ブログ / 料理一覧

2018.08.09

島手織り寿司

[季節のおうち寿司寿司料理海藻食遊び]

taiasuIMG_7146.jpg
壱岐の新郷土寿司が誕生していました。
【島手織り寿司】
壱岐でとれた新鮮な魚、新鮮な野菜を使った
見た目も美しいネタは12種類以上。
自分で好きなように巻ものを作る手織り寿司。
巻きすの上に海苔を置き、海苔の上に酢飯を少なめに広げ、
具を乗せてハケで醤油をつけ、巻きすを持って一気に巻いて完成。

» 続きを読む

2018.07.23

勝本の一本釣まぐろ

[うつわ寿司料理海の生き物道具]

shoumaguIMG_4738 2 2.jpg

勝本の一本釣りまぐろ

長崎県 壱岐市 勝本町。
東京 築地市場でもTOPクラスの評価の
あの『勝本の一本釣りまぐろ』は、この地から発。
でも島の人は赤身よりも白身を食べる方が圧倒的に多いです。

写真中盤以降の巨大舟盛りの船は
壱岐で知る人ぞ知る、
船大工のテッちゃんさんに特注して作っていただいた
『壱岐の華 × 酢飯屋』モデルです。
実際に人が乗って、海に出れるほどのクオリティです。

10564813_741051539289675_1767686615_n.jpg

» 続きを読む

2018.07.20

壱岐のじいじとばあば・子供達の記録・釣った魚でごはん作り

[動物岡田イズム料理淡水魚生き物記録釣り・Fishing食遊び]

ikiIMG_2823.jpg
長崎県 壱岐市
東京、豊洲で25年過ごした後、
定年を期にUターンされた、
妻のご両親の秘密の住処『浜の家』。
自家菜園を持ち、目の前が海という理想的な生活スタイル。
収穫したての紫パプリカやオクラ、ビーツ、トマト、
朝どれケンサキイカやアオリイカ。
いつもご馳走さまです!
毎年の壱岐時間に感謝いたします。

10567550_742018109193018_1382557438_n.jpg
2014年7月今年も、島の沢山の方々に
大変お世話になりました。
ありがとうございました。
『神道発祥の地』であり、
『東アジア最古の船着場跡』があり、
『魏志倭人伝』にも登場する【壱岐-いき- 】。
この歴史深い壱岐には、
僕たちの未来のヒントが
沢山あります。
是非、皆様もご来島下さいませ。

ikiIMG_4943.jpg
壱岐に着いたらまずは本家にご挨拶に。
子供達の
木魚を叩く撞木(しゅもく)と鈴(リン)棒を両手に持って
ポン、チン、ポン、チン、ポン、チーン、ポン、チンの
連打でのご挨拶すみません。2015年7月

ikiIMG_7329.jpg
2016年9月
遅めの夏休みで今年も壱岐に。
前入りしていた子供達とジイジとバアバが
博多港からのジェットフォイルの到着の時間に合わせて
僕と妻を迎えに来てくれました。

ikiikiIMG_7330.jpg
3日間離れていただけなのに、
すっかり島の子になっている次男。
それでいいのだ。

ikiikiIMG_7344.jpg
到着後まずは即、子供達から虫捕りイコウヨの洗礼。
いくらでもいくぜ。夏休みなんだから。

hanaIMG_7383.jpg

ikiikiIMG_7333.jpg
昨年は手で持つことも出来なかったバッタを掴み、
トンボもイケるようになっている。
そうやって目に見える成長は、どんどんフォローしたい。

ikiikiIMG_7341.jpg

tonosamabattaIMG_7373.jpg
次男もトノサマバッタ持てるようになりました。
これが、男としての成長です。
頑張ったね。

tonosamabattaIMG_7376.jpg
しかしデカイです。
羽ばたく時の音が小さいヘリコプターばり。

ikiikiIMG_7336.jpg
浜の家でお昼ご飯。

【浜の家とじいじとばあばの凄いところ】
・野菜はほぼ自家菜園(もちろん無農薬)
・麹を作っている
・なのでお味噌も当たり前に手前。
・ジイジが物々交換の神様なので、日々魚を捌いて食べている。
・天然酵母(ぶどう系)を自分で作っている。
・なので、パンは基本的には自分で焼いている。
・ジャムの類は手作りに決まっている。
・イカめしが美味しすぎる。
・自家製トマトジュースはバアバ達が豊洲に住まれている頃から天日干し、湯剥きして煮込んでいる。(ちなみに豊洲にいる頃から江東区に畑を借りて色々栽培している。)
・カスピ海ヨーグルトの粘りが、それの全盛期よりも増している。
・魚の内臓は海に、その他の生ゴミは畑に、燃えるゴミは燃やしている。
・もう一度、イカめしが美味しいすぎる。本当に。もち米の分量の加減と味付けがもう完璧。(もちろん、レシピは無い系)
・お手製のところてんがまた絶妙の美味さヤバス。
・キリが無いほど、楽しい食生活を送っている。

海と田畑がある生活は、これだから羨ましい。
人間らしく生きること。
これ、毎年書いてますね。。。

ikiikiIMG_7355.jpg
やっと寝てくれた。
早朝から晩まで昼寝をすることも忘れて
一日中遊んでいる。
6歳、3歳は、それでいいのではないかな。
そして、明日も
早朝から晩まで遊ぶ。
僕たち夫婦には、自分の時間などほとんどない。
なので
子供たちと一緒にいる時間に自分の人生を光らせれば良い。

makiIMG_7387.jpg
来季用の薪が倉庫だけでなく、海沿いにも
すでに今年もバッチリ用意されていました。
九州ですが、壱岐の冬は寒いです。

ikameshiIMG_7527.jpg
今年の壱岐で、一番美味しかった味が
カオルお母さんの『いかめし』。
いかめしで感動したのは、初めてです。

ikiIMG_5267.jpg
とある日の壱岐の朝。
マグロとイカの朝食。
王道なようで、まだまだ深いこの食材。
掘り下げないとなぁ。
『一生修行の世界ならそれを楽しむ人生に』
これは僕が若い頃に書いていたブログのタイトルです。

ikiDSC_0267.jpg
キンショウメロンとマクワウリ、スイカ。
気がつくと誰かが何かを持って来てくれる。
そんな人間関係を築けるお父様、お母様のお人柄からは
学びが沢山あります。
野菜は自家農園、果物はご近所さまから
魚は漁師さんから。
日本人のあるべき姿が
壱岐には当たり前のようにたくさんあります。

ikiDSC_0270.jpg

ikiIMG_5029.jpg
家の目の前の海がこんなことになってます。
しかも魚種が豊富。
皆様の家の前がこんなだったらどうしますか?
海に入りたくなりますよね?
魚を獲りたくなりますよね?
魚が獲れたら、食べたくなりますよね?
寿司を食べたくなりますよね?
寿司を握りたくなりますよね?
じゃあ、
寿司職人になればいいんじゃないですかね?
酢飯屋は
寿司職人を志す人を応援します。

ikiIMG_5011.jpg
この日は地元のスーパー『マルエー』さんで
『マグロの解体ショー』があるということで
寿司職人の顔を隠し、完全に一般客を装い
コワモテのおじさん達の間に肩を入れて
解体風景の写真撮りまくってやったぜぇ〜。
そして一般客として
解体したてのマグロを購入して帰ったぜぇ〜。
味見したけど美味しかったぜぇ〜。

ikiIMG_5013.jpg

ikiIMG_5015.jpg

ikiIMG_5014.jpg

ikiIMG_5018.jpg

ikiIMG_5024.jpg
こちらが
マグロの解体手順。
是非みなさんも一度は
やってみてね!

ikiIMG_5020.jpg
長男はこのまま魚好きで行くと
凄い目利きの職人になるが
途中、人生色々あるだろうけど
パパは、寿司職人はオススメしちゃう^^!
いや、自分がやりたいことをやればいいよ。

ikiIMG_5019.jpg

ikiIMG_2887.jpg
早朝散歩。
朝日に当たるだけで
パワーがいただける。
太陽さんありがとうございます。
壱岐のお米『にこまる』。

11780443_928825993845561_643440566_n.jpg
この小さなフレームの中に
何種類の植物と昆虫が共生しているのか。
私たち人間も
小さな世界の中で
仲良く共存していきましょう。
そんなメッセージを今朝の散歩で受け取りました。

iki2016IMG_7520.jpg
【壱岐でおうち寿司】
今日は
とっても美味しそうな2kgほどのマサバがお魚屋さんにあったので、
シメサバを作りました。
マダイとカツオも購入しておうち寿司。
柳葉包丁が無かったため、
切りつけまで全て出刃包丁でやりました。。

高知の松﨑淳子先生に教わった、
シメサバを漬けた後、魚の旨味が移った漬け酢を
酢飯の合わせ酢として使うやりかたで酢飯を作りました。

iki2016IMG_7519.jpg


iki2016IMG_7517.jpg

今宵の壱岐焼酎は
【壱岐の華】の『尋ね鳥(たずねどり)』
こちらは原酒を低温熟成させた麦焼酎。
新樽の香りを纏った気品を感じる一杯です。

iki2016IMG_7518.jpg

iki2016IMG_7521.jpg

iki2016IMG_7522.jpg
そして、プチ嬉しかったのが、
比較的、マグロばかり食べていた長男が
シメサバの美味しさをわかってくれて
食べまくってくれたこと!

