ブログ / 神社一覧

2018.09.27

太宰府天満宮 (だざいふてんまんぐう)

[神社]

dazaiIMG_3386.jpg

天神さま(菅原道真公)をお祀りする
全国約12,000社の総本宮と称えられていて
「学問・至誠しせい・厄除けの神様」として、ご崇敬を集めています。

» 続きを読む

2018.09.16

祐徳稲荷神社(ゆうとくいなりじんじゃ)

[神社]

inajinIMG_7717.jpg

» 続きを読む

2018.09.05

寿司職人目線で『築地市場』閉場前の様子をレポートしてみました。

[お米お肉乾物季節のおうち寿司寿司海の生き物海藻神社記録調味料青果]

tukireIMG_9997.jpg

2018年10月6日(土)『築地市場』閉場。

僕が初めて築地市場に行ったのは20歳の時。
寿司修行中だった自分は漫画とテレビでしか見たことのない
聖地にワクワクしながら向かったのを覚えています。
知らないものだらけ、
知らないことだらけ、
勉強不足なのではなくて、経験不足を痛感することが度々ありました。
24歳で独立してからは築地駅の隣り駅、
八丁堀、新富町に住んで毎日のように市場に顔を出していました。
魚を買う日も買わない日も。
市場で魚を見ながら、市場の人とお話しをするのが
その時の自分にとっては最高の学び場だったからです。
さらに奥深くまで学びたい!
そう考えるようになってからは
生産地を見に、生産者さんにお話を聞きにいくことが
自分のライフワークとなっていきました。
その考え方は今も変わらず、
時間をみつけては気になる食材の生産現場に行き続けています。
生産現場に行くと
料理人は何から何までインプットして帰ってきます。
それをずっと続けていると頭でっかちの自己満足な人になっていきます。
当時の自分がそうでした。
店舗でもアウトプットすること、WEBでもアウトプットすることで
メニュー化したり、ブログを書いたり。
自分がインプットしてきた経験は、出来る限りアウトプットする習慣をつけていくと、今度は次のステージのインプットがやってきます。
出したらどんどん入ってきて、出さなければムズムズした日々が続きます。

築地に話を戻します。
現在の酢飯屋は年間で数回ほどしか築地市場で仕入れをすることはありません。
日本各地で気になる食材、特にお店で使用するものから中心に15年ほど各地を巡っていたら、使用するすべての食材を直送していただける仕組みが出来上がってしまったからです。
流通の発達も伴い、自分が日本のどこにいても
あの人からあの食材を仕入れることが出来るようになったのです。
(ただし、すべてに送料がかかります。)
これが正しいかどうかは人それぞれ考えがあると思いますが
それが出来るのかやってみたかったんです。
すべての産直をやればやるほど、市場の凄さを再認識させられます。
一箇所にこれだけのものが揃って、それをまとめて一つの送料で仕入れることが出来る仕組み。なんなら、自分で選んで自分で持って帰って来れる仕組み。
久しぶりに築地を歩くと、
やはりそこには自分のルーツが詰まっていました。
初心忘るるべからずです。

» 続きを読む

2018.08.05

小島神社(こじまじんじゃ)

[神社記録]

10534081_741440329250796_7966234266844649116_n.jpg

長崎県 壱岐市 芦辺町
干潮時のみ現れる神の道。
小島の手間には鳥居があり
裏側に回ると社殿まで登れるようになっています。


» 続きを読む

2018.06.27

かまどじんじゃ・竈門神社

[神社]

kamadoIMG_3362.jpg

今回の神社はこちら。

竈門神社
(福岡県太宰府市内山883)

かまどかまどかまどかまどかまど
と繋げて読むと妻の名前『まどか』が出てくることと
飲食店とかまどの関係そして、良縁と。

主祭神に玉依姫命(たまよりひめのみこと)をお祀りしていることから、
魂(玉)と魂を引き寄せる・引き合わせる(依)という御神徳を慕われ、
古くから「縁結びの神」として広く信仰されてきました。
「縁結び」とは、
男女の「良縁」をはじめ、
家族、友人、仕事、自然などとの良いご縁を結んでいただける神様として広く親しまれています。

また皆様にお会い出来るご縁を楽しみに生きております。

悔いのない人生を。

» 続きを読む

2018.02.12

和布刈神社 (めかりじんじゃ)

[乾物神社]

wakajiIMG_7572.jpg

「和布刈(めかり)」とは「ワカメを刈る」という意味。
毎年旧暦元旦の未明に
三人の神職がそれぞれ松明、手桶、鎌を持って
神社の前の関門海峡に入り、海岸でワカメを刈り採って、
神前に供える「和布刈神事(めかりしんじ)」が行われる。
福岡県の無形文化財。

食にまつわる神様のところには
出来る限りお参りに行きたいと思っています。
神社と乾物の関係。
乾物を口にするときは神様を思うことをオススメいたします。

今回、酢飯屋で結納された友人が
このわかめを分けてくださいました。
いつか必ず参拝に伺いたいと思います。
扇ちゃん、ご結婚おめでとう。

» 続きを読む

2017.07.29

鳥飼八幡宮

[神社福岡県記録]

IMG_5691torikaihachimangu.jpg
2018年 元旦

福岡城の西の総氏神、むすびの神として古来より崇敬されている鳥飼八幡宮。
家内安全・商売繁昌・厄除け・縁むすびに。

1700年ほど前、三韓征伐の帰りに立ち寄った神功皇后を
手厚くもてなしたことがきっかけで創建された神社。
本殿に祀られているのは
神功皇后はじめ、御子である応神天皇、玉依姫尊の三柱の神様。

» 続きを読む

2017.06.23

國片主神社(くにかたぬしじんじゃ)

[神社記録]

