ブログ / 淡水魚一覧

2019.02.17

びわます・ビワマス・琵琶鱒・Oncorhynchus masourhodurus

[淡水魚]

bwms30.jpg

サケ目サケ科タイヘイヨウサケ属サクラマス種ビワマス

滋賀県、琵琶湖固有の淡水魚で、
『琵琶湖の宝石』とか『マス類の女王』とも言われています。
大きいものでは50cm以上にまで育ちます。
秋に周辺の川で生まれた稚魚は翌年の初夏に琵琶湖へ下り、
エビ類や鮎を食べながら約2〜4年回遊して
10〜11月に故郷の河川を遡上して産卵します。
エビ類を多く食べた個体は身の朱色が濃くなります。
初夏から夏にかけてが旬で、
10〜11月は禁漁期です。
絶対量が少ない魚です。
2010年から養殖が行われるようになりました。
養殖のビワマスはヒレの先端が丸いのが特徴で、
天然のビワマスはヒレの先端が尖っているのが特徴です。

秋に雨で増水した川を大挙して遡って産卵するため、
この時期のビワマスは『雨の魚(アメノウオ)』と呼ばれます。
琵琶湖周辺の郷土料理として
ビワマス1尾をまるまる炊き込んだ『アメノウオご飯』があります。

ビタミンEの100倍の抗酸化作用を持つカロチノイド系色素の一つ
『アスタキサンチン』と脂肪酸(DHA,EPA)を豊富に含んでいます。

» 続きを読む

2019.02.15

すいぞくかん・水族館・Aquarium

[動物岡田イズム昆虫植物海の生き物淡水魚湖魚生き物記録]

churaIMG_8664.jpg

水族館や動物園は
普段、身近で出会うことが出来ない生き物たちを観察することで、
その能力を尊重し、
自分という人間の能力の未熟さを振り返る場所である。
いつもそう思う。

岡田大介
_____________________________


世界初の水族館はロンドン動物園

日本初の水族館は
1882(明治15)年 上野動物園の水族館「観魚室(うをのぞき)」

現存する日本最古の水族館は
1913年創立の魚津水族館(富山県)

日本には現在315館前後の水族館があります。

一般的に魚に必要な溶存酸素は3mg/L。
良好な状態を保つには5mg/L以上が望ましいと言われています。

魚はphにも左右されます。
川の水は弱酸性~中性、海の水は弱アルカリ性です。
PH値は「7.0」を基準に測定されます。
7.0より小さいと酸性、大きいとアルカリ性を示します。
大概の海水魚飼育に適したPH値は[7.8~8.8]ちょいアルカリ性です。
無脊椎水槽(サンゴ水槽など)や、エビや貝のいる厳しい水質管理が要求される水槽の場合は[8.2~8.4]の範囲で飼育する事が望ましいです。
魚によっても適合PH数値が若干異なります。

日本沿岸の塩分濃度は3.2〜3.5%ほど。
つまり海水1kg中に32〜35gの塩分があります。

2019.01.25

仙台うみの杜水族館

[海の生き物淡水魚湖魚生き物]

sndi6781.jpg

さぁ
いのちきらめく、
うみの杜(もり)へ

» 続きを読む

2019.01.15

さかな・サカナ・魚・Fish

[海の生き物淡水魚湖魚生き物記録釣り・Fishing]

jinIMG_3363.jpg

【魚の体】
前に進む力は、からだ全体を左右にふることでうまれます。
尾ビレは8の字をかくことで前進する力を助けます。
背ビレや尻ビレで、左右のゆれをふせぎます。
胸ビレを大きく横に張れば、からだ全体のバランスがとれて安定します。
胸ビレはボートのオールのように、尾ビレは梶(かじ)のように
水の抵抗を利用して方向を変えます。

» 続きを読む

2019.01.14

新潟県 村上市(Murakami City, Niigata Prefecture)

[うつわお米お肉レシピ・recipe動物寿司岡田イズム料理日本酒海の生き物淡水魚生き物神社記録調味料道具釣り・Fishing]

新潟県村上市は、新潟県で一番北に位置しています。
山形県鶴岡市との県境です。
新潟県で一番広い面積をもちます。

20代の頃に鮭の遡上を見にきて、感動したこの場所に、
10数年ぶりにやってきました。
自分が村上で出会ったもの(サケ関連を中心に)を少しずつご紹介させていただきます。
詳しくは、それぞれのリンク先に飛べるようにしてあります。

IMGjapan_3040.jpg
ちなみに、冬の日本海に来て
気を引き締められなかったことはないです。

» 続きを読む

2019.01.09

海響館(かいきょうかん)・KAIKYOKAN

[海の生き物淡水魚湖魚生き物]

kkk469.jpg

山口県 下関市立しものせき水族館 海響館(かいきょうかん)

