ブログ / 神楽市場一覧

2018.03.14

ひじき干し

[乾物海藻神楽市場]

hijiboIMG_0882.jpg

壱岐のじいじが
刈り取ったヒジキを干していました。
茹でてから干して商品化されるものがほとんどですが

茹でずに干すとどうなるか?!
白いカビのようなマンニトールというものが現れます。
気持ち悪がる方も多いので一般的にはあまり販売されていません。

しかし、美味しいヒジキをご存知の方はこのヒジキを選びます。
時間が経過するほど
どんどんヒジキの味が濃くなって美味しくなっていくんです!

神楽市場で取り扱っている
にっぽんのひじき』は鹿児島県 桜島で茹でずに干したもの。
容器の中を覗くと白いものが見えますよ!

hijhiihijiIMG_4523.jpg

2018.02.27

うすいえんどう・ウスイエンドウ・ 碓井豌豆

[神楽市場青果]

usumIMG_7182.jpg

» 続きを読む

2018.02.21

金目鯛ちゃんのナカニクステーキ

[お肉料理神楽市場]

kinnakaIMG_7722.jpg
器:伊藤剛俊さん

旨味のある赤身肉。
火入れ加減でお好みの食感に。
お肉が食べたい!
そんな時にオススメの部位です。
残りは2塊です。

神楽市場
http://www.sumeshiya.com/ichiba/news/emeat-1.html

» 続きを読む

2018.01.22

いぶりがっこ・いぶり漬け

[神楽市場記録青果]

ibuIMG_6274.jpg

秋田県横手市山内(さんない)地方で
いぶりがっこ作りを見せていただきました。
凍える寒さの中、立派に育ったこの大根がメイン素材です。

正式名称は『いぶり漬け』
秋田弁で漬物のことを『がっこ』と呼ぶことから『いぶりがっこ』に。

» 続きを読む

2018.01.19

切り干し大根

[レシピ・recipe乾物神楽市場青果]

kiriIMG_8578.jpg

大根は野菜栽培量のトップの座を占めて、
日本の食卓には長年、何かしらの形で存在している野菜です。

切り干し大根はその保存食品版です。
千切りや薄切りにしてそのまま天日乾燥、もしくは乾燥機で乾燥させただけの
代表的乾物野菜。
一般的に、大根を保存・加工した製品を総称して干し大根と言いますが、
関西方面では千切り大根、関東では切り干し大根と呼ばれています。
どちらも同じものです。

» 続きを読む

2018.01.12

漆塗りの蝶ネクタイ

[神楽市場道具]

IMGurusi_4934.jpg

特別な日にさらりとつけたい蝶ネクタイ。
日本が誇る高岡漆器職人の手により
完全漆仕上げの蝶ネクタイが完成しました。
オシャレで品格のある男。
それは、男たちが皆憧れるゴールの一つです。

こちらの商品は「てしごとクラブ」さんが
プロモーションされた商品です。

IMG_49uure40.jpg

IMG_4udru941.jpg


《てしごとクラブとは》
『日本の美を世界に!』をコンセプトに
伝統工芸をプロモーションしています。
プロダクトを通じて「日本の美」を
多くの方々に知っていただきたいと思います。

日本には豊かな自然環境で採取された木や土や
植物を素材とし、様々な技法を使った、
個性的で魅力にあふれる多くの
「てしごと」があります。

「てしごと」は、
生産量は少なく形や色も一定でありません。
しかしながら、作った人の気持ちがこめられ、
大地の気が入っております。

「てしごと」を使うということは、
大地の気を感じ生活の中に調和させて
自分自身の未来のライフスタイルを
創りだすことでもあるのです。

《CONCERTO きっかけ》
日本の漆芸の技法はとても美しく。かつて漆器は
Japanと翻訳されました。
日本の漆芸技術と優れたデザインをあわせて
美しく、精巧で、ハレの日を飾るような、
何か見たこともない新しい商品ができないかなと
考え、パリのデザイン集団であるXylosが作成した
木製の蝶ネクタイを日本の伝統技術・漆塗り
を施し出来上がりました。
ストラップは京都の西陣織を使っているので、
意図することなく2つの伝統工芸産地の
コラボレーションとなりました。