11751434_927687317292762_2293083411554920157_n.jpg
今朝も恒例の
朝5時からの散歩。
程良い汗が今日一日のエンジンをかけてくれます。
写真は、浜の家の賢犬
ハナちゃん。
ダッシュ競争しても
やはりかなわない。。。。

ikiIMG_5009.jpg
今日の夕食は『ニホンウナギ』。
最近深めに勉強をし始めたものの未だ解明されていないことだらけのウナギですが。
地道にまとめていきます。
酢飯屋公式ブログ(魚)の『ウナギ』はこちらからどうぞ。
http://www.sumeshiya.com/blog/2015/06/post-401.html

11143417_928817213846439_4719358288840841774_n.jpg
今日の早朝散歩は、
初体験がありました。
巨大ナメクジに出会うという。。。
想定外が魅力なわけか。

11745699_928817287179765_3613035949340851171_n.jpg

ikiIMG_4970.jpg
今夜の食卓もまた
愛のある、食材魂に溢れた内容でした。
お父様の自家農園の摘みたてオクラに
ご近所さまからいただいたというアワビでステーキ。
そして息子が釣った魚の刺身盛り。
糸島でお世話になった
柚木マスミおかんの『糸島 金山寺納豆』が
さらにこの場を盛り上げてくれます。

ikiIMG_4975.jpg

ikiIMG_4973.jpg

今朝は
お母様お手製
酵素がたっぷりの野菜ジュースからスタート。
長命草を生のままたっぷりと!!
生でイッちゃうんすか!?
そして
セロリ
バナナ
トマト
ピーマン
パプリカで整える。
苦いのに後を引く。
そんな人間になりたいな。

11214236_928249663903194_8494773749631461142_n.jpg

10846465_928110440583783_8166842722458157433_n.jpg
今日の早朝散歩は5時30分から。
5歳の長男も参加。
張り切るって大事ですね。

ikiDSC_0111.jpg
ご近所さんからアジを沢山いただいたのと
先ほど長命草を採ってきたので
お母様特製のアジフライと長命草のてんぷらな夕食。
次男もがぶり!
今夜のお酒は勿論
親戚の麦焼酎の蔵元『壱岐の華-いきのはな-』
・酢飯屋でもグランドメニューに入っている、初代嘉助さんモデル
・昭和仕込み
今夜はイカ漁が無くなったので
久しぶりにゆっくり過ごせそうです。

ikiDSC_0110.jpg

ikiDSC_0114.jpg

chomeiDSC_0095.jpg
今夜の郷ノ浦からのイカ漁が
海が荒れてきましたので中止になりました。
18時〜6時までの長い時間の漁。
朝から構えておりましたが
ちょっと気が緩みました。^^;
ということで、夕食食材を採りに岸壁へ。
ボタンボウフウ(通称:長命草)。
鹿児島の喜界島で出会ったこの美味い山菜。
壱岐にもたっぷり生えてるぞー。

chomeiDSC_0100.jpg

chomeiaouDSC_0105.jpg

ikiIMG_2831.jpg
部屋からカニ釣りが楽しめるという環境。
これだけで子供達は飽きません。

ikiIMG_2810.jpg
じいじとカニ取り。
ハサミが太くて挟まれたら大変なやつ。

ikiIMG_2819.jpg

10497143_741945729200256_5821872863484283642_o.jpg
長崎県 壱岐市 芦辺町。
家の前で釣れるのは、カワイイふぐばかり。
1時間ほど室内で補食スタイル鑑賞して、海へリリース。

長崎県 壱岐市。
毎日 釣り、虫、釣り、虫、釣り。
東京戻ってからどうしよ。。。。

10568682_741893872538775_361425151_n.jpg

10570978_741893815872114_1117618848_n.jpg

10585585_741812949213534_159201416_n.jpg
朝散歩に白龍様登場。
ありがとうございます。

10458806_741543262573836_5653776857963355993_n.jpg
さばいた魚で、ひとまず一杯。
マサルお父さん、長時間お疲れ様でした!

10463843_741543162573846_5526660286764344937_o.jpg

10514365_741451409249688_2946233911153825107_o.jpg
麦焼酎発祥の地で飲む『麦茶』の旨いこと旨いこと。
麦茶でお腹いっぱいにしちゃお。

10553526_741451532583009_9010105438707041162_n.jpg

35483_741446382583524_9046711183345508141_n.jpg
大人も子供も
東京や福岡で過ごしているよりも、
壱岐にいるほうが睡眠時間が短いという。。
やることあり過ぎな島、長崎県 壱岐。
束の間の休息も15分で起きる。。。。
遊べや遊べ。
岡田千歳 1歳

10516923_740847992643363_1739377465_n.jpg
今朝は、ここ数日で一番涼しい散歩です。
太古の昔、人間がこの湾から壱岐に上がってきて、
この島に住み着いたという
芦辺の某湾。
想像するだけで
しびれます。

10508324_739602776101218_88920945_n.jpg
4歳の長男、
まだ小学生ではないですが
ママとバアバと夏休みの宿題風。

1059345_740027806058715_1240037849_n.jpg
スーパーマーケットの
魚事情視察と、
夜用花火選び。

10559277_739480159446813_117605276_n.jpg
歩いて30秒で海ですが、
次男がまだ小さいので
とりあえず子供プールを膨らます。

10571005_739406256120870_648556709_n.jpg
稲の伸び順調です。

10566432_739399729454856_1422995917_n.jpg
朝の散歩7,000歩。
程よいところで日が昇ぼる。
毎日散歩したい島、壱岐。

10564658_739406319454197_1988224441_n.jpg

10528152_739387882789374_998989260_n.jpg
今朝は4時30分からの散歩スタート。
涼しくて気持ち良い!!

10565707_739264712801691_51527270_n.jpg
自家農園にて、夜食の野菜を収穫するマサルお父さん。
僕は壱岐産の『ヒラマサ(ヒラス)』の刺し盛り担当。

10567391_739264629468366_868907916_n.jpg

10564912_739283749466454_840405777_n.jpg

10555138_739299839464845_338532621_n.jpg

10559097_739283689466460_773110767_n.jpg

冬のための薪がドシドシ準備されています。

10551776_739310582797104_332283779_n.jpg

10571001_739302842797878_2085754418_n.jpg


ikiikiIMG_7498.jpg

台風が近づいてきているということで、
荒れる前に外遊びをしておこうと、
壱岐の生き物探しの冒険に。

ikiikiIMG_7499.jpg


ikiikiIMG_7510.jpg
陸海空生物


ハチャメチャな生き物動画はこちら。

10581317_741370619257767_1079676887_n.jpg
カニ vs クワガタ
オトコ遊び。
許してあげてください。


goiiIMG_0970.jpg
【釣った魚でごはん作り】

お魚釣り放題、お魚触り放題、お魚食べ放題。

大人にとっても、子供にとっても
自然が身近にあることの良さ、豊かさを感じさせられる時間です。

ばあば、いつもキッチンを魚まみれにしてすみません^^;!!!

goiiIMG_0972.jpg

goiiIMG_0978.jpg
海洋大学に一直線か!?
と思うほど海の生き物が大好きな長男。

goiiIMG_0980.jpg

goiiIMG_0981.jpg

goiiIMG_0994.jpg
魚をいじるだけいじくりたおして
最後はブツ切りにしてくれる次男。
大きくなっても一緒に遊ぼうな。

【食遊び】というのは、
誰とでもどこでも、死ぬまで出来る遊びです。

goiiIMG_0996.jpg

goiiIMG_0997.jpg

2018.07.17

Léo Troisgros(レオ・トロワグロ )

[寿司料理]

torowaIMG_6036.jpg

フランスの三つ星レストラン
Michel Troisgros(ミッシェル・トロワグロ)さんの次男レオ・トロワグロくんが寿司を学びに酢飯屋に研修にいらっしゃいました。

» 続きを読む

2018.07.14

寿司の握り方教室の生徒さんからの練習報告

[寿司料理]

nigikyouIMG_2826.jpg

寿司の握り方教室には
様々な職業の方々、親子、団体さまなどがいらっしゃいます。
その場限りで満足して終了してしまう方々が少ないのが嬉しいです。
後日の練習風景や、握ったお寿司の写真など
メールで送っていただけると、とても嬉しい気持ちになります。
そのお写真に対しても出来る限りアドバイスを含めたお返事をするように
しております。


