]

suzuIMG_2010.jpg
スズメの羽も美しい。
Sparrow's wings are also beautiful.

» 続きを読む

2017.05.12

バッティングセンター・Batting center

[岡田イズム記録]

battoIMG_1715.jpg

野球、サッカー、空手、水泳、バスケ。

小学1年生になって、スポーツに興味が出てきたみたいです。
まずは、やりたいものを全部やってみたらいいよ。

時速70kmのボールにバットが当てられるのは、
凄いのか普通なのかわからないけど
多分、俺が小一だったら当てられなかったと思うから凄いと思うよ。
と、事実を認めて褒めて伸ばそうと思う。

一生息子の応援団 父より

» 続きを読む

2017.05.04

同じ皿の寿司を食う Eat the same dish sushi

[寿司岡田イズム]

IMG_1692.jpg

大きなお魚1匹をみんなで分かち合うことで
同じ時代に生きた人生の時間を分かち合える。

By sharing one big fish with everyone,
share the time of the life that lived in the same age.

» 続きを読む

2017.05.04

酢飯屋のうどん

[岡田イズム記録食遊び]

udoyaIMG_1770.jpg

まかないの準備に時間をかけられることは
豊かなことです。

時間をかけて作られたものは、
必ず人を喜ばせることができます。

人が面倒だと思うことを、ただ、やればいいのです。

» 続きを読む

2017.05.01

ふともずく・フトモズク・太海蘊

[寿司岡田イズム海の生き物記録食遊び]

mozuIMG_0694.jpg

福岡県 糸島市

酢飯屋でも
業務用、販売用として扱わせていただいている
製塩所「工房とったん」の『またいちの塩』。
まさしく、あの突端にあるのがそうです。

» 続きを読む

2017.04.13

大濠公園(おおほりこうえん・オオホリコウエン・Ohori Park)

[公園岡田イズム記録]

daikoIMG_0382.jpg


『老後にやりたいことは、今やっていること。』 岡田大介
"What I want to do after retirement is what I am doing now. " Daisuke Okada

この言葉を何度も思い返してしまう空気が流れるのがここ、
It is here that the air that recalls this word many times will flow,

福岡県 福岡市 中央区 『大濠公園(おおほりこうえん)』
Cyuouku Fukuokashi Fukuokaken "Ohori Park (Ohori Koen)"

リッチで、ゆったりとした時間が大きく動くこの感じは
他の公園には中々ありません。
This feeling that rich, relaxed time moves greatly
There is nothing in other parks at all.

老後、
子供や孫と遊びたい、写真を撮りたい。
花や鳥、魚など生き物について詳しく知りたい。
得意の料理でおもてなしたい。
あちらこちらに旅をしたい。
old age,
I want to play with children and grandchildren, I want to take pictures.
I want to know more about living things such as flowers, birds, fish.
I would like to entertain you with good food.
I want to travel to various places.


老後にやるの?
Will you do it in old age?

今でしょ。
Right now.

» 続きを読む

2017.04.03

6歳からの炊飯教育

[岡田イズム記録食遊び]

komeIMG_1392.jpg

お米って何?
お米好き?
お米とご飯の違いわかる?
お米の洗い方わかる?
ご飯炊ける?

日常的に食するものだからこそ、
当たり前に自分で出来るように早くなってほしい。
自立して、早く俺たちを旅に誘って欲しい。
何かで遊ぶなら、食遊びしようぜ。
食べたいものは自分で作ろうぜ。
人間に作れない料理なんてないんだ。

» 続きを読む

2017.04.02

とうばんじゃん・トウバンジャン・豆板醤

[うつわ岡田イズム調味料陶芸家]

touIMG_0932.jpg

『なぜ、お寿司屋さんなのに豆板醤を仕込むのですか?』

では、
豆板醤を作っていないお寿司屋さんと
豆板醤を作っているお寿司屋さん
あなたならどちらに行きたいですか?
僕の考えは後者だからです。

» 続きを読む

2017.02.21

なのはな・ナノハナ・菜の花

[岡田イズム]

nanoIMG_0294.jpg

ついつい、何枚もシャッターを押してしまいたくなる。

というか押してしまう。

花そのものを凝視して、香りを嗅いで、環境を感じて

それをどうして記録したくなるのか?