《てしごとクラブさんから》
結婚式、パーティー、夕食会、海外出張、国際会議
など様々な場面で使うことができます。
外国人へのギフトにもとても喜ばれると思います。
いろいろなシーンで是非ご活用ください。

» 続きを読む

2018.01.09

牛の金目鯛ちゃん が酢飯屋に届きました。

[お肉寿司神楽市場]

emikiIMG_6085.jpg

牛さんのお肉でずっとお世話になっております、
群馬県渋川市の石坂牧場のEmeat(エミート)。

20180117_1916955.jpg

今回の牛さんの名前は『金目鯛』ちゃんです。
金目鯛ちゃんについての詳しい物語は
Emeatにっき よりご覧いただけます。

まずは個人的にも大好きなウチモモを送っていただきました。
酢飯屋にご来店のお客様の多くはご存知かと思いますが、
牛さんのお肉の寿司が出るタイミングで手渡される小冊子。
生産者である石坂豊さんがデザイン、文章構成、
写真も全てご自身で手作りされているあの小冊子。
今回はなんと全て違うデザインの表紙って!!
頻繁に母牛の出産に立ち会い、
産まれた子牛を赤ちゃんから育て、
日々日々体調を気にかけて育て、
出荷し、
屠殺場にまで出向き、
部位のカット方法を考え、
販売プラスαまで手がける彼が
マメにブログを更新し現場の状況を発信するだけでなく、
小冊子の細かい部分までこだわる。

届いた瞬間に、自分も新たなスイッチ入りましたよ。
自分が伝えたいことを、伝え届けることに命をかけること。
食材魂は、どれだけ機械化が進んだ未来でも
必ず人の心に残るものだと確信しました。

2018年の酢飯屋を支えてくれる牛さんは、金目鯛ちゃん。
どうぞその素晴らしい味わいを楽しみにいらしてくださいませ。

» 続きを読む

2017.12.11

肉厚特大・アナゴの一夜干し

[海の生き物神楽市場]

IMG_5257.jpg

【肉厚特大・アナゴの一夜干し2尾が送料込みで5,000円!!】
島根県大田市 ご縁があるのでしょう
もう、10回は行ってます!
この地、特有の漁スタイル
『一日漁(いちにちりょう)』で
水揚げされた新鮮で丸々と太った活〆の真穴子(マアナゴ)。
その日、海で泳いでいた生で食べられる鮮度のアナゴを
敢えて一夜干しにしてあります。
大きくても大味にならないアナゴ。
深層海水の天日塩だけで薄塩に干物にすることで
むしろ皮目の脂の旨味がジュワ〜と。
炭火、魚焼きグリルはもちろん、フライパンで調理出来てしまうのも魅力の一つです。
小学1年生の息子もかぶりつく旨さ。
生のアナゴを仕入れ、下処理をし、冷凍の送料込みでと考えると、
この価格はとっても良心的だと思います。

詳細、ご購入は
神楽市場ホームページよりどうぞ。
http://www.sumeshiya.com/ichiba/item/2.html

» 続きを読む

2017.11.21

中まで赤いリンゴ!?紅の夢(くれないのゆめ)

[神楽市場青果食遊び]

23874241_1658719227536695_732174836_o.jpg

ここ数年前から気になっていた
皮だけでなく、身まで赤いリンゴ。

どんな味わいなのかと食べてみたら、
すっぱくてサクサク。
なんと、自分の好きリンゴ系!

僕はすっぱいリンゴが大好きなんです。

» 続きを読む

2017.09.13

にっぽんのひじきPV(プロモーションビデオ)

[乾物料理海藻神楽市場]

その道のプロが集まって作ったら
結構しっかりと出来上がった作品。
音楽もオリジナル。
ロケ地は勿論、江戸川橋。


にっぽんのひじき「来週末の予定」篇 by 神楽市場


9月15日は【ひじきの日】。
昭和59年 三重県ひじき協同組合が制定
縄文時代から食べられている、
にっぽんのスーパーフード。
神様へのお供え物としても使われるヒジキは、
ただの海藻なわけがありません。
一体何なのか!?
是非、この機会に
今一度ひじきについて調べたり、
考えたりしてみてはいかがでしょうか?
ちなみに、当店で取り扱っているヒジキは
鹿児島県 桜島産 素干しのヒジキです。
火入れしておりません。
そのため、黒いひじきに白カビっぽくフワフワついている
マンニトールがヒジキの味をより熟成させて
美味しくしてくれています。
見た目より味という方にはオススメな一品です。