37349004_10209166200271973_9010835185075224576_n.jpg

白衣持参でご参加された
気合い十分の高木氏。

nigikyouIMG_2827.jpg

37167481_10209157335410357_510664275690258432_n.jpg


37332758_10209166207592156_2361888892157689856_n.jpg


お友達同士で参加された方々が
LINEで握り寿司についてやりとりしている様子までご報告くださいました。
37719047_10209209179866436_1645870380230901760_n.jpg

37741228_10209209179746433_557328794713587712_n.jpg

2018.07.11

たちうお・タチウオ・太刀魚・Trichiurus lepturus

[寿司料理海の生き物釣り・Fishing]

tachituIMG_5702.jpg
スズキ目サバ亜目タチウオ科タチウオ属タチウオ

今年もタチウオ釣りに行ってきました。

磨き上げられた日本刀のように本当に綺麗な容姿のタチウオ。
この鏡面の美しさを見るためには、釣りたてしかないのです。

歯が鋭くて、口床が黒、背ビレは白っぽく透明です。
体表はグアニンという銀白で覆われていて、尾ビレは1本のヒモ状になっています。

今回は水深60メートルほどのところでヒット。

主に水深200メートル以浅の大陸棚を好んで
エサとなる小魚などを求めて深場から浅場、海底から表層へと移動します。

太刀のようなので太刀魚。
立ち泳ぎもするので立魚など名前の由来は諸説あります。

» 続きを読む

2018.07.10

INUA・イヌア

[料理記録]

nomajuIMG_5081.jpg

ご近所、
飯田橋で話題のレストラン『INUA』の立ち上げに
デンマークから帰国中の『noma』唯一の日本人シェフ
高橋惇一くんが今回も時間を作って酢飯屋に来てくださいました。

『料理が好き。』

この言葉を最近まわりでも良く耳にします。
主婦の方、学生さん、同級生に定年後のおじさまたち。

人それぞれの『料理が好き。』がありますが、

高橋くんの頭の中は
その言葉にさらに何重もの輪をかけたような。

料理以外の話ってそう言えばしたことあったかな?
というくらい。

今回も、聞いているだけで食べたくなるような世界のお料理の話
その作り方などお話してくださいました。

料理って
仕事にすると大変な労働で、プレッシャーで、安心安全が求められて、
責任がついてまわって、賛否両論に評価されて。

なんとも厳しいお仕事に思われますが
それもそうなのですが、
それ以上にやっぱり幸せなお仕事だと思います。

人生の中で、ごはんを自由に作ることができる。

作ったものを誰かに食べていただく時の気持ち、
作っていただいたものを自分が食べている時の気持ち。


料理は幸せな笑顔を多く生んでくれる
世界共通のアクションだと思っております。

高橋くんに会うと、
そのハミ出した料理への愛情を感じることができて
自分の職業の幸せを再確認させていただけます。

料理は素晴らしい。

» 続きを読む

2018.07.07

かわはぎ・カワハギ・皮剥・Stephanolepis cirrhifer

[寿司料理海の生き物釣り・Fishing]

kageIMG_3193.jpg

中学の同級生ヤッチが
小学6年になる息子と男二人で九州の旅をするってことで、
九州の海沿いFish Tripをコーディネート。
大分県 日出町にて、
朝まずめにカワハギGET!
夜にカワハギの刺身で一杯やりながら同級生と語る時間は
何にも代えがたい時間でした。

» 続きを読む

2018.06.26

今日はイワシの蒲焼きだ!

[料理海の生き物食遊び]

iwawaIMG_2710.jpg

本人はすでに記憶がないようですが、
小さいころ、幼稚園から帰ってきて
『今日の給食美味しかったよ!』
の一つがイワシの蒲焼きでした。

自分で作れるようになったら、
人に食べさせてあげるんだよ。

美味しいご飯は、人を幸せにすることができるからね。

一生息子の応援団 父より

» 続きを読む

2018.06.24

コハダ食堂に行ってきました。

[寿司料理海の生き物食遊び]

koshoIMG_3275.jpg

コハダでお世話になっております、
佐賀県 太良町(たらちょう)の『竹崎コハダ女子会』のみなさまが
1日限定の『コハダ食堂』をオープンしました。
会場は光福寺さん。

» 続きを読む

2018.06.14

たてぼしがい・タテボシガイ・立烏帽子貝・Unio douglasiae biwae Kobelt

[寿司料理生き物]

bosikaIMG_2492.jpg


滋賀県

琵琶湖にしかいないとか
そういう生き物の大好き。

» 続きを読む

2018.06.07

むすこがにぎったおむすび

[料理食遊び]

yuimuIMG_2688.jpg

長男
岡田結(ゆい)
小学2年生になりました。

結が結んだお結び。

» 続きを読む

2018.06.06

会社設立7周年記念日

[料理記録]

_ssC7T7096.jpg

本日2018年6月6日
会社設立7周年記念日です。

個人事業で酢飯屋を創設して15年。
法人化してからあっという間に7年が経ちました。
山あり谷ありなこの商売ですが
皆様に支えられて
おかげさまで存続させていただいております。
等身大よりちょっと背伸びをしながら
これからも地道に寿司の道を進んでいこうと思います。
どうか皆様
今後とも末永いお付き合いをどうぞよろしくお願いいたします。


株式会社酢飯屋 一同


写真は
2011年 会社設立祝賀会(清澄庭園 大正記念館)の様子などです。
TOPシェフをはじめ、多くの方々にご協力いただきまして本当に良い門出となりました、
改めて御礼申し上げます。
ありがとうございます。

» 続きを読む

2018.05.19

サーモンゆうれい寿司

[季節のおうち寿司寿司料理食遊び]

samonIMG_2130.jpg


子供ってサーモンが好きなもので、
今回のおうち寿司は
山口県宇部市の郷土寿司『ゆうれい寿司』を
サーモンversionで作ってみました。

» 続きを読む

2018.05.18

釣ったコハダを握ってみた 。

[寿司料理海の生き物釣り・Fishing食遊び]

koniIMG_0983.jpg

釣った魚をお寿司に出来ることは幸せなことです。

激減している職種の一つ
『寿司職人』。
もっと増えていきますように。

» 続きを読む

2018.05.17

コハダをシメる

[料理海の生き物釣り・Fishing食遊び]

kohashiIMG_2086.jpg

釣ってきたコハダをシメたいと長男。

ばあばのおうちのキッチンをお借りして
魚に触れさせていただきます。
ありがとうございます。

美味しく大切に魚を食べるために
その命を自身で断つ経験は
大人も子供も何度でも必要なことです。

食材魂をいただきます。


2018.05.16

コハダ釣り

[料理釣り・Fishing]

koturiIMG_0847.jpg

長崎県 壱岐(いき)。
この日は風が強めだったのど潮の関係もあってか
流れの少ない港の中にコハダの群れが大量に入り込んでいました。

» 続きを読む

2018.03.12

ほたるいか・ホタルイカ・蛍烏賊・firefly squid・Watasenia scintillans

[寿司料理栄養学海の生き物食遊び]

ikihoIMG_0130.jpg

ホタルイカについて、本気でまとめてみました。

動物界
軟体動物門
貝殻亜門
頭足綱
後生頭足類亜綱
ツツイカ目
開眼亜目
ホタルイカモドキ科
ホタルイカ属
ホタルイカ

» 続きを読む

2018.03.05

桑の実と氷頭の酢の物 

[うつわ料理]

kuwakoIMG_9212.jpg

甘酸っぱいものが好きな妻は
やっぱり喜んでくれた。

器:二階堂明弘さん

2018.02.21

金目鯛ちゃんのナカニクステーキ

[お肉料理神楽市場]

kinnakaIMG_7722.jpg
器:伊藤剛俊さん

旨味のある赤身肉。
火入れ加減でお好みの食感に。
お肉が食べたい!
そんな時にオススメの部位です。
残りは2塊です。

神楽市場
http://www.sumeshiya.com/ichiba/news/emeat-1.html

» 続きを読む

2018.02.15

いさざ・イサザ・魦・Gymnogobius isaza

[料理湖魚]

isaIMG_7589.jpg

琵琶湖の固有種。
琵琶湖八珍の一つ。
スズキ目ハゼ亜目ハゼ科ウキゴリ属イサザ
体長3〜8cm
体重1〜4g。
琵琶湖北部の沖合に生息するハゼの仲間です。
白身で淡白な旨味があり、濃い出汁がでるのが特徴。
頭と口が大きく、大型のものは頭の骨が硬い場合がありますが
揚げ物などに調理すると骨を気にせず食べることができます。
資源量の年変動が大きく、
多く獲れる年と非常に少ない年があります。
琵琶湖の北側の地方では
すき焼きのように煮た郷土料理『じゅんじゅん』は
冬に行われる冠婚葬祭の行事食に欠かせない料理です。
ということで
ブログ後方に『イサザのじゅんじゅん』再現したものを載せてあります。