一枚だけバシッっと撮って、何枚も撮らない

スマートなカメラマンのような気持ちになるまで

まだまだ時間がかかりそうだ。

そういえば、なのはな体操が懐かしいな。

» 続きを読む

2017.02.16

食べ物という生き物とのご縁

[岡田イズム]

人との出会いをご縁といいますが、
今日、口にしたその食べ物とも、一つの命のご縁。
普段よく口にする食べ物は、自分と相性の良い、ご縁のある食材なのでしょう。
お米とご縁の深い日本人の僕たちは、今日もまたお米と出会います。
日頃サラダを多く食べる人は、きっと野菜とのご縁があるのでしょう。
日頃ラーメンをたくさん食べる方は、ラーメンの中に含まれる何かの素材に
引っ張られているのでしょう。
日々口にするものが、自分とのご縁であり、人生のヒントなのだと考えています。
ご縁のある食べ物を程よく食べれば、それで十分なのだと思います。


yakiIMG_0155.jpg
写真は、とある日の岡田家の朝食風景です。
タイとはご縁が深い証。

2017.02.15

リアルマネーゲーム

[岡田イズム記録]

realIMG_0107.jpg

お料理ごっこするなら、実際にお料理しちゃおうよ。

お買い物ごっこするなら、本物のお金で学んじゃおうよ。

おもちゃのお金は触らせてもらえても、
本物のお金は中々触らせてもらえないのが子供。

お金が綺麗ではないことを最初にしっかりとアナウンスして、
最後には、超しっかり手を洗うことを何度も伝えてからスタート。

目を輝かせて、嬉しそうに遊ぶこともたち。

本物が全ての答え。

そして、子供は本物が好き。

本物以外興味の無い生き方を。

» 続きを読む

2017.02.14

穴を埋める

[岡田イズム記録]

IMG_0071.jpg

男の子だからそうなのか?
人より転ぶ回数が多いのか?
靴が悪いのか?
俺もそんなに穴開けてたっけかな?

頻繁にズボンの穴を埋めてくださる妻。

でも穴を開けてこない男の子より、
穴を開けて帰ってくる男の子の方がいいな。

そういえば、俺は、ここ何年も転んで無いな。。
もっと転ばないとな。

2017.02.14

めろん・メロン・melon

[岡田イズム青果食遊び]

【喜界島メロン】
IMG_0139.jpg

» 続きを読む

2017.02.07

頭寒足熱(ずかんそくねつ)

[岡田イズム]

小さい頃から母親に言われて
心がけて生きてきたこの言葉には
二つの意味があるのだと先日気がつきました。

一つは健康系。
健康のためにも、足は温めて、頭は熱くしないように。と
裸足でローファーのおしゃれ人にはずっと縁がなく生きてきました。
(ちなみに何回かやってみましたが、自分には合わない。)

頭が熱くならないように、冷たくなり過ぎないように
自分のチャームポイントでもある
大きく広がった耳をうまく利用して
耳あてしたり、帽子を脱いだり
涼しい風をわざと当てたり、体温調整をして
これまで健康に生きてきました。
これは、今もしています。

そしてもう一つの意味は、
生き方系。
頭は冷静沈着に、フットワークはホッカホカに という解釈。
どんな場面でも頭がカッカしていては、それは本来の自分とは別の自分。
良い判断、言動ができることは少ないでしょう。

フットワークの軽い方は
楽しく生きている方が多く見受けられます。
行動派なのに、人生つまらないなーという方はそうそういないはずです。

頭は冷静に、だけれど足は動きまくっている。

これもまた一つの解釈として
母からの遺言『頭寒足熱』を忘れずに生きていきたいと思います。

頭寒足熱のススメ。

zukanIMG_6317.jpg

2017.02.05

中一の時の家庭科のノート

[岡田イズム記録]

noteIMG_9656.jpg

気になっていること、
やりたいことは、
子供の頃から今も変わっていない。
だからきっとこれからもたぶん変わらない。
しかし、当時の字がひどい。。。。

» 続きを読む

2017.01.23

しゅん・シュン・旬

[岡田イズム]

gyozaIMG_9693.jpeg

餃子はキャベツ派? 白菜派?
この質問をされるといつも違和感を感じる。
味と食感の圧倒的こだわりがある方は別として、
キャベツが美味しい時期と地域、
白菜が美味しい時期と地域。
それに当てはまらない時期には
キャベツでも白菜でもなくていいのではないか?
厳しいルールがそんなにはない餃子界で
キャベツか白菜に決めつける必要性はあるのか?
その時に旬なものを具材に入れて
いつものお気に入り餃子に近くなるように
旬の野菜で代用するような
自然の流れにまかせた献立作りを心がけてはどうなのか?
旬の時期に収穫して保存できるもの、保存食、乾物、
なれ寿司などは別として、
食材には、ほとんど旬があるわけで
旬のもの以外をお寿司にすることに、全く気持ちは入らない。
料理の色のバランスを考えてどうしても入れてたくなる
緑や、赤や黄色などの差し色。
わざわざ、冬にカッパ巻きを食べなくても良いような世の中になることを
祈りつつ。
酢飯屋で取り扱わせていただいている食材もあと5%ほどで
ひとまずの旬素材のゴールというところまできています。
季節のお寿司を作るように、
餃子の具材にも季節感を取り入れてみようと思った
平日休みの午後 東京宅にて。