『世界の約70%の感動は、水の中にある。
水の世界を旅しよう。』

がコンセプトです。

» 続きを読む

2019.01.04

ピラルクー・Pirarucu・Arapaima gigas

[淡水魚]

pk53.jpg

アロワナ目アロワナ科ヘテロティス亜科アラパイマ属ピラルクー

南米のアマゾン川流域に生息しています。
世界最大級の淡水魚です。
3〜4mくらいにまで成長します。
現在は数が減少してきているので、保護されると共に
環境配慮型の養殖への取り組みも行われているそうです。

» 続きを読む

2018.12.26

スカラレ エンゼル・Pterophyllum scalare

[淡水魚]

se86.jpg

スズキ目ベラ亜目シクリッド科エンゼルフィッシュ属スカラレエンゼル

エンゼルフィッシュの1種で、
現在流通しているエンゼルフィッシュの改良品種の母体となった野生種です。
1823年にブラジルで発見されました。
1910年頃にはドイツで趣味としての飼育が始まり、
日本へ入ってきたのは1930年頃といわれています。

南米のペルー、コロンビア、ブラジルにまたがるアマゾン川流域に生息。
エンゼルフィッシュ野生種の中では最も多く輸入されていて、
単にワイルドエンゼルとして流通することも多い。
アマゾン流域に広範囲に棲息しているため、大きさ、体色、体形、スポット模様と多くの変異がある。

» 続きを読む

2018.12.04

ポルカドット スティングレイ・polka-dot stingray・Potamotrygon

[淡水魚]

pd595.jpg

トビエイ目ポタモトリゴン科ポタモトリゴン属ポルカドットスティングレイ

アマゾン川の支流、シングー川に生息する固有種の淡水のエイです。
成長すると丸い部分(体盤(たいばん))だけで60cmを超えます。
黒地に白い水玉の模様や、よく人に馴れるため、人気の観賞魚です。
強い毒のある尾のトゲは定期的に抜け替わります。
川底にすむ甲殻類や小魚を包み込むようにして捕らえて食べます。
写真で見るとアメイジングなデザインですが、
川の中で出会ったら、体全身、鳥肌が立ちそうなデザインですね。

» 続きを読む

2018.11.27

死んだメスを悲しむオス

[岡田イズム海の生き物淡水魚生き物]

knsiosIMG_2915.jpg

サケは基本的にはオス:メス=1尾:1尾でカップルが成立する魚です。
しかし、サケは全体的に
メスよりもオスのほうが1,2割多いと言われていて
オスは独り者になりたくないので、すでにカップルになっているオスに噛みつき
メスを奪おうとします。
負ければメスは奪われてしまいます。
サケの歯はよく見るととても鋭い形をしています。
また、オスは男前になろうとアゴがシャクレてきます。
シャクレているオスの方がメスを射止める確率が高いそうです。
ちなみに僕は人間ですが、少しアゴがシャクレています。

» 続きを読む

2018.11.19

小川原湖(おがわらこ)

[海の生き物淡水魚湖魚]

lkIMG_4230.jpg

青森県東部
下北半島の太平洋側基部に位置する汽水湖が
『小川原湖(おがわらこ)』です。

広さは全国で11番目。
高瀬川によって太平洋とつながっています。
地元では宝湖(たからぬま)といわれるほど漁獲量が豊富で、
シラウオ、ワカサギは全国第一位、シジミ貝は第三位の漁獲高です。
そのほか天然ウナギやコイ、フナ、ボラ、サヨリ、沼エビ等が獲れます。

野鳥の宝庫でもあり、
三沢側湖岸の仏沼では幻の鳥「オオセッカ」も生息しています。
冬は渡り鳥の飛来地としても有名で、
小川原湖に飛来する白鳥は県の天然記念物に指定されています。

2001年には岩、カラス貝に付着した着生糸状(ちゃくせいしじょう)体のマリモが発見されました。マリモは丸いものだという認識ですが小川原湖のマリモは丸くなく、糸状であることが特徴です。

» 続きを読む

2018.11.10

鮭の塩引き

[乾物料理海の生き物淡水魚]

46949300.jpg
今回お世話になったのは、『千年鮭 きっかわ』さんです。
この風景、みなさまも一度はテレビや雑誌など、どこかで見たことがあるのではないでしょうか?
鮭料理の横綱『鮭の塩引き』です。
※尾を上にして梁(はり)に吊るされた、この贅沢な光景は一年中見学できるようになっています。しかも無料です。