» 続きを読む

2018.02.13

グヤーシュ・レヴェシュ(ハンガリー料理)

[レシピ・recipe料理]

hanIMG_7156.jpg
器:加藤育子さん

海のない国ハンガリーは肉料理が多彩。
国民食の具沢山のシチュー『グヤーシュ・レヴェシュ』を作ってみました。

» 続きを読む

2018.02.02

地域のプロのための美食料理セミナー 近江『美食都市』推進プロジェクト

[寿司料理記録]

proIMG_1073.jpg

滋賀県彦根市
地域のプロのための美食料理セミナー
近江『美食都市』推進プロジェクトにて
まじめにお話してきました。
料理人さんたちにお寿司の握り方をお伝えさせていただいたり
琵琶湖にしか生息しない生き物を使った
新しいお寿司のご提案などもさせていただきました。
ご参加くださった皆様、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

» 続きを読む

2018.01.11

おうちでもすめしをきるほどすめしすき

[寿司料理]

IMG_sumeshi6323.jpg

おうちでも
すめしをきるほど
すめしすき


2017.12.22

JICONな週末

[うつわ料理食遊び]

IMG_4jicon820.jpg

週末はなるべく食遊びを取り入れることで
楽しみながら技術がついていき
いつの間にか自信につながり
味覚の幅が広がり
言葉の表現が増えて
ユーモアのあるコミュニケーションがとれる人間になるだろうと。
そう思って子育てをしています。

一生息子の応援団 父より

器:JICONさん

» 続きを読む

2017.12.21

ミンククジラ ・minke whale・Balaenoptera acutorostrata

[レシピ・recipe寿司料理海の生き物]

minqIMG_5453.jpg

クジラ目ヒゲクジラ亜目ナガスクジラ科ナガスクジラ属ミンククジラ

クジラが定置網にかかってしまった場合、
そのクジラを丁寧に、気持ちをもって取り扱える飲食店にのみ
流れてくる、クジラ連絡網。
ほぼ冷凍流通になってしまったクジラ。
生のクジラの取り扱いは現在はほぼありません。
たまたま網にかかってしまった時に
ちょうどそのタイミングで酢飯屋をご予約くださっている方のみが
いただける、天からの恵み。
数えきれないほどの日本人が
過去にクジラ助けられてきたことに敬意を表し
その一切れ一切れをお客様にも味わっていただく。
貴重な貴重な生のミンククジラの赤身肉。
野菜も魚も肉も根本は全て同じです。

» 続きを読む

2017.12.20

レンコンの素揚げ

[うつわ料理青果]

IMG_5390.jpg

おやつなのか?おかずなのか?

大人も子供も判断しかねる

食べ過ぎ注意なレンコンの素揚げ。

気が付いてみれば、
佐賀県有田町のJICONさんの器に
佐賀県白石町の黒木さんのレンコン。

佐賀県の豊かさは
佐賀県に足を運ぶたびに毎回体感させられます。
というわけで
2018年の年始は、佐賀県に家族旅行に行きます。

» 続きを読む

2017.12.19

サンマの炊き込みご飯

[うつわ料理]

santaIMG_5355.jpg

焼いたサンマの身をほぐし、
頭と骨も一緒に炊き込むサンマの炊き込みご飯。

炊く前と炊いた後のお鍋の中。
見た目はさほど変わらないのに、
火にかけるだけで、香りと味は全く別物変化する。
人間は、火の偉大さを絶対に忘れてはいけない。

大人と子供でサイズ分けしていた器も、
そろそろ逆転の時。
炊き込みご飯の時は特に逆転。

器:JICONさん

» 続きを読む

2017.12.16

一体感。

[うつわ料理記録]

jiconIMG_4722.jpg

サラダもスープもおかずもお水もデザートも。

JICONな食卓は、家族の一体感も演出してくれます。

2017年 12月28日まで水道ギャラリーにて
『今村製陶 『JICON 磁今』展』開催中です。
http://www.sumeshiya.com/gallery/2017/_jicon.html

2017.12.15

プワプワパンケーキ

[うつわ料理]

jicopaIMG_5370.jpg

岡田家史上ではございますが
ここまでプワプワのは初めて。
朝一で焼き上げていた妻を讃えたい。

器:JICON

2017年 12月28日まで水道ギャラリーにて
『今村製陶 『JICON 磁今』展』開催中です。
http://www.sumeshiya.com/gallery/2017/_jicon.html

» 続きを読む

2017.12.13

週末は唐揚げになりがち。

[うつわ料理]

IMG_5303.jpg

土曜日は息子がお弁当のため大好きな唐揚げを入れがち。
だから金曜夜も唐揚げになりがち。

たっぷり揚げた唐揚げとサラダと
おまけに一緒にレンコンとニンジンの天ぷら。
たっぷりなおかずも全て包み込んでくれる器。
JICONな食卓は今日も笑顔です。

2017年 12月28日まで水道ギャラリーにて
『今村製陶 『JICON 磁今』展』開催中です。
http://www.sumeshiya.com/gallery/2017/_jicon.html

» 続きを読む

2017.12.11

コハダの酢の物

[うつわ料理]

jicoIMG_5273.jpg

先日息子と釣ってきたコハダに軽く塩をして
佐賀県のレンコン農家さん、黒木農園さんのレンコン酢で
コハダの酢の物に。
器は佐賀県有田町の今村製陶さんのJICON。
渕の錆色が一周あるだけで料理を引き締め、引き立ててくれます。

2017年12月28日まで水道ギャラリーにて
『今村製陶 『JICON 磁今』展』開催中です。
http://www.sumeshiya.com/gallery/2017/_jicon.html

» 続きを読む

2017.12.11

ふわとろオムライス

[うつわ料理]

IMG_5280.jpg

もう張ち切れちゃうょ。
ふわとろオムライス。
それをさらに包んでくれるJICONの器。

12月28日まで水道ギャラリーにて
『今村製陶 『JICON 磁今』展』開催中です。
http://www.sumeshiya.com/gallery/2017/_jicon.html

» 続きを読む

2017.12.06

日戻りカツオの藁焼き

[うつわ料理]

katuwaraIMG_5090.jpg

日戻りカツオを藁焼きにして塩で食べる。
それ以上他に何も必要ないと思う完成度。
と思いきや、
寿司にするとその上を行く寿司の凄さ。

» 続きを読む

2017.12.04

たこゆずそるべくりむちーず

[うつわ料理]

takoyuzIMG_5119.jpg

柔らかい塩気のマダコに
滑らかなクリームチーズ
甘酸っぱいゆずのソルベを合わせただけで
口の中は夢の国。

器:田子美紀さん

» 続きを読む

2017.11.19

サンマチャレンジ

[料理海の生き物食遊び]

sankoIMG_3974.jpg

幼少期に手に入れた万能包丁に続き、
いよいよMy出刃包丁を手に入れた子供達は
調理に興味をもってくれてとても嬉しいです。

» 続きを読む

2017.11.18

こはだ・コハダ・小肌 ・Threadfin shad・Konosirus punctatus

[寿司料理海の生き物釣り・Fishing]

kohaIMG_4562.jpg

先日
佐賀県 太良町のコハダ漁師 寺田さんから
とてつもなく鮮度の良いコハダが届きました。


» 続きを読む

2017.11.14

いんげんまめ・インゲンマメ・隠元豆・Phaseolus vulgaris

[料理青果食遊び]

yuinIMG_3945.jpg

いんげんまめは切りやすいということで、
毎回、全て切ってくれるので助かります。
手に技術が付く感覚をどんどん味わってください。
いつの間にか、何でも出来るようになってしまうから。

一生息子の応援団 父より

» 続きを読む

2017.10.05

今日の食遊び

[料理青果食遊び]

IMG_4295.jpg

次男の千歳も最近は
素材やお料理に興味深々で嬉しい限りです。
幼い頃から、長男よりも良く食べ、好き嫌いも少ない千歳は
細かい心遣いができる男なので
お料理も出来るようになればきっとモテると思います。
佐賀県白石町 黒木農園さんの泥つきのレンコンを洗っていると
手もツルツルになってきます。
まずは素揚げでその味を堪能しましょう。

» 続きを読む

2017.10.01

メニュー開発のポイント

[レシピ・recipe岡田イズム料理海の生き物]

CIMG8nodo438.jpg
ノドグロって知ってますか??
ノドグロって好きですか?
今ノドグロがそこにあるとしたら、
どうやって食べたいですか?