2016.12.22

几帳面にハミ出そう。

[岡田イズム記録]

chitoIMG_8356.jpg
3歳 岡田千歳の本気の集中力。
塗り絵の延長が塗装ならば
じいじの血をしっかりと引き継いでいる。
ハミ出さないで塗る几帳面さは、
俺とも通ずる。
でも、料理の盛り付けと、人生は、ハミ出しまくれ〜!!!!!

» 続きを読む

2016.09.23

長崎県 壱岐市(いきし)

[お米お肉スイーツレシピ・recipe公園動物寿司岡田イズム料理日本酒昆虫植物海の生き物海藻淡水魚生き物神社蔵訪問記録調味料道具釣り・Fishing青果食遊び]

10552586_741540459240783_2154998579677260425_n.jpg

長崎県 壱岐市

第二の故郷にあたるこの地には、毎年来ています。
麦焼酎発祥の地で
『壱岐の華 -いきのはな-』という蔵元が
妻のお母様のご実家にあたります。
もちろん、酢飯屋にも壱岐の華はご用意してあります。

福岡からジェット船で1時間ほどで着く長崎の島の一つ壱岐。

このブログには、
これまでの壱岐時間をジャンル問わず綴っておこうと思います。

写真は2014年
漁師さんと漁でGETした魚を
海の中で捌きたくて、潮が満ち始める最中に
全て下処理を終わらせたワイルドだろ〜? な一枚。

» 続きを読む

2016.07.19

ケーキカット

[岡田イズム食遊び]

IMG_4766.jpg

料理人ってのはな、
ジャンル関係なく、
いつ、どこにいっても包丁仕事をお願いされるから、
ケーキも上手に切れるように練習しといたらいいよ。
あ、
料理人になればって言ってるわけじゃない。
でも
人を幸せにすることができる、素晴らしい職業だということは言っておく。

» 続きを読む

2016.07.08

掃除(そうじ)

[岡田イズム]

IMG_5012.jpg

掃除が好きか、嫌いかと言われれば
好きな方である。

掃除をしたものだけが見える世界。

掃除をした後の、あの気持ち。

掃除をしたあとに起こる出来事は、大概にして良いことばかり。

ちょこちょこ掃除すれば、ちょこちょこした幸せが重なって、

きっと大きな幸せが訪れるだろう。

» 続きを読む

2016.06.27

パワースポット寿司屋

[岡田イズム記録]

tenuIMG_8485.jpg

当たり前のことだけれど、気付いたことがある。

【美味しくて、楽しいお食事の時間】があって、
その後の帰り道の会話が楽しいと、
ほとんどの人が心満たされることを。

その【美味しくて、楽しいお食事の時間】を司るのが僕たち飲食業。

『酢飯屋で接待をすると商談が成立するから、今回もまた酢飯屋を予約します。』

ガッチガチの商談だって、なんのその。
まるで全身マッサージをされているように緊張感を解きほぐす空間。

『酢飯屋で出会った人が一生モノの親友になりました。』

『酢飯屋で出会って、結婚することになりました。』

そんな嬉しいお言葉が積み重なって、
このパワースポットが出来上がってきています。

土地の力も風水も関係しているのかもしれない。
しかし、僕たちは、
どんな立地で、どんな状況でも
そこをパワースポット化させる自信がある。

信念とセンスを掛け合わせて、
この柔軟に動き回る、酢飯屋というパワースポット寿司屋を
これからも地道に育てていこうと思います。

2016.06.23

いせえび・イセエビ・伊勢海老・Panulirus japonicus

[寿司岡田イズム料理海の生き物食遊び]

iseIMG_4174.jpg

女性が美しい宝石を身に付けたくなるのと同じように、
僕は美しい魚介類を身に付けたくなるのです。

バカなことは、若いうちにやっておこうシリーズは
このページの中ほどにてご覧いただけます。

» 続きを読む

2016.04.24

食材魂(しょくざいだましい)

[岡田イズム]