IMG_3hjiji357.jpg

店内でも販売しておりますが、
お取り寄せをご希望の方、
ご注文はこちらからどうぞ。
神楽市場(かぐらいちば)
http://www.sumeshiya.com/ichiba/item/hijiki.html


こちらは、
にっぽんのひじき「母の誕生日」篇 by 神楽市場

2017.08.18

ポップコーン・popcorn

[うつわ乾物神楽市場陶芸家青果食遊び]

popIMG_3184.jpg
器:村上祐仁

ポップコーンの作り方

しっかり乾いたとうもろこしを
一粒一粒バラバラにほぐします。

鍋にとうもろこしの粒々と
粒々が軽く浸るくらいの油(油の種類は風味のお好みで)。
今回は自家製ギーを使用。
弱火にかけて、2,3分ポンポン音が鳴り始めるまで待ちます。
弾け始めたら、鍋を振り振り。
音がしなくなったら、全てのとうもろこしの粒が弾けた証拠。
これで完成です。

» 続きを読む

2017.08.09

Bean to Chocolate Banana Ice

[レシピ・recipe料理神楽市場食遊び]

chobaIMG_3105.jpg

「 Bean to Chocolate Banana Ice 」
(生のカカオ豆を焙煎しチョコバナナアイスにすること)

まずは
《生のカカオ豆から作るチョコレートレシピ》

1. カカオ豆をローストします
  120° のオーブンで30分、140°に上げて6分。
※ローストする前に少し水で豆を洗い、水分を軽く拭き取って
  からローストするとカカオ豆の皮が剥きやすくなります。

2. ローストしたカカオ豆の皮を剥きます
  甘栗を剥くように指の腹を使って豆を押し「ピキッ」という
  音がしたら、皮が剥きやすくなります。
  ※皮を取った豆のことをカカオニブと言います。

3. カカオニブをフードプロセッサーなど微粒化できる機械で
粉砕します。粉砕を続けると、カカオニブに含まれている
カカオバターが溶け出し、次第にペースト状になってきます。
 これがカカオマスと言われる状態で、カカオ100%の状態です。

4. カカオマスにお好みの量のお砂糖を加えます。
おすすめの分量は(カカオ7:砂糖3 )です。
 粉末のミルクなども、お好みで。
  ※ただし、液体は入れないでください。
カカオバターと分離してしまい、うまく混ざりません。
  ※蜂蜜なども基本的に使わないほうがいいです。

5. 完全に混ざり切ったらお好きな型に流し込み冷蔵庫で
冷やし固めます。

6. 型から外し、完成です。

が、
今回は、その途中でバナナと生クリームを練りこみ、アイスにします。

» 続きを読む

2017.06.28

わかめとキュウリの酢の物

[うつわレシピ・recipe乾物神楽市場]

IMG_wakame2121.jpg

【わかめとキュウリの酢の物】

材料
乾燥わかめ 8g(鳴門のうず潮ゴリゴリわかめ推奨)(※8gのワカメが水戻し後120gほどになります。)
キュウリ 1本(100g前後)輪切り
二十日大根1つ(10g前後)輪切り
生姜20g 千切り(ちょっと辛めに仕上がります。)
塩1g(塩もみ用)
酢30ml(純米富士酢 推奨)
砂糖30g(黄金糖推奨)

kaisoIMG_4520.jpg

作り方
(1)乾燥わかめをたっぷりの水で10分から15分水戻しします。

wakameS__13508613.jpg

(2)酢と黄金糖を合わせてしっかり溶かし甘酢を作っておきます。
(3)キュウリは輪切りにして小さめのボールで塩もみしておきます。
(4)二十日大根は薄めに輪切り、生姜は千切りにして中型のボールに入れます。
(5)水戻ししたワカメの水気をしっかり絞り(4)のボールに入れます。
(6)キュウリから出た水分をギュッと絞り(4)のボールに入れます。
(7)甘酢を入れて良く和えて30分ほど冷蔵庫で味をなじませて完成。

wakameIMG_2119.jpg

wakameIMG_2120.jpg
器:松本かおる

ゴリゴリわかめという名前を付けた理由は、
噛んでいただけますとすぐに納得いただけると思います。
噛んでいる自分以外の周りの方にも聞こえるほどのゴリゴリ音。
是非、食卓の定番メニューにどうぞ!