CIMG84nodo32.jpg

お刺身、塩焼き、西京焼き、酒蒸し、天ぷら、すき焼き、唐揚げ。
ただ、
贅沢な話、それらの食べ方をいつも良くしていたとして、
美味しいんだけれどその食べ方では面白みを感じない。
そこがメニュー開発のポイントです。

ノドグロの酢じめです。
高級魚をわざわざいじる。

しかも昔ながらの仕事をするだけでいい。

今までに知っている調理法で
ただその種類や角度を変えるだけで
今の時代なら
まだまだ無限に新しいものは生み出せる。

ただ、もう少し時代が経つと、
新しいものを生み出すのはとても難しくなるでしょう。
でも、そんなに新しいものを生み出さなくてもいいんです。
原点に戻っていけばいいんです。
きっと。

CIMGnodo8434.jpg

IMG_01nodo52.jpg

2017.09.13

にっぽんのひじきPV(プロモーションビデオ)

[乾物料理海藻神楽市場]

その道のプロが集まって作ったら
結構しっかりと出来上がった作品。
音楽もオリジナル。
ロケ地は勿論、江戸川橋。


にっぽんのひじき「来週末の予定」篇 by 神楽市場


9月15日は【ひじきの日】。
昭和59年 三重県ひじき協同組合が制定
縄文時代から食べられている、
にっぽんのスーパーフード。
神様へのお供え物としても使われるヒジキは、
ただの海藻なわけがありません。
一体何なのか!?
是非、この機会に
今一度ひじきについて調べたり、
考えたりしてみてはいかがでしょうか?
ちなみに、当店で取り扱っているヒジキは
鹿児島県 桜島産 素干しのヒジキです。
火入れしておりません。
そのため、黒いひじきに白カビっぽくフワフワついている
マンニトールがヒジキの味をより熟成させて
美味しくしてくれています。
見た目より味という方にはオススメな一品です。

IMG_3hjiji357.jpg

店内でも販売しておりますが、
お取り寄せをご希望の方、
ご注文はこちらからどうぞ。
神楽市場(かぐらいちば)
http://www.sumeshiya.com/ichiba/item/hijiki.html


こちらは、
にっぽんのひじき「母の誕生日」篇 by 神楽市場

2017.09.11

青椒肉絲(チンジャオロース)

[うつわ料理陶芸家]

jaoIMG_3478.jpg
器:吉田丈さん

青椒肉絲(チンジャオロース)
子供の頃は、読めなかったなー。
そして、英語にすると
Blue Pepper meat yarn yarn みたいな^^;

青って何??
あ、ピーマンのこと??

椒って何??
胡椒の椒だから、調味料系?

肉は肉だな。

絲って習ってないな。。
糸っぽいものなんだろうな。

分解して組み立てるとちゃんと青椒肉絲になるー。
言語って面白いな。

ちなみに
アメリカの中華料理屋さんではは
『green pepper steak』 だそうです。

SUSHI はどこの国に行っても SUSHI ってことは
凄いことなんだな。

2017.08.30

ナポリタン

[うつわ岡田イズム料理陶芸家]

muanIMG_2924.jpg

洋食。
というカテゴリーに入るナポリタン。
その歴史を調べ始めると
食勉強にキリがなくなるので、
お寿司関係以外はなるべく深入りしないようにしないと。。。

ただ、
それを食べる時の話題は
その食べ物の歴史を知りながら食べると面白く美味しいもの。

今日のお昼ごはんも、ただ食べるのではなく
これがいつどのようにして生まれて、今までどう進化してきたのかを
是非とも気にして、調べて食べてみてください。
あぁ、インターネットな世の中よ。

» 続きを読む

2017.08.25

ぶどうパン

[うつわ料理陶芸家食遊び]

budoIMG_3237.jpg

離乳食を終え、固形物を食べ始めてからどれくらい経っただろうか。
あの時から大好きなぶどうパンは、今もなお変わらないみたいだ。

ばあばが作るこのぶどうパンは、酵母を起こすところからはじまる。
古代米の赤米から作る自家製天然酵母。
コンバインで刈ったお米では、刈り取る際の熱で酵母が死んでしまうか弱ってしまう。
乾燥機で乾燥させたお米もやはり同じ。
手で刈って、天日干しした赤米からは、強烈な酵母が生きていると。
それを培養し、手作りパンを焼いていく。
それは美味しいわけです。
子供達も自分でパンが作れるように、
今度ばあばに会った時には、しっかりと習わせようと思う。


» 続きを読む

2017.08.19

夏野菜とエビの天ぷら

[うつわ料理陶芸家青果]

IMG_3tempura135.jpg

夏野菜(ナス、オクラ、シシトウガラシにカボチャ、幅広インゲン)
とエビの天ぷら

あっさりめにとった削りたて本枯節ベースの天つゆでさっぱりと。
白イボキュウリの入山キュウリの浅漬けが良い箸休めになります。

器:村上祐仁

2017.08.17

黒ムツの煮付け

[うつわレシピ・recipe料理海の生き物陶芸家青果食遊び]

kuroniIMG_3146.jpg

僕もやりたいー。
次男4歳がグズル。
いや、グズっているのではなく、
本当にやりたいのだ。

危ないからやらせない
火傷するかもしれない
手を切るかもしれない。

成長と危険は常に隣り合わせ。

やりたいんでしょ?
じゃー、一緒にやろうよ。

» 続きを読む

2017.08.15

かんぴょうぬか漬け

[うつわ乾物料理青果]

kanukaIMG_2722.jpg
器:花岡央

かんぴょうぬか漬け。
ありですね。

» 続きを読む

2017.08.12

ドライカレー

[うつわ料理陶芸家]

dryIMG_2860.jpg

もはや日本食の一つになるのか!?
ドライカレー。

ドライカレーの思い出といえば、
独立して間もない頃。
1日1組限定のお店『酢飯屋 八丁堀』を毎日一人で切り盛りするにあたり、
時間があるようで全くない日々。
一人分の賄いすら作れない日も多々あって、
近所の喫茶店で
飲み込むようにドライカレーを3分ほどで食べていた25歳。
個人事業は
時間のマネジメント次第で幸せな職業。
それが築き上げられるまでは、
思いのほかあっという間に1日が終わってしまうほどの多忙な職業。
初心にかえれる食べ物の一つがドライカレーです。

器:村上祐仁
2017年8月21日より水道ギャラリーにて個展が始まります。

2017.08.09

Bean to Chocolate Banana Ice

[レシピ・recipe料理神楽市場食遊び]

chobaIMG_3105.jpg

「 Bean to Chocolate Banana Ice 」
(生のカカオ豆を焙煎しチョコバナナアイスにすること)

まずは
《生のカカオ豆から作るチョコレートレシピ》

1. カカオ豆をローストします
  120° のオーブンで30分、140°に上げて6分。
※ローストする前に少し水で豆を洗い、水分を軽く拭き取って
  からローストするとカカオ豆の皮が剥きやすくなります。

2. ローストしたカカオ豆の皮を剥きます
  甘栗を剥くように指の腹を使って豆を押し「ピキッ」という
  音がしたら、皮が剥きやすくなります。
  ※皮を取った豆のことをカカオニブと言います。

3. カカオニブをフードプロセッサーなど微粒化できる機械で
粉砕します。粉砕を続けると、カカオニブに含まれている
カカオバターが溶け出し、次第にペースト状になってきます。
 これがカカオマスと言われる状態で、カカオ100%の状態です。

4. カカオマスにお好みの量のお砂糖を加えます。
おすすめの分量は(カカオ7:砂糖3 )です。
 粉末のミルクなども、お好みで。
  ※ただし、液体は入れないでください。
カカオバターと分離してしまい、うまく混ざりません。
  ※蜂蜜なども基本的に使わないほうがいいです。

5. 完全に混ざり切ったらお好きな型に流し込み冷蔵庫で
冷やし固めます。

6. 型から外し、完成です。

が、
今回は、その途中でバナナと生クリームを練りこみ、アイスにします。

» 続きを読む

2017.08.08

胡麻サバ

[うつわレシピ・recipe料理海の生き物福岡県陶芸家]

gomasIMG_2818.jpg

福岡県で食べるべき郷土料理の一つ。
『胡麻サバ』

サバの種類で『マサバ』と『ゴマサバ』というのがありますが、
その『ゴマサバ』ではなくて、

鮮度の良い、生食可能な状態の『マサバやゴマサバ』を
たっぷりのすりごまと醤油、みりんなどで
甘辛く絡めた一品。

» 続きを読む

2017.08.05

じねんじょ・ジネンジョ・自然薯・Japanese yam・Dioscorea japonica

[うつわ料理青果]

IMG_2712.jpg

現代ではむしろ珍しい、日本原産食材の一つ『自然薯』。
佐賀県唐津市
ささき農園さんの自然薯が美味し過ぎます。
でも食べ過ぎたら俺、元気になり過ぎちゃう^^;!
ほんと、幸せな悩みだよ。