» 続きを読む

2018.11.09

鮭(サケ)の赤ちゃんと目が合って興奮。

[淡水魚]

ungtmgIMG_2809.jpg

三面川漁協では
毎年1000万粒の鮭の卵を採卵目標としています。
そのうち、孵化するのは8割ほどだそうです。

捕まえたメスは、成熟したものと未成熟のものとに分け、
未成熟のメスは成熟するまで数日間蓄養し、その後採卵します。

採卵は、親サケの腹を圧迫して、しぼりながら卵をとる搾出法と
腹を切って卵をとる切開法があります。
切開法は、全部の卵を取り出せるので広く行われています。
親サケを乱暴に扱ったり、驚かせたりすると、卵が孵化しても
奇形が出るそうで慎重に扱うそうです。

1回の受精は、採卵盆に取り出したメス10尾分の卵に対して、
オス2〜3尾分の精子をかけ、手で静かにかきまぜます。
精子は、接水直後に活発に動き出し、
約30秒ほどで活動を終えます。
その間に、受精が行われます。
受精が完了した卵は、振動に大変弱く、慎重にあつかいながら水洗いし、
血液や汚物を取り除きます。
その後、40〜50分そのまま置き、卵がたっぷりと水を吸収してから、
孵化槽に入れます。


» 続きを読む

2018.11.08

鮭(サケ)の居繰網漁(いぐりあみりょう)

[海の生き物淡水魚釣り・Fishing]

iguriamiryoIMG_2556.jpg

こちらも村上のサケ漁の一つです。
居繰網漁は、現在では三面川だけに残る江戸時代から伝わる伝統漁法です。
『小回し舟』という川舟3艘(そう)で行います。
3艘のうち2艘は網を操りながら川下に八の字で下ります。
もう1艘は、2艘の舟の間に追い込みます。
鮭が網にかかると双方の漁師が網を上げて鮭を捕らえます。
これもまた、鮭が上流へのぼる習性を利用した漁法です。
10月の中旬から12月上旬、
村上の秋から初冬にかけての風物詩です。

Iguri-Ami Ryo(traditional salmon fishing method)is now performed only around Miomote River since the Edo Era.
Iguri-Ami Ryo is done by three river fishing boats called Komawashi-bune. Two boats of the three go downstream forming a V shape and drawing a fishing bet between them.The third boat, ahead of the two, urge the salmon into the net. When the salmon get into the net, the two boats raise the net with the salmon and catch them. We can view the salmon fishery from autumn to early winter.

» 続きを読む

2018.11.08

鮭(サケ)の一括採捕(いっかつさいほ)・All round salmon up

[海の生き物淡水魚釣り・Fishing]

ikkatsuIMG_1383.jpg

こちらも村上のサケ漁の一つです。
川幅いっぱいに設置された『ウライ』と呼ばれる柵で川をせき止め、
鮭の上流へ向かう習性を利用して、2カ所だけ開いている『落とし柵』と呼ばれる
鉄柵の中に遡上してきた鮭を捕獲する漁法です。

Ikkatsu Saiho(all round-up)is one of the salmon fishing methods for artificial hatching growth. We hamper the way of the salmon, which have the custom to go upstream,With a dense iron fence called『Urai』,which is the full width of the river and is open in only two places.
The open spaces are called 『Otoshi-saku』and all of the salmon fall into them to be caught.

» 続きを読む

2018.11.05

鮭(サケ)のオスとメスをすぐに見分ける方法

[海の生き物淡水魚]

kodoryoIMG_1058.jpg

最初はパッと見て、すぐに判断するのが難しいサケのオスメスの見分け方ですが、
以下の特徴を覚えておくと簡単に見分けがつきます。

» 続きを読む

2018.11.05

鮭(サケ)のメス

[海の生き物淡水魚]

mesunosakeIMG_2480.jpg

男性諸君、お待たせしました。
鮭(サケ)のメス ヌード写真集 いよいよ公開です。

» 続きを読む

2018.11.05

鮭(サケ)のオス

[海の生き物淡水魚]

osunosakeIMG_2495.jpg

鮭(サケ)のオス
ヌード写真集 公開。

» 続きを読む

2018.11.03

鮭(サケ)のコド漁

[海の生き物淡水魚釣り・Fishing]

kodoryoIMG_1049.jpg
新潟県村上市
日本海が目の前に見える河口付近。
ここ、大川の鮭漁は
古くから伝えられている「コド漁」という漁法で行われます。
この漁法は、他地域でも見たことない大川独特の漁法です。
コド漁の最盛期は、9月から12月中旬、大川の河口付近はコドでうめつくされています。

» 続きを読む

2018.10.31

鮭(サケ)のテンカラ漁

[海の生き物淡水魚釣り・Fishing]

sake-tenkaraIMG_1019.jpg

新潟県村上市
様々な漁法があるサケ漁の中の一つが『テンカラ漁』です。
川を遡上する鮭を『テンカラ』と呼ばれる針で引っかける漁です。
テンカラは3本の針をイカリのように組み合わせたもので、
釣り針とは思えない大きさです。

Tenkara Ryo is another salmon fishing method using a unique fishing hook called Tenkara. They hook up salmon going upstream with them.
Tenkara consists of three round hooks and looks like an anchor.
It is so big that they may not be able to recognize it as a fishing hook.