鳴門のうず潮ゴリゴリわかめのご注文は神楽市場からどうぞ。

2017.06.19

ぬか漬け・糠漬け

[うつわ神楽市場青果]

kyu.jpg

お米の約8割の栄養が糠(ぬか)の中に含まれていると言われています。
玄米を良く噛んで食べると、
お米の栄養を存分に摂取することができるわけですが、
精米したお米を日常的に食べるなら
ぬか漬けのぬかはやっぱり一緒に食べたいところ。
結局お米の外側にお世話になるわけですね。

» 続きを読む

2017.06.04

ひじきごはん

[うつわ乾物海藻神楽市場記録]

matuhijiIMG_1570.jpg
炊き込みご飯は
大人も子供も大好きです。
こうすれば、子供達もあっさりひじきを食べてくれます。

身近な食材だけれども
縄文時代から日本人を支えてくださっている
ひじき様。

日本人がもっともっと勉強すべき食材の一つだと思う。

ひじき:鹿児島県 桜島 竹ノ下鈴子さん
うつわ:松本かおる

2017.06.03

ぬかごと食べるぬか漬け

[栄養学神楽市場調味料青果食遊び]

nukanuIMG_1381.jpg

うちは皆、ぬか漬けは、糠ごと食べます。
この糠の中には

» 続きを読む

2017.05.20

OVE 南青山

[スーパーリンク乾物神楽市場]

神楽市場の人気乾物。

3CE642FB-3DB9-45DD-B127-95A3146B2218.jpg
・鳴門のうず潮ゴリゴリわかめ
・にっぽんのひじき
・陸前高田発 太切り干し大根

が光り輝いています。

50042cb6769cc.jpg

東京都 港区 南青山。
是非行っていただきたいお店。

524bd09bd9d72.jpg

524bd09bdb8c8.jpg

524bd09bdd038.jpg

食材に対しての敬意、愛がその一皿から伝わってきます。
フードセラピスト杉山映美子さん、いつも美味しく料理してくださり
本当にありがとうございます。

OVE 南青山
ホームページ http://www.ove-web.com/minamiAoyama/

2016.11.25

旅する乾物 

[神楽市場]

外国土産には、もってこいの乾物類。
にっぽんのひじき】が今日もまたあの国へ旅立っています。


ラオス メコン川
20160109111751.jpg


» 続きを読む

2016.11.16

美味し過ぎるひじき

[乾物神楽市場記録]

先日、大人用に
ちょろっとひじきを煮ておいた。

6歳、3歳の子供達は、きっと
『いらない』、『食べない』、と
口にもせずに言うだろうと思っていたので。

がしかし、その真逆現象が起きたのである!!!!!

hijiIMG_8532.jpg

ご飯にてんこ盛りしてムシャムシャいってる。
そして、

『これ、うますぎる。』 と!!

今、何て言った?(What did you say?)

人に食事を作ったとき、一番嬉しい言葉が『おいしい!!』
この最上級『うますぎる。』というお言葉を
息子に言われた時の気持ちは、ずっと忘れない。

また今日もひじきを煮ます。

今回のひじきは、こちらの『にっぽんのひじき』です。

hijihijiIMG_4523.jpg

2016.11.03

佐賀 一の塩ラスク

[当店のスイーツ神楽市場]

shioIMG_8663.jpg

酢飯屋の人気お土産
堂々第1位を誇る『黄金糖のラスク』に
日本各地の美味しい塩を振りかけて仕上げる『塩ラスク』。

今回は佐賀県の【一の塩】さんのCRYSTAL PRO あら塩タイプで絶妙な塩加減に仕上げた
『佐賀 一の塩ラスク』。

そして、パッケージデザインは
佐賀県を代表するアーティスト【ミヤザキケンスケ】さんにお願いしました。

バルーンフェスタでも有名な佐賀県。

佐賀平野にたくさん浮かぶ熱気球を

ミヤザキさんならではの色使いで仕上げてくださいました。

毎月、数量限定で生産しておりますので
店頭で見かけましたら、是非お買い求めくださいませ。

» 続きを読む

2016.09.22

かかお・カカオ・Theobroma cacao(ガーナ)