20160425073408.jpg
撮影:reiko masutani

D『今朝、朝ごはんは何を食べましたか?』

I『ぶどうパンとベーコンエッグとヨーグルトです。』

D『ぶどうパンとベーコンエッグとヨーグルトに使われている素材は何ですか?』

I『干しぶどうと小麦粉とベーコンと卵と油と牛乳?』

D『ざっくり、そうですね。では、それぞれの産地はわかりますか?』

I『スーパーで買ってきたのですが、産地までは把握していません。』

D『ということは、どれも、誰が作ったかわからないということになりますね?』

I『はい。』

この会話から見えてくるもの。

» 続きを読む

2015.08.18

厨房に男5人

[岡田イズム]

IMG_4395.jpg

男が料理する。

男の料理。

時にはワイルドに、時には集中的に、

時には優しく繊細に、時にはこだわり抜く。

道具が大好き。

厨房に男たちが集まって、ナニカニしているのを
遠目に見ると
なぜかニヤけてきてしまうはず。

そこから美味しい何かが飛び出してくることを想像すると
さらにニヤけてしまう。

そんな最高の渦の中に
何も考えずに入ってみると、ただの男厨房。
しかし、ちょっと目線と気持ちを変えて
クリエイティブモードに変換すると
そこに待っているものは、この中に入ったものだけにわかる
最高の遊び場。

ほとんどの人が毎日欠かさない【食】。
食を仕事にして、
食を遊びにして、
食で人を幸せに出来たら。
こんな楽しいことはない。

【食】は総合芸術。

また今日も食を楽しんでいきましょう。

あ、
左の奥の暗影の一人を合わせて 厨房に男5人。


2015.08.15

寿司とは?

[岡田イズム]

sushiyaImage.jpg

自分にとっての寿司とは、
夢を実現させるための可能性の複合体と思っている。
寿司を通じて色々な夢を実現出来る。

そんなお寿司を家族で食べる時間。
【家族寿司】の時間もまた何にも変えられない時間だったりする。

お寿司屋に行こう!

» 続きを読む

2015.08.14

壱岐 子供 陸釣り

[寿司岡田イズム料理海の生き物釣り・Fishing食遊び]

iki2016IMG_7390.jpg
壱岐島爆釣 最前線

子供達の休みの日に、彼らの希望にどこまでも応えることが
自分のやりかた。
ということで、釣りです。
準備はバッチリ完了。
あとは釣果がどうなるか。。。

» 続きを読む

2015.07.01

太巻き泣き

[岡田イズム記録]

IMG_3878.jpg

食べたいから泣く。

大人には、なかなか出来ない。

2015.05.28

初物を食べると寿命が延びる

[岡田イズム]

satuoIMG_3760.jpg

日本人は古来より、
初物を食べると寿命が延びる、福を呼ぶと縁起物とされてきました。

初物は通常、季節の走りに出てくる食材をさしますが、

ここでは、
『人生で初めて食べるもの』を『初物』とするとしましょう。


酢飯屋のとある一夜、

いつものようにお寿司のコースをお出ししていると

『こんな魚、食べたことないねー、見たこともない。』と50代の女性

『お客様にとって、初物ですか?』岡田

『人生で初めてのものを口にした時、1歳寿命が延びると言われていますよ。勿論迷信とわかりつつもユーモアがありますよね!』岡田

『今日だけで、5つ初物があったから、5歳も寿命延びちゃったわ。嬉しいありがとう。』50代の女性

『私にとっては、今日は8つも初物があったわ。』90歳の女性

『この歳になってくると、寿命を延ばすよりも、1歳ずつ若返れたら嬉しいのに。』90歳の女性

【寿命が延びること】と【若返ること】
 今のあなたはどちらを選びますか?

両方を選びたいあなたには、
酢飯屋をオススメいたします。

初物だらけの酢飯屋ワールド。
日々の進化が問われる、これからの寿司社会。

最先端で原点回帰を図ります。

2000.01.01

岡田イズムとは

[岡田イズム]

岡田イズムとは

寿司に生涯を捧げた岡田大介が
妻、息子たち、弟子たち、親戚家族、
そして自分と関わり、親しくしてくださった大切な皆様方へ
少しでも、何か幸せに生きるヒントになればというメッセージとして
日々感じたしょうもない些細なことから、
人生の転機となる大切な言葉まで、
18歳からの寿司修行時代からこれまでの期間を
ジャンル問わず幅広く記された記録です。

死んでからでは伝えられない部分もあるので
生きているうちに記しておきます。

酢飯屋  岡田大介 

J240x360-08468.jpg