» 続きを読む

2018.10.21

オオクチバス・Largemouth bass・Micropterus salmoides

[淡水魚釣り・Fishing]

bassIMG_0825.jpg

スズキ目サンフィッシュ科オオクチバス属オオクチバス

通称『ブラックバス・Black bass・Micropterus』

第1投目で勝負がついた。
We won by the first throw.

» 続きを読む

2018.09.04

寿司職人目線で『豊洲市場』開場前の 様子をレポートしてみました。

[うつわ乾物寿司岡田イズム海の生き物海藻淡水魚記録調味料青果]

toyoshitaIMG_9608.jpg
2018年10月11日 豊洲市場(とよすしじょう)開市目前
慌ただしくなる前の様子をじっくりと見学させていただきました。

» 続きを読む

2018.08.21

もくずがに・モクズガニ・藻屑蟹・Eriocheir japonica

[海の生き物海藻淡水魚生き物食遊び]

tugaIMG_3429.jpg

川の水が引いた。

何かしら生き物が見たい、触れたい、捕まえたい。

時に優しく、時に残酷に。。

これが男の子。

今回はモクズガニ(西日本ではツガニと呼ばれたりしてます。)

» 続きを読む

2018.07.20

壱岐のじいじとばあば・子供達の記録・釣った魚でごはん作り

[動物岡田イズム料理淡水魚生き物記録釣り・Fishing食遊び]

ikiIMG_2823.jpg
長崎県 壱岐市
東京、豊洲で25年過ごした後、
定年を期にUターンされた、
妻のご両親の秘密の住処『浜の家』。
自家菜園を持ち、目の前が海という理想的な生活スタイル。
収穫したての紫パプリカやオクラ、ビーツ、トマト、
朝どれケンサキイカやアオリイカ。
いつもご馳走さまです!
毎年の壱岐時間に感謝いたします。

10567550_742018109193018_1382557438_n.jpg
2014年7月今年も、島の沢山の方々に
大変お世話になりました。
ありがとうございました。
『神道発祥の地』であり、
『東アジア最古の船着場跡』があり、
『魏志倭人伝』にも登場する【壱岐-いき- 】。
この歴史深い壱岐には、
僕たちの未来のヒントが
沢山あります。
是非、皆様もご来島下さいませ。

ikiIMG_4943.jpg
壱岐に着いたらまずは本家にご挨拶に。
子供達の
木魚を叩く撞木(しゅもく)と鈴(リン)棒を両手に持って
ポン、チン、ポン、チン、ポン、チーン、ポン、チンの
連打でのご挨拶すみません。2015年7月

ikiIMG_7329.jpg
2016年9月
遅めの夏休みで今年も壱岐に。
前入りしていた子供達とジイジとバアバが
博多港からのジェットフォイルの到着の時間に合わせて
僕と妻を迎えに来てくれました。

ikiikiIMG_7330.jpg
3日間離れていただけなのに、
すっかり島の子になっている次男。
それでいいのだ。

ikiikiIMG_7344.jpg
到着後まずは即、子供達から虫捕りイコウヨの洗礼。
いくらでもいくぜ。夏休みなんだから。

hanaIMG_7383.jpg

ikiikiIMG_7333.jpg
昨年は手で持つことも出来なかったバッタを掴み、
トンボもイケるようになっている。
そうやって目に見える成長は、どんどんフォローしたい。

ikiikiIMG_7341.jpg

tonosamabattaIMG_7373.jpg
次男もトノサマバッタ持てるようになりました。
これが、男としての成長です。
頑張ったね。

tonosamabattaIMG_7376.jpg
しかしデカイです。
羽ばたく時の音が小さいヘリコプターばり。

ikiikiIMG_7336.jpg
浜の家でお昼ご飯。

【浜の家とじいじとばあばの凄いところ】
・野菜はほぼ自家菜園(もちろん無農薬)
・麹を作っている
・なのでお味噌も当たり前に手前。
・ジイジが物々交換の神様なので、日々魚を捌いて食べている。
・天然酵母(ぶどう系)を自分で作っている。
・なので、パンは基本的には自分で焼いている。
・ジャムの類は手作りに決まっている。
・イカめしが美味しすぎる。
・自家製トマトジュースはバアバ達が豊洲に住まれている頃から天日干し、湯剥きして煮込んでいる。(ちなみに豊洲にいる頃から江東区に畑を借りて色々栽培している。)
・カスピ海ヨーグルトの粘りが、それの全盛期よりも増している。
・魚の内臓は海に、その他の生ゴミは畑に、燃えるゴミは燃やしている。
・もう一度、イカめしが美味しいすぎる。本当に。もち米の分量の加減と味付けがもう完璧。(もちろん、レシピは無い系)
・お手製のところてんがまた絶妙の美味さヤバス。
・キリが無いほど、楽しい食生活を送っている。