[神楽市場青果]

IMG_2315.jpg
こちらが生のカカオポッド(実)。

» 続きを読む

2016.07.10

パンデピス

[スイーツ神楽市場]

panIMG_4105.jpg

たっぷりの蜂蜜(総重量の50%)とスパイスが入ったフランスの伝統菓子、パンデピス。
バターや油分は含まず、ずっしりしっとりしたスパイス香る大人の焼菓子です。

甘すぎないので甘いものが苦手な方にもオススメです。
焼き菓子の枠を超えて、色々な食べ方を楽しむことができます。

《色々な食べ方のご提案》
 薄く(5~7ミリ程) にスライスして
・チーズ、生ハム、などお好みでのせてオードブルに。
・軽くトーストし、バターやマスタードなどを塗ったり、
  アイスクリームを添えても美味しいです。
 黒ビールやワインのおつまみにもぴったりです。
 
硬くなってきたら
 ・角切りにして、煮込み料理などに入れ一緒に煮込む。
 ・フードプロセッサなどで粉末にしてアイスクリームや
  ヨーグルトのトッピングに。

《保存方法》
 ・開封後はラップで包んで直射日光を避け、冷暗保存。
 ・冷蔵庫に入れると硬くなるためオススメしません。
 ・冷暗保存で1ヶ月、日持ちします。

《ご注意》
 ・油脂を含まず、生地の粘土が強いため、部分的には大きく
  気泡が入っている場合がございます。
 ・蜂蜜を多量に使用しておりますので、1歳未満のお子様は
  食べられません。

» 続きを読む

2016.07.09

マスタード

[神楽市場青果]

大分県 豊後高田市
花の岬『香々地(かかじ)』の自家栽培マスタードシード。
種類はイエローマスタードです。
お魚、お肉、お野菜と、どの食材とも抜群の相性のこの粒々。
カラシ菜の種です。
             
IMG_4421.jpg

» 続きを読む

2016.07.04

オオノ農園の落花生100%ペースト

[神楽市場青果]

rIMG_4734.jpg

落花生の中でも最高級品質と言われる千葉半立種を100%
使用したペーストです。旨味が濃く香ばしい風味が特徴です。
無糖ですので、トーストに、お菓子作り、和え物、
ポン酢に溶いてしゃぶしゃぶのタレに!
色々なお料理にお使いいただけます。

» 続きを読む

2016.06.25

銚子つりきんめ鯛の生粕漬け(株式会社 銚吉屋)

[スーパーリンク海の生き物神楽市場]

銚子が地元の友人らと
金目鯛で銚子を盛り上げようと立ち上げた
『金目鯛プロジェクト』(現、株式会社銚吉屋)。

とにかく、金目鯛漁師さんに会ってお話しが聞きたくて、
皆で銚子に向かいました。

到着していきなり、金目鯛漁師さん宅にて、金目鯛料理の洗礼です。
taiIMG_2570.jpg

» 続きを読む

2016.03.22

ミニそら豆

[神楽市場青果]

10994733_917542638279680_732405680_n.jpg

毎年3月になるとやってくる、
鹿児島県 喜界島の在来種の『ミニそら豆』。

ゴマ農家の田向利恵子さんが
自然農法のゴマを栽培し、収穫した後の同じ畑で育てたお豆です。

通常のそら豆よりも小粒ながら、
しっかりとした味わいがあり、
春のお料理を可愛く引き立ててくれます。

ちなみに、
上に向かって伸びるから
漢字では、空豆や天豆と書きます。

» 続きを読む

2016.03.16

杉俣紘二朗 謹製 粉黒糖

[神楽市場青果]

鹿児島県 喜界島(きかいじま)