DSC_0774.jpg

「願掛け鳥居」という3つの小さい鳥居があり、願をかけてここを通るという習わしがあるのですが、ギリギリくぐれましたわー。
「撫で小僧」という像もあり、自分の調子の悪い所と同じ所を交互に撫でると調子が良くなると言われています。

» 続きを読む

2017.06.19

光雲神社(てるもじんじゃ)

[神社福岡県]

hikarikuIMG_1611.jpg

西公園の中にある神社で、
福岡藩祖・黒田如水(官兵衛)と、初代藩主・長政を祀っています。
明治40年に建立され、
境内には『黒田二十四騎』の一人、母里太兵衛の等身大の銅像や、
長政が愛用した水牛の兜の像があります。
展望台広場からは初日の出を拝むことができます。

お賽銭を納めると鶴さまの鳴き声がします。
この鮮やかに舞う鶴と色使い、
しばらく見上げてしまいます。

» 続きを読む

2017.06.17

紅葉八幡宮(もみじはちまんぐう)

[神社福岡県]

kurehaIMG_1744.jpg

超 IT系神社発見!!

日本初の御朱印帳がある紅葉八幡宮(紅葉八幡宮)に行ってきました。

ブログ記事の一番最後に動画URLを記載しております。

» 続きを読む

2017.06.10

荒江櫛田神社(あらえくしだじんじゃ)

[岡田イズム神社福岡県]

jinIMG_0966.jpg

【今日はどんな楽しいことをしようかな?】
その日1日を
毎日そう思える感覚が
自然に身につく子供になりますように。

未来のことを見据えながら
今日を全力で楽しく生きよう。

» 続きを読む

2017.06.06

かみさま・カミサマ・神様・God

[岡田イズム神社]

IMG_16jin18.jpg

自分にとって神様みたいな方が必ず人生のどこかで現れる
その神様みたいな方にも、神様みたいな方が現れる

お店を営業していると必ずお越し下さる神様がいる。
前触れなどは一切なし。

八丁堀時代の酢飯屋にいらした様々なジャンルの神様方は
僕に寿司屋で生きていけ!という腹をくくらせてくださった。

浅草橋時代の酢飯屋にいらした神様は
個人でやれることの限界を教えてくださった。

江戸川橋の旧店舗にいらした神様は
温故知新が基本の創造力を鍛えてくださった。

そして
江戸川橋の新店舗。 ←今ココ
神様がいらっしゃるのはいつも秋。

自分が信じた道を真面目に地道に進むだけ。
あとで振り返ると
あの人が神様だったんだとあっさり気がつくのだけど
すぐにわからないのがまた面白い。

子供達も神社巡りは気持ちよいと言ってくれているし
これからも旅や散歩の際には、必ずお参りしたいと思います。

IMG_16jin29.jpg

酢飯屋公式ブログより
http://www.sumeshiya.com/blog/

IMGjin_1611.jpg

2017.05.22

福岡縣 護国神社(ふくおかけん ごこくじんじゃ)

[神社]

gojinIMG_1000.jpg

明治元年、福岡藩主の黒田長知公をはじめ、
県内の旧藩主等が明治維新で国難に殉じた人々を顕彰するため、
招魂社を設立し、祭祀をおこなったのが始まり。

明治維新から大東亜戦争に至るまでの
約13万柱のご英霊をお祀(まつ)りしています。

国家の安泰と平和を願って建立。

創建時に県民延べ15万人の勤労奉仕と
3000本の献木で造成された人口の杜で
喧噪とはかけ離れた、静寂の中にも清々しい雰囲気を醸し出しています。

» 続きを読む

2017.04.06

いのり・祈り・prayer

[神社記録]


牛込神楽坂界隈にて。


IMG_10jizo24.jpg
地蔵通り商店街にて

2016.09.23

長崎県 壱岐市(いきし)

[お米お肉スイーツレシピ・recipe公園動物寿司岡田イズム料理日本酒昆虫植物海の生き物海藻淡水魚生き物神社蔵訪問記録調味料道具釣り・Fishing青果食遊び]

10552586_741540459240783_2154998579677260425_n.jpg

長崎県 壱岐市

第二の故郷にあたるこの地には、毎年来ています。
麦焼酎発祥の地で
『壱岐の華 -いきのはな-』という蔵元が
妻のお母様のご実家にあたります。
もちろん、酢飯屋にも壱岐の華はご用意してあります。

福岡からジェット船で1時間ほどで着く長崎の島の一つ壱岐。

このブログには、
これまでの壱岐時間をジャンル問わず綴っておこうと思います。

写真は2014年
漁師さんと漁でGETした魚を
海の中で捌きたくて、潮が満ち始める最中に
全て下処理を終わらせたワイルドだろ〜? な一枚。

» 続きを読む

2015.08.23

あわび・アワビ・鮑・Haliotis

[うつわ乾物寿司料理海の生き物神社食遊び]

IMG_5489.jpg

たっぷりの海藻とともに箱に入って送られてきたアワビは、
流通中もモリモリと海藻を食べて、
コンディション抜群の状態で活きたまま届きます。

» 続きを読む

2015.08.16

椿山神社(つばきやまじんじゃ)

[神社記録]

arijigokuIMG_7367.jpg

〒811-5463
長崎県壱岐市芦辺町箱崎中山触419

2015.01.02

櫻木神社 -さくらぎじんじゃ-(千葉県野田市)

[神社記録]

sakuragijinnjyaIMG_7358.jpg

僕が幼少時期から小中学生頃までの
メインの遊び場だった聖地。
それが千葉県野田市最古の社。
櫻木神社です。
自分の家はこの櫻木神社の旧鳥居と
新しく移った櫻木神社の大鳥居のちょうど中央に位置し、
自分の中では、特別な氏神様と思っております。

» 続きを読む