海と田畑がある生活は、これだから羨ましい。
人間らしく生きること。
これ、毎年書いてますね。。。

ikiikiIMG_7355.jpg
やっと寝てくれた。
早朝から晩まで昼寝をすることも忘れて
一日中遊んでいる。
6歳、3歳は、それでいいのではないかな。
そして、明日も
早朝から晩まで遊ぶ。
僕たち夫婦には、自分の時間などほとんどない。
なので
子供たちと一緒にいる時間に自分の人生を光らせれば良い。

makiIMG_7387.jpg
来季用の薪が倉庫だけでなく、海沿いにも
すでに今年もバッチリ用意されていました。
九州ですが、壱岐の冬は寒いです。

ikameshiIMG_7527.jpg
今年の壱岐で、一番美味しかった味が
カオルお母さんの『いかめし』。
いかめしで感動したのは、初めてです。

ikiIMG_5267.jpg
とある日の壱岐の朝。
マグロとイカの朝食。
王道なようで、まだまだ深いこの食材。
掘り下げないとなぁ。
『一生修行の世界ならそれを楽しむ人生に』
これは僕が若い頃に書いていたブログのタイトルです。

ikiDSC_0267.jpg
キンショウメロンとマクワウリ、スイカ。
気がつくと誰かが何かを持って来てくれる。
そんな人間関係を築けるお父様、お母様のお人柄からは
学びが沢山あります。
野菜は自家農園、果物はご近所さまから
魚は漁師さんから。
日本人のあるべき姿が
壱岐には当たり前のようにたくさんあります。

ikiDSC_0270.jpg

ikiIMG_5029.jpg
家の目の前の海がこんなことになってます。
しかも魚種が豊富。
皆様の家の前がこんなだったらどうしますか?
海に入りたくなりますよね?
魚を獲りたくなりますよね?
魚が獲れたら、食べたくなりますよね?
寿司を食べたくなりますよね?
寿司を握りたくなりますよね?
じゃあ、
寿司職人になればいいんじゃないですかね?
酢飯屋は
寿司職人を志す人を応援します。

ikiIMG_5011.jpg
この日は地元のスーパー『マルエー』さんで
『マグロの解体ショー』があるということで
寿司職人の顔を隠し、完全に一般客を装い
コワモテのおじさん達の間に肩を入れて
解体風景の写真撮りまくってやったぜぇ〜。
そして一般客として
解体したてのマグロを購入して帰ったぜぇ〜。
味見したけど美味しかったぜぇ〜。

ikiIMG_5013.jpg

ikiIMG_5015.jpg

ikiIMG_5014.jpg

ikiIMG_5018.jpg

ikiIMG_5024.jpg
こちらが
マグロの解体手順。
是非みなさんも一度は
やってみてね!

ikiIMG_5020.jpg
長男はこのまま魚好きで行くと
凄い目利きの職人になるが
途中、人生色々あるだろうけど
パパは、寿司職人はオススメしちゃう^^!
いや、自分がやりたいことをやればいいよ。

ikiIMG_5019.jpg

ikiIMG_2887.jpg
早朝散歩。
朝日に当たるだけで
パワーがいただける。
太陽さんありがとうございます。
壱岐のお米『にこまる』。

11780443_928825993845561_643440566_n.jpg
この小さなフレームの中に
何種類の植物と昆虫が共生しているのか。
私たち人間も
小さな世界の中で
仲良く共存していきましょう。
そんなメッセージを今朝の散歩で受け取りました。

iki2016IMG_7520.jpg
【壱岐でおうち寿司】
今日は
とっても美味しそうな2kgほどのマサバがお魚屋さんにあったので、
シメサバを作りました。
マダイとカツオも購入しておうち寿司。
柳葉包丁が無かったため、
切りつけまで全て出刃包丁でやりました。。

高知の松﨑淳子先生に教わった、
シメサバを漬けた後、魚の旨味が移った漬け酢を
酢飯の合わせ酢として使うやりかたで酢飯を作りました。

iki2016IMG_7519.jpg


iki2016IMG_7517.jpg

今宵の壱岐焼酎は
【壱岐の華】の『尋ね鳥(たずねどり)』
こちらは原酒を低温熟成させた麦焼酎。
新樽の香りを纏った気品を感じる一杯です。

iki2016IMG_7518.jpg

iki2016IMG_7521.jpg

iki2016IMG_7522.jpg
そして、プチ嬉しかったのが、
比較的、マグロばかり食べていた長男が
シメサバの美味しさをわかってくれて
食べまくってくれたこと!