ゴマで有名な
アルカリ性土壌のこの島で
日本で初めて、
有機栽培でさとうきびを育てて、黒糖を作り上げた男がいる。
こちら、杉俣紘二朗(すぎまたこうじろう)。

DSC_9556.jpg
(photo by 小澤亮)

この満面の笑みが、
真面目に作られた黒糖と掛け合わさるのだから
まずもってガードを緩めてしまうが、
そこに どストレートに美味しすぎる黒糖を
口の中に放り込まれると
誰しもノックアウトしてしまうのが彼の作品。

杉俣紘二朗 謹製 粉黒糖

img0076(kona-kokuto).jpg

こんなに優しくて美味しい素材が存在するなんて。

僕たちが作り出すお寿司は
時に味に力強さも求められ、時に繊細さも求められる。
その両方に杉俣さんのような優しさを加えるべきで。

口にした途端、笑顔になってしまうあの感覚は
杉俣さんの黒糖も僕たちのお寿司も同じカテゴリーに入れたいところ。

2006年に地元の東京から喜界島へIターン。
島の美しい環境や、島民の方々の優しさに惚れ込んで
島に移り住みサトウキビ栽培と黒糖作りを始めたそうです。

まずは、
綺麗すぎる写真を撮りまくっている、小澤亮くんの写真を前半ご覧いただき、
その後、
神楽市場の人気商品でもある
杉俣紘二朗 謹製 粉黒糖』についてのご説明もさせていただけたらと思います。

» 続きを読む

2016.02.29

あこやがい・アコヤガイ・阿古屋貝・Pearl Oyster・Pinctada fucata martensii

[寿司海の生き物神楽市場]

アコヤ貝。
真珠貝の学名です。
ウグイスガイ目 ウグイスガイ科に分類される二枚貝の一種で
真珠養殖に利用される「真珠母貝」の一つです。

AKOYAIMG_1623.jpg

» 続きを読む

2015.05.29

黄金糖のラスク世界の旅

[神楽市場]

酢飯屋の大ヒットスイーツ
『黄金糖のラスク』

日本全国のみならず
世界中にお土産として飛び立っております。

前回のニューヨーク、ドバイ、南アフリカ、グアムに続き

今回は酢飯屋スタッフの有馬さんがハワイということで
恥ずかしいとか気にしないで撮影してくださいました。
どこの国でも黄金糖のラスク。
酢飯屋愛が嬉しいです。

【ハワイ編】
IMG_0934.jpg
Hawaii Waikiki(ワイキキ)

» 続きを読む

2015.05.26

川原田農園のいちじくペースト(三重県 津市 )

[神楽市場]

三重県 津市
いちじくを専門で栽培、加工、販売までを行っているのが
『川原田-かわらだ-農園』さんです。

当店オリジナルで作っていただいている
【川原田農園のいちじくペースト】は
無農薬、廃液を外に出さない、環境に配慮した栽培方法で作られたいちじくを使用しています。
ビニールハウス栽培をすることで、
周りから飛散してくる農薬をも防御しています。

» 続きを読む

2015.02.10

黄金糖 -おうごんとう- ヌーボー2015入荷しました。

[神楽市場]

もちろん砂糖にも出来たてがあるわけで。
今年もこの出来たてをドドーーーンと800kg入荷しました。
この柔らかい甘味は粗糖独特の甘味。
どうせ糖類を摂るのであれば
ミネラルを多く含んだこの粗糖『黄金糖-おうごんとう-』をお勧めいたします。
日頃のお料理の煮物、炒め物、コーヒー、紅茶、お菓子作りにも
相性が良いです。
酢飯屋の自家製ジュース、アナゴ、玉子焼き、ラスク、サブレなどなど
大変重宝しております。

IMG_8168.jpg

» 続きを読む

2014.11.12

芋菓子・芋せんべい

[当店のスイーツ神楽市場]

imogashiimosenbeiIMG_4971.jpg

瀬戸内海に浮かぶ岩城島の銘菓『芋菓子』と『芋せんべい』。

一般的には「芋けんぴ」と呼ばれていますが、地元では「芋菓子」と親しまれ
けんぴほど硬くなく、外はカリッと中はホクッとした芋らしさが残っています。

» 続きを読む