» 続きを読む

2017.08.01

チキンカレー・Chicken curry

[うつわ岡田イズム料理]

chikikaIMG_2193.jpg

クミン焦がし気味で、香ばしい系チキンカレーを
1から作ってみました。
ちなみにギーも自家製で。
ガラムマサラ、ターメリック、コリアンダー、ベイリーフ。
お寿司に組み込むと、いきなり邪道と呼ばれがちな
スパイスやハーブは、極少量加えることで
まさに隠し味として幅広い可能性を持っています。
これからもし、
スパイスやハーブが組み込まれているお寿司に出会っても、
邪道と言わず、
これからの長いお寿司の歴史の一部だと思って
広い心で食してみてくださいね。

» 続きを読む

2017.07.30

カンピョウのぬか漬け

[うつわ乾物料理青果]

S__14147597.jpg
カンピョウのぬか漬け
器:花岡央

» 続きを読む

2017.07.29

なすのオイル漬け 花岡央

[うつわレシピ・recipe料理青果]

nasuoIMG_2680.jpg
器:花岡央

この時期、たっぷりと手に入る茄子(なす)は
干し野菜にしたり、辛子漬けにしたり、オイル漬けにして
長く楽しみましょう。

超シンプルな
【なすのオイル漬けレシピ】

なす300g(ヘタ取り後)
5%の塩水
オリーブオイル
なたね油
にんにく 15g
ローリエ 1枚
赤唐辛子 1本


ナスを一口大に切って塩水に20分漬ける。
水気を切り、200度に温めたオーブンで
30分くらい焼き目がつく程度まで焼く。
容器に焼きあがったナスを入れて
にんにくスライス、ローリエ、赤唐辛子を加えて
ナスの表面が漬かる位、
オリーブオイルとなたね油を1:1くらいをたっぷり入れる。
なたね油を入れると冷蔵庫でも油が固まりずらいです。

※塩気が弱めのレシピです。塩水の濃度や漬け時間で調整するか
仕上げにお醤油をかけても美味しくいただけます。

2017.07.27

うつぼのソテー

[うつわ料理海の生き物陶芸家]

utuIMG_2703.jpg

皮はパリッパリ、身はふわっふわ。
うつぼの旨味がギッシリ凝縮された料理。
煮詰めたウツボのソースを絡めて
口に入れようとしたその瞬間、
一旦その手を止めて鼻を近づけてしまうほどの極上な香り。

今回の器は村上祐仁さん。
白派? 黒派? 色派?
ウツボが持つ様々な表情以上に
多くの表情をもつ村上さんの器。

水道ギャラリー
8月の個展をどうぞお楽しみにしていてください。

『村上祐仁うつわ展 - ○▽□ -』
http://www.sumeshiya.com/gallery/2017/post_47.html

» 続きを読む

2017.07.27

ウツボの煮こごり

[うつわ料理]

IMG_2765.jpg

ウツボの美味しさが全国区になる日は
いつくるのだろうか。
あのコワい見た目を、
コワいとかキモいとかいうと
それで終わってしまいますが、
あの肉質の旨味は、魚と動物の間。
煮こごりにしてもなお、その旨味はしっかりと残ります。
・細かく刻んだレモンの皮の香り
・煎ったそばの実の香ばしさ
・ゴーヤのスッキリとした苦味
・ハチミツ漬けにした大根の甘み

花岡央さんのガラスの中でも
ひときわ艶かしい色であるこの透けた紫色が
どこから見てもやっぱり艶かしいのです。
きっと人気のこの色は早い者勝ちになると思います。
8月の二人展をどうぞお楽しみに。
松本かおる・花岡央 二人の艶かしい器展

» 続きを読む

2017.07.25

干し野菜(ほしやさい)・Dried vegetables

[乾物料理道具青果]

IMG_2709.jpg

こんな晴れた日には
ガンガン野菜干しますよー。
旨味も凝縮して、
太陽調理の工程が1つ加わるので
本番の調理時間も短くなって、
冷凍も可能。

オススメの『干しかご』は
【つきじ常陸屋】さんのゆきさんが考案したこちらがダントツ!
https://www.prokitchen.co.jp/products/list.php?category_id=279

» 続きを読む

2017.07.24

肉じゃが 

[うつわ料理青果]

nikumaIMG_2284.jpg

肉じゃがの思い出もまた
人それぞれあるでしょうが
そのほとんどが良い内容なのではないかと。
今一度、自身の肉じゃがの思い出を
頭の中で30秒だけでも巡らせてみてください。
ホクホクしてくるその気持ちを
きっといつまでも感じさせてくれる料理
それが『肉じゃが』。


» 続きを読む

2017.07.24

ゴーヤ

[うつわ料理青果]

gosaraIMG_2378.jpg

ゴーヤが好きになってもう何年経つのだろう。
小学生の頃、帰り道に生っていた時は、
【にがうり】って認識でしかなくて、
友達とふざけてにがうりに傷をつけて
その汁を舐める罰ゲーム付きの遊び。
ただただ苦いだけの変な植物としか思っていなかったのに。

寿司修行時代に僕の先輩の一人で
沖縄出身のSさんが
沖縄の素晴らしさを毎日毎日、僕に叩き込んでくれたさぁ〜。

【ちゅらさん】というドラマもビデオに撮って、
休憩時間に先輩の部屋で見せてくださったさぁ〜。

ゴーヤーマンのキーホールダーもくれましたね。

寿司の仕事をしながら、
色々な沖縄の言葉を教えてくださる先輩。
僕の仕事メモ帳の三分の一は沖縄のことに。

独立してすぐに行った場所は、沖縄本島、石垣島、久米島、宮古島。

こんなにゴーヤが好きになるなんて、
小学生の自分にこの素晴らしさを教えてあげたい。

そして、
とてつもなく素晴らしいゴーヤが
佐賀県唐津市 ささき農園さんにあります。
唸っちゃうゴーヤ。

苦美味い世界は、やはり大人になってから気がつくものなのだろうか。

今回の器、
花岡央さんの新作は
素材、お料理を引き立てるだけでなく
その色合いに程よく逃げ道を作り
料理と器の波長を合わせてくれます。
ガラスの新たな表現の角度。

8月から始まる二人展をどうぞお楽しみにしていてください。
水道ギャラリー
松本かおる・花岡央 二人の艶かしい器展

» 続きを読む

2017.07.22

かんぴょうのぬか漬け

[乾物料理]

IMG_2295.jpg

柔らかいけど歯ごたえもあって、
シャキシャキ、ゴリゴリ、音はならないけれど
しっかり嚙み切れる。
かんぴょうも是非ぬか漬けの仲間に入れてあげてください。

2017.07.21

ハンバーグステーキ・Hamburg Steak

[寿司料理食遊び]

IMG_2439.jpg

ハンバーグの正式名称は、ハンバーグステーキ。

ハンバーグの起源はドイツのハンブルクのタルタルステーキ。

タルタルステーキの起源は、モンゴル帝国のタタール人の馬肉料理。

【では問題です。】

現在確認されているお寿司の起源は
次のうちどの地域でしょうか?

1.滋賀県
2.東アジア及び東南アジア
3.南アフリカ
4.ニュージーランド
5.中米

» 続きを読む

2017.07.07

松本かおるさんの器

[うつわ料理陶芸家]

IMG_037kaoru1.jpg
猪口と徳利

» 続きを読む

2017.02.15

あんこう・アンコウ・鮟鱇・angler・Lophiomus setigerus

[料理海の生き物食遊び]

ooankouIMG_7462.jpg

» 続きを読む

2016.09.23

長崎県 壱岐市(いきし)

[お米お肉スイーツレシピ・recipe公園動物寿司岡田イズム料理日本酒昆虫植物海の生き物海藻淡水魚生き物神社蔵訪問記録調味料道具釣り・Fishing青果食遊び]

10552586_741540459240783_2154998579677260425_n.jpg

長崎県 壱岐市

第二の故郷にあたるこの地には、毎年来ています。
麦焼酎発祥の地で
『壱岐の華 -いきのはな-』という蔵元が
妻のお母様のご実家にあたります。
もちろん、酢飯屋にも壱岐の華はご用意してあります。

福岡からジェット船で1時間ほどで着く長崎の島の一つ壱岐。

このブログには、
これまでの壱岐時間をジャンル問わず綴っておこうと思います。

写真は2014年
漁師さんと漁でGETした魚を
海の中で捌きたくて、潮が満ち始める最中に
全て下処理を終わらせたワイルドだろ〜? な一枚。

» 続きを読む

2016.06.23

いせえび・イセエビ・伊勢海老・Panulirus japonicus

[寿司岡田イズム料理海の生き物食遊び]

iseIMG_4174.jpg

女性が美しい宝石を身に付けたくなるのと同じように、
僕は美しい魚介類を身に付けたくなるのです。

バカなことは、若いうちにやっておこうシリーズは
このページの中ほどにてご覧いただけます。

» 続きを読む

2016.05.30

いしがれい・イシガレイ・石鰈・Platichthys bicoloratus

[寿司料理海の生き物釣り・Fishing]

スズキ系カレイ目カレイ科イシガレイ属イシガレイ

IMG_2608.jpg

» 続きを読む

2016.05.10

まあなご・マアナゴ・真穴子・ Conger・Congridae

[うつわ季節のおうち寿司寿司料理海の生き物]

anagoIMG_0687.jpg

結構みなさん大好きな『アナゴ』。

ウナギ目アナゴ科クロアナゴ属マアナゴ

ちなみに、修行時代から含めたら
僕は何万本ものアナゴを開いてきました。
それでも開き飽きないくらいアナゴは大好きです!
だって、可愛くて、美味しいんですもん。
ブログ前半はアナゴの写真集、中盤でアナゴの開き方、美味しい写真は後半にございます。

写真は長崎県 対馬のアナゴ漁師 築城(ついき)さんが獲ったアナゴです。
いつもありがとうございます!