11751434_927687317292762_2293083411554920157_n.jpg
今朝も恒例の
朝5時からの散歩。
程良い汗が今日一日のエンジンをかけてくれます。
写真は、浜の家の賢犬
ハナちゃん。
ダッシュ競争しても
やはりかなわない。。。。

ikiIMG_5009.jpg
今日の夕食は『ニホンウナギ』。
最近深めに勉強をし始めたものの未だ解明されていないことだらけのウナギですが。
地道にまとめていきます。
酢飯屋公式ブログ(魚)の『ウナギ』はこちらからどうぞ。
http://www.sumeshiya.com/blog/2015/06/post-401.html

11143417_928817213846439_4719358288840841774_n.jpg
今日の早朝散歩は、
初体験がありました。
巨大ナメクジに出会うという。。。
想定外が魅力なわけか。

11745699_928817287179765_3613035949340851171_n.jpg

ikiIMG_4970.jpg
今夜の食卓もまた
愛のある、食材魂に溢れた内容でした。
お父様の自家農園の摘みたてオクラに
ご近所さまからいただいたというアワビでステーキ。
そして息子が釣った魚の刺身盛り。
糸島でお世話になった
柚木マスミおかんの『糸島 金山寺納豆』が
さらにこの場を盛り上げてくれます。

ikiIMG_4975.jpg

ikiIMG_4973.jpg

今朝は
お母様お手製
酵素がたっぷりの野菜ジュースからスタート。
長命草を生のままたっぷりと!!
生でイッちゃうんすか!?
そして
セロリ
バナナ
トマト
ピーマン
パプリカで整える。
苦いのに後を引く。
そんな人間になりたいな。

11214236_928249663903194_8494773749631461142_n.jpg

10846465_928110440583783_8166842722458157433_n.jpg
今日の早朝散歩は5時30分から。
5歳の長男も参加。
張り切るって大事ですね。

ikiDSC_0111.jpg
ご近所さんからアジを沢山いただいたのと
先ほど長命草を採ってきたので
お母様特製のアジフライと長命草のてんぷらな夕食。
次男もがぶり!
今夜のお酒は勿論
親戚の麦焼酎の蔵元『壱岐の華-いきのはな-』
・酢飯屋でもグランドメニューに入っている、初代嘉助さんモデル
・昭和仕込み
今夜はイカ漁が無くなったので
久しぶりにゆっくり過ごせそうです。

ikiDSC_0110.jpg

ikiDSC_0114.jpg

chomeiDSC_0095.jpg
今夜の郷ノ浦からのイカ漁が
海が荒れてきましたので中止になりました。
18時〜6時までの長い時間の漁。
朝から構えておりましたが
ちょっと気が緩みました。^^;
ということで、夕食食材を採りに岸壁へ。
ボタンボウフウ(通称:長命草)。
鹿児島の喜界島で出会ったこの美味い山菜。
壱岐にもたっぷり生えてるぞー。

chomeiDSC_0100.jpg

chomeiaouDSC_0105.jpg

ikiIMG_2831.jpg
部屋からカニ釣りが楽しめるという環境。
これだけで子供達は飽きません。

ikiIMG_2810.jpg
じいじとカニ取り。
ハサミが太くて挟まれたら大変なやつ。

ikiIMG_2819.jpg

10497143_741945729200256_5821872863484283642_o.jpg
長崎県 壱岐市 芦辺町。
家の前で釣れるのは、カワイイふぐばかり。
1時間ほど室内で補食スタイル鑑賞して、海へリリース。

長崎県 壱岐市。
毎日 釣り、虫、釣り、虫、釣り。
東京戻ってからどうしよ。。。。

10568682_741893872538775_361425151_n.jpg

10570978_741893815872114_1117618848_n.jpg

10585585_741812949213534_159201416_n.jpg
朝散歩に白龍様登場。
ありがとうございます。

10458806_741543262573836_5653776857963355993_n.jpg
さばいた魚で、ひとまず一杯。
マサルお父さん、長時間お疲れ様でした!