アナゴはうなぎやハモ、ウツボなどのうなぎ目というグループに属し、そこでアナゴ科のグループに分けられます。
アナゴ科にはマアナゴ、クロアナゴ、ハナアナゴ15属27種
(世界には32属150種)

うなぎの養殖は確立されているにも関わらず、アナゴの養殖は未だにできていないのでうなぎよりも遥かに謎の多い生物です。

IMG_0688.jpg

IMG_0689.jpg

アナゴの栄養素としては、
ビタミンAとオレイン酸が豊富。

IMG_0691.jpg

アナゴが日本に来るまでの
アナゴの稚魚はレプトケファルスと呼ばれ、
台湾や南西諸島近辺で産卵して稚魚が黒潮に乗って日本近海にやってくる。
日本では『のれそれ』と呼ばれている。

J1872x2816-42016.jpg
アナゴの稚魚『のれそれ』。
愛媛県西宇和の中田水産さんより

IMG_0692.jpg

親潮より冷たい水を好んで沿岸に定着する

IMG_0693.jpg

IMG_0694.jpg

IMG_0695.jpg

IMG_0697.jpg

IMG_0698.jpg

IMG_0700.jpg

IMG_0702.jpg

IMG_0704.jpg

IMG_0705.jpg

IMG_0706.jpg

IMG_0709.jpg

IMG_0710.jpg

anaIMG_0175.jpg

anaIMG_0176.jpg

anaIMG_0177.jpg

anaIMG_0178.jpg

anaIMG_0179.jpg

anaIMG_0180.jpg

anaIMG_0182.jpg

anaIMG_0183.jpg

anaIMG_0186.jpg

anaIMG_0187.jpg

anaIMG_0190.jpg

anaIMG_0191.jpg

anaIMG_0192.jpg

anaIMG_0193.jpg

anaIMG_0194.jpg

anaIMG_0195.jpg

anaIMG_0196.jpg

anaIMG_0198.jpg

anaIMG_0199.jpg

anaIMG_0200.jpg

anaIMG_0201.jpg

IMG_0202.jpg

anaIMG_0203.jpg

anaIMG_0204.jpg

anaIMG_0205.jpg

anaIMG_0206.jpg

anaIMG_0207.jpg

anaIMG_0208.jpg
修行中の山本祐也市と点の数を数えてみました。
頭回り、体側の上下など。
せっかく数えたのに、メモし忘れました。。。
またいつか数えます。。

anaIMG_0209.jpg

anaIMG_0210.jpg

anaIMG_0211.jpg

anaIMG_0212.jpg

anaIMG_0213.jpg

anaIMG_0214.jpg

anaIMG_0215.jpg

anaIMG_0216.jpg

CIMG4615.jpg
以下数枚は、20代前半頃から魚の写真を撮るのが好きになって
当時発売されたコンパクトデジカメで一生懸命撮っていた頃の写真。
やっていることがほとんど変わらないですね。。

CIMG4626.jpg

CIMG4657.jpg

CIMG4662.jpg

CIMG4672.jpg


anaanaIMG_4651.jpg
市場のアナゴ

anaanaIMG_3264.jpg


活アナゴ活締め動画


anaanaIMG_3429.jpg
噛みつき合うアナゴ達


anaIMG_0521.jpg
アナゴ専用小出刃包丁と目打ち

timeline_20170303_165151.jpg
胸ビレ元打ち

anaIMG_0523.jpg
目打ち

timeline_20170303_165152.jpg

timeline_20170303_165153.jpg

anaIMG_0529.jpg

IMG_0528.jpg
オス、白子がたっぷりです。

anaIMG_0530.jpg

IMG_0531.jpg

IMG_0532.jpg

IMG_0543.jpg

IMG_0544.jpg

IMG_0545.jpg

IMG_0546.jpg

IMG_0547.jpg

IMG_0548.jpg

anashiIMG_0549.jpg

anashiIMG_0550.jpg

anashiIMG_0551.jpg

anashiIMG_0552.jpg

anashiIMG_0553.jpg

anashiIMG_0554.jpg

IMG_0555.jpg

IMG_0556.jpg

IMG_0557.jpg

IMG_0558.jpg

IMG_0559.jpg

IMG_0561.jpg

IMG_0562.jpg

IMG_0563.jpg
血液も見方によってはマーブリングアートです。

IMG_0564.jpg
頭や骨も全て食べられますし、全て使えます。
IMG_0616.jpg

20180605201016.jpg
アナゴの骨は血を洗って色々と二次利用できます。


IMG_0565.jpg
アナゴの内臓

CIMG4777.jpg
アナゴの肝掃除をしてこちらも食せます。

IMG_0566.jpg
アナゴの水洗い

CIMG9680.jpg
アナゴを開いて洗った後

CIMG9676.jpg
たまに見かける黄金アナゴ

CIMG9678.jpg
本当に金色です。

anaanaIMG_1915.jpg

IMG_0570.jpg

anashiIMG_0571.jpg

IMG_0535.jpg


anaanaIMG_2985.jpg
アナゴの濃口煮

anaanaIMG_3663.jpg
煮上がったばかりのアナゴ、粗熱をとっています。

anaanaIMG_3658.jpg

anaanaIMG_3659.jpg

CIMG4749.jpg
アナゴの骨切り

anaanaIMG_3267.jpg

CIMG4769.jpg
アナゴの皮引き


anaanaIMG_3268.jpg
アナゴの刺身

anaanaIMG_4184.jpg

IMG_03ana70.jpg
生アナゴの握り寿司
器:村山健太郎さんの黄唐津

アナゴ握り寿司 ゆずと塩
anaIMG_8874.jpg

アナゴ握り寿司 ゆずと煮詰め
IMG_8859.jpg

アナゴ握り 木の芽と煮詰め
anaIMG_4162.jpg

アナゴの握り 煎りゴマと塩
anaIMG_6897.jpg

アナゴの握り わさびのひげ根の醤油漬け
anaIMG_6899.jpg

anaIMG_1971.jpg

IMG_3otouto887.jpg
生アナゴの粕漬け皮目炙り握り寿司
弟の聖也がサッと差し出してきた。
『生のアナゴを粕漬けにして皮目を軽めに炙って、 返して握ってみました。』 ぬぬぬぬぬぬッ!!!!!
ムハーーー!!
くぅ ーーーーーーーーっ!!
ティク。
美味しいです!
アナゴの状態次第では、とてつもない 一貫になる予感! 弟よ。 ...

_SDI0859.jpg
アナゴの頭や骨でコッテリ煮詰めた『煮詰め』で食べる煮アナゴの握り寿司

s16.jpg
焼きアナゴの握り寿司

anaanaIMG_0077.jpg
煮アナゴ飯

anaanaIMG_1556.jpg
煮アナゴ丼

anaanaIMG_1635.jpg
煮上がりアナゴ(煮上がったばかりのアナゴ)のふわっふわ握り寿司

anaanaIMG_3654.jpg

anaanaIMG_2986.jpg
煮アナゴ一本
炒り立ての白ごま
挽きたての山椒
小豆島の結晶塩
煮詰め
どれをどう組み合わせても美味しい答えがでます。

小さめのアナゴで骨ごとぶつ切りにして酢締め。
香川県 小豆島の郷土寿司
アナゴの生ずし(きずし)
はこちらからご覧いただけます。

anaIMG_1972.jpg

anaIMG_1973.jpg

anaIMG_1974.jpg

anaIMG_1975.jpg

anaIMG_1977.jpg

anaIMG_1978.jpg


anaaraIMG_3544.jpg
アナゴの骨せんべい

anaaraIMG_3548.jpg
アナゴのカマ揚げ

anaaraIMG_3549.jpg
アナゴのヒレ焼き


anaanaIMG_5251.jpg
肉厚特大・穴子の一夜干し

anaanaIMG_5252.jpg
島根県大田市『一日漁』(いちにちりょう)で
水揚げされた新鮮で丸々と太った
活〆の真穴子を岡富商店さんが一夜干にしました。

anaanaIMG_5253.jpg

anaanaIMG_5255.jpg

anaanaIMG_5257.jpg

anaanaIMG_5259.jpg

anaanaIMG_5261.jpg

肉厚特大・穴子の一夜干しは
神楽市場からご購入いただけます。

2016.03.03

あぶらつのざめ・アブラツノザメ・油角鮫・Squalus suckleyi

[料理海の生き物]

sameIMG_0872.jpg

ツノザメ目ツノザメ科ツノザメ属アブラツノザメ


» 続きを読む

2016.01.30

おおくちいしなぎ・オオクチイシナギ・大口石投・Stereolepis doederleini

[寿司料理海の生き物]

ishiIMG_0871.jpg

2016年
新年の一発目に秋田県 八森の山本太志さんから届いた魚の一つ、イシナギ。

ほーんとーーーーーーーーに美味しい魚です。

一緒に届いたアブラツノザメは山椒団子に。

» 続きを読む

2016.01.09

あかえび・アカエビ・赤海老・Metapenaeopsis barbaraz

[料理海の生き物]

ebiIMG_0660.jpg

» 続きを読む

2015.08.23

あわび・アワビ・鮑・Haliotis

[うつわ乾物寿司料理海の生き物神社食遊び]