10463843_741543162573846_5526660286764344937_o.jpg

10514365_741451409249688_2946233911153825107_o.jpg
麦焼酎発祥の地で飲む『麦茶』の旨いこと旨いこと。
麦茶でお腹いっぱいにしちゃお。

10553526_741451532583009_9010105438707041162_n.jpg

35483_741446382583524_9046711183345508141_n.jpg
大人も子供も
東京や福岡で過ごしているよりも、
壱岐にいるほうが睡眠時間が短いという。。
やることあり過ぎな島、長崎県 壱岐。
束の間の休息も15分で起きる。。。。
遊べや遊べ。
岡田千歳 1歳

10516923_740847992643363_1739377465_n.jpg
今朝は、ここ数日で一番涼しい散歩です。
太古の昔、人間がこの湾から壱岐に上がってきて、
この島に住み着いたという
芦辺の某湾。
想像するだけで
しびれます。

10508324_739602776101218_88920945_n.jpg
4歳の長男、
まだ小学生ではないですが
ママとバアバと夏休みの宿題風。

1059345_740027806058715_1240037849_n.jpg
スーパーマーケットの
魚事情視察と、
夜用花火選び。

10559277_739480159446813_117605276_n.jpg
歩いて30秒で海ですが、
次男がまだ小さいので
とりあえず子供プールを膨らます。

10571005_739406256120870_648556709_n.jpg
稲の伸び順調です。

10566432_739399729454856_1422995917_n.jpg
朝の散歩7,000歩。
程よいところで日が昇ぼる。
毎日散歩したい島、壱岐。

10564658_739406319454197_1988224441_n.jpg

10528152_739387882789374_998989260_n.jpg
今朝は4時30分からの散歩スタート。
涼しくて気持ち良い!!

10565707_739264712801691_51527270_n.jpg
自家農園にて、夜食の野菜を収穫するマサルお父さん。
僕は壱岐産の『ヒラマサ(ヒラス)』の刺し盛り担当。

10567391_739264629468366_868907916_n.jpg

10564912_739283749466454_840405777_n.jpg

10555138_739299839464845_338532621_n.jpg

10559097_739283689466460_773110767_n.jpg

冬のための薪がドシドシ準備されています。

10551776_739310582797104_332283779_n.jpg

10571001_739302842797878_2085754418_n.jpg


ikiikiIMG_7498.jpg

台風が近づいてきているということで、
荒れる前に外遊びをしておこうと、
壱岐の生き物探しの冒険に。

ikiikiIMG_7499.jpg


ikiikiIMG_7510.jpg
陸海空生物


ハチャメチャな生き物動画はこちら。

10581317_741370619257767_1079676887_n.jpg
カニ vs クワガタ
オトコ遊び。
許してあげてください。


goiiIMG_0970.jpg
【釣った魚でごはん作り】

お魚釣り放題、お魚触り放題、お魚食べ放題。

大人にとっても、子供にとっても
自然が身近にあることの良さ、豊かさを感じさせられる時間です。

ばあば、いつもキッチンを魚まみれにしてすみません^^;!!!

goiiIMG_0972.jpg

goiiIMG_0978.jpg
海洋大学に一直線か!?
と思うほど海の生き物が大好きな長男。

goiiIMG_0980.jpg

goiiIMG_0981.jpg

goiiIMG_0994.jpg
魚をいじるだけいじくりたおして
最後はブツ切りにしてくれる次男。
大きくなっても一緒に遊ぼうな。

【食遊び】というのは、
誰とでもどこでも、死ぬまで出来る遊びです。

goiiIMG_0996.jpg

goiiIMG_0997.jpg

2018.07.18

ふらみんごしくりっど・フラミンゴシクリッド ・Amphilophus citrinellum

[淡水魚]

huragoIMG_4507.jpg

スズキ目・カワスズメ科 (シクリッド科)

中南米のコスタリカ、ニカラグアに分布
カワスズメ科の淡水魚。
サンファン川とその流域に生息。

体は側扁していて肉厚で、唇も厚い。
体色は地域によって異なりますが
基本的には全身が赤味がかっている。

幼魚では褐色やこげ茶色で、
4~6本の黒い横帯、体側には数個の斑がある。

成長した雄の頭部は肥大して大きなコブが現れる。

産卵は雄が縄張りをつくった岩や倒木の間などで行われたり
穴を掘って産卵する場合もある。

水生昆虫や甲殻類、小魚などを食べる。

性質は荒い。

コブの大きさを競い合い、顔を突き合わせて威嚇し合うも、
近づき過ぎてキスをしてしまうパターン。

» 続きを読む

2018.07.03

魚譜画家 長嶋祐成さんの個展に行ってきました。

[海の生き物淡水魚]

nagakoIMG_3185.jpg

2018年6月
東京都文京区 根津の『ギャラリー・マルヒ』さんにて開催された
『魚の肖像Ⅲ 個と水平に向き合う』におじゃましてきました。

圧巻の魚たちの絵。
言葉が出てこない。

僕も魚が大好きで、
いつも触れたり写真を撮ったり、調理したり、釣ったり、食べたり、
子供達とのコミュニケーションや教育でお世話になったりと。
とにかく海洋生物に多方面から心奪われてしまうほど
どっぷりな自分ですが、