IMG_5489.jpg

たっぷりの海藻とともに箱に入って送られてきたアワビは、
流通中もモリモリと海藻を食べて、
コンディション抜群の状態で活きたまま届きます。

» 続きを読む

2015.08.14

壱岐 子供 陸釣り

[寿司岡田イズム料理海の生き物釣り・Fishing食遊び]

iki2016IMG_7390.jpg
壱岐島爆釣 最前線

子供達の休みの日に、彼らの希望にどこまでも応えることが
自分のやりかた。
ということで、釣りです。
準備はバッチリ完了。
あとは釣果がどうなるか。。。

» 続きを読む

2015.07.17

きたむらさきうに・キタムラサキウニ・北紫雲丹・Strongylocentrotus nudus

[うつわ寿司料理海の生き物食遊び]

uniIMG_6501.jpg

岩手県 九戸郡 洋野町(ひろのちょう)
北三陸と呼ばれるこの地に、
世界初、世界唯一
ウニ牧場で育った天然ウニ
『キタムラサキウニ』があります。

牧場という名前から
養殖に思われがちですが、天然ものです。

本来ウニは雑食性で何でも食べるため
自然のまま育ったものは味や品質の大きな個体差、ムラができてしまいます。
殻のまま出荷した場合、中身がスカスカ!なんてことも。
一方で、ウニ牧場育ちのウニは天然の昆布やワカメだけを食べて育つため
質が高く、圴一、安定しています。
ウニ牧場だから全てのウニが大丈夫。とあぐらをかかず、
漁師さんたちは殻出荷できるかどうかを海の中で判断し水揚げするこだわりです。

シーズンは5月〜8月。

ちなみにウニは英語で Sea urchin(海のわるがき)と呼ばれるほど。
食べ散らかし、そのスピードも速いそうです。
タイヤも食べてしまうとか・。。。
世界的な環境問題にもなっている磯焼けの大きな原因ともなっています。
この磯焼け問題すらも未来解決できる仕組みが
このウニ牧場の仕組みです。
すでに他県、他国でもやりとりが始まっているようでした。

» 続きを読む

2015.07.14

あさり・アサリ・浅蜊・Ruditapes philippinarum

[寿司料理海の生き物食遊び]

IMG_2560.jpg

» 続きを読む

2015.06.29

いさき・イサキ・伊佐木・Parapristipoma trilineatum

[料理海の生き物]

IMG_2733.jpg

» 続きを読む

2015.01.12

いしだい・イシダイ・石鯛・Oplegnathus fasciatus

[寿司料理海の生き物釣り・Fishing食遊び]

ishiIMG_4331.jpg

エビ、カニ、ゴカイが好物。
好奇心が強い魚。
人にも近づいてくる。

» 続きを読む

2014.08.03

まあじ・マアジ・真鯵・Trachurus japonicus

[寿司料理海の生き物福岡県釣り・Fishing食遊び]

IMG_0368.jpg

旬は春から夏。
アジ科の仲間は体に硬いうろこ(ゼイゴ)があるのが特徴。
味が良いのでその名がついたという説も。

» 続きを読む

2014.05.23

いら・イラ・苛・Choerodon azurio

[寿司料理海の生き物]

黒いタスキをしているような模様。
上下の顎に鋭い歯を持っている。

2011.08.10

壱岐のお店などなど

[寿司料理記録]

長崎県 壱岐市 は4つの町から成り立っています。
・芦辺(あしべ)
・勝本(かつもと)
・郷ノ浦(ごうのうら)
・石田(いしだ)

どの町にも特色があって面白いです。


長崎県壱岐市 芦辺町
今日のお昼は、
『割烹豊月-かっぽうほうげつ-』さんにて。10559196_739999616061534_1254974961_n.jpg
キョウリュウジャーをここまで用意している飲食店は初めてだ。
10567497_739999862728176_1308256906_n.jpg

10508527_739999812728181_547747111_n.jpg

10567453_739999826061513_1756518049_n.jpg

ネタのサイズが島らしく素晴らしくデカい。島や市場は、やはりこうでなくちゃ!

10563488_740008076060688_77783965_n.jpg

10569899_740008096060686_1876588356_n.jpg

蓋から色々はみ出している海鮮丼。
これまた島らしくて素晴らしい(≧∇≦)!

10564842_740008149394014_41578182_n.jpg

10566241_740008136060682_1846748105_n.jpg

帰り際に、
キョウリュウジャーの
ガブリボルバーを下さった。。。
長男のテンションはMAXに。
10566296_740020402726122_469647632_n.jpg

土肥製菓店さんへ
壱岐銘菓『加寿まき-かすまき-』と
【壱岐の華】の麦焼酎が入った『焼酎ケーキ』がしっとりとして極ウマ。
お土産に最適ですよ!
10524764_741053292622833_1912759969_n.jpg

10564720_741184502609712_1482800192_n.jpg

10425813_741180465943449_582711317_n.jpg


壱岐の当田(とうだ)地区の郷土寿司
当田巻きでランチ。
toudamakiIMG_7388.jpg
特徴は長芋が芯の一つとして入っているところ。
サクヌルの相性は巻物ととても良いです。


長崎県壱岐市 石田町
『壱岐牧場』さんにて
壱岐牛バーベキュー。
久しぶりの肉ッ!!(^_−)−☆
10567582_741492559245573_2070586080_n.jpg

10581327_741501199244709_1719744188_n.jpg


長崎県 壱岐市 勝本町。
『mochajava cafe 大久保本店』にて、
勝本漁港で水揚げされた白身魚を使ったフィッシュバーガーと、壱岐牛バーガーランチ。

10544461_739518572776305_142992677_n.jpg

10488852_739518522776310_1803435742_n.jpg

10565717_739518542776308_623352509_n.jpg


島内で人気のパン屋さん『パンプラス』さんにドライブ。
iki2016IMG_7540.jpg
壱岐市郷ノ浦町釘山触628 にあります。
iki2016IMG_7744.jpgn

10561731_741942705867225_125321288064304524_n.jpg
勝本のアイス屋さん。
テーブルに血圧計があるので、
ついついアイス食べながら測ってしまう。。

長崎県壱岐市 石田町。
ベーカリー『はるかぜ』さんに来ています。
怖いパンあった。
10564604_741486359246193_1085309889_n.jpg

10572771_741486285912867_78668990_n.jpg

長崎県壱岐市勝本町
『よしもと』さんにてランチ。店内の作りが面白過ぎました!
10567500_741052099289619_552907648_n.jpg

長崎県壱岐市ランチ
郷ノ浦町『にしき亭』の
皿うどんだっ!
コシがあるんだ。
10466813_740557882672374_552008728_n.jpg

10501230_740557826005713_1822722277_n.jpg

長崎県 壱岐の『新郷土寿司』が誕生していました。
【島手織り寿司】
taiasuIMG_7146.jpg
壱岐でとれた新鮮な魚、新鮮な野菜を使った
見た目も美しいネタは12種類以上。
自分で好きなように巻ものを作る手織り寿司。
巻きすの上に海苔を置き、海苔の上に酢飯を少なめに広げ、
具を乗せてハケで醤油をつけ、巻きすを持って一気に巻いて完成。
taiasuIMG_7142.jpg

taiasuIMG_7147.jpg

taiasuIMG_7148.jpg

taiasuIMG_7149.jpg

taiasuIMG_7150.jpg

taiasuIMG_7151.jpg

taiasuIMG_7152.jpg

taiasuIMG_7153.jpg

taiasuIMG_7138.jpg

壱岐ステラコート太安閣
ホームページ http://www.taiankaku.com
今西料理長考案の新郷土寿司『島手織り寿司』
寿司文化がどんどん盛り上がっていきますように。祈