呼吸を忘れてしまうほどの完成度。

魚愛(さかなあい)。

ずっと見ていたい。

入り口で販売されていたポストカードも
もはやその枠を超えている。

殺風景で物を置かない真っ白な自宅に
唯一あるのは、長嶋さんの絵。

そこまで魚に執着のない妻も
長嶋さんの絵には魅了されたようで
専用の額を買って飾っているほど。

夢は、長嶋さんに特注で
好きな魚種を群れにした絵を描いていただくこと。
そう言っております。

写真では全く伝わりませんが、
その一部、雰囲気を
以下ご覧ください。

» 続きを読む

2018.06.21

うぐい・ウグイ・鯎・Tribolodon hakonensis

[淡水魚]

IMG_9899.jpg

コイ目コイ科ウグイ属ウグイ

» 続きを読む

2016.09.23

長崎県 壱岐市(いきし)

[お米お肉スイーツレシピ・recipe公園動物寿司岡田イズム料理日本酒昆虫植物海の生き物海藻淡水魚生き物神社蔵訪問記録調味料道具釣り・Fishing青果食遊び]

10552586_741540459240783_2154998579677260425_n.jpg

長崎県 壱岐市

第二の故郷にあたるこの地には、毎年来ています。
麦焼酎発祥の地で
『壱岐の華 -いきのはな-』という蔵元が
妻のお母様のご実家にあたります。
もちろん、酢飯屋にも壱岐の華はご用意してあります。

福岡からジェット船で1時間ほどで着く長崎の島の一つ壱岐。

このブログには、
これまでの壱岐時間をジャンル問わず綴っておこうと思います。

写真は2014年
漁師さんと漁でGETした魚を
海の中で捌きたくて、潮が満ち始める最中に
全て下処理を終わらせたワイルドだろ〜? な一枚。

» 続きを読む

2016.08.16

釣り@鬼怒川

[淡水魚釣り・Fishing食遊び]

S__10199044.jpg

小さい頃から
親父がいつも釣りに連れて行ってくれた場所の一つ『鬼怒川-きぬがわ-』。

あの頃のようにまた釣りがしたくなり、
子供達も釣りモードに入っている2016年夏
万が一を考え、ド派手なオレンジ色のライフジャケットを着せて
いざ出陣。

関東平野を北から南へと流れ、利根川に合流する一級河川。
今回は、千葉県、茨城県を超えて、栃木県 上三川町付近からスタート。

一投目から釣りあげるさすがの長男。

ヤマベ、モロコ、アユの子、ハヤの子など。
ちょうど良い引きが子供達を楽しませてくれました。

» 続きを読む

2016.08.10

あまご・アマゴ・雨子・Amago salmon・Oncorhynchus masou ishikawae

[淡水魚]

iwaIMG_5510.jpg

サケ目サケ科タイヘイヨウサケ属サクラマス種サツキマス

日本の固有種でサクラマスの亜種とされる。
降海型や降湖型は、『さつきます・サツキマス・皐月鱒』。
河川残留型(陸封型)は『あまご・アマゴ・雨子』と呼ばれる。

» 続きを読む

2015.06.18

うなぎ・ウナギ・鰻・Anguilla

[料理海の生き物淡水魚釣り・Fishing食遊び]

【天然うなぎを突いてきた!!】

unabiIMG_8240.jpg

unabiIMG_8241.jpg

unabiIMG_8242.jpg

unabiIMG_8245.jpg

unabiIMG_8246.jpg

unabiIMG_8247.jpg

unabiIMG_8248.jpg

unabiIMG_8249.jpg

unabiIMG_8250.jpg

IMG_8251.jpg

unabiIMG_8252.jpg

unabiIMG_8253.jpg

unabiIMG_8254.jpg

unabiIMG_8255.jpg

unabiIMG_8256.jpg

unabiIMG_8257.jpg

unabiIMG_8258.jpg

unabiIMG_8260.jpg

unabiIMG_8261.jpg

unabiIMG_8262.jpg

unabiIMG_8267.jpg

unabiIMG_8268.jpg

20161012231444.jpg

unabiIMG_8269.jpg

unabiIMG_8270.jpg

unabiIMG_8272.jpg

unabiIMG_8285.jpg

unabiIMG_8286.jpg

unabiIMG_8287.jpg

unabiIMG_8297.jpg

unabiIMG_8298.jpg

unabiIMG_8299.jpg

unabiIMG_8300.jpg

unabiIMG_8301.jpg

unabiIMG_8302.jpg

unabiIMG_8306.jpg

unabiIMG_8307.jpg

unabiIMG_8309.jpg

unabiIMG_8310.jpg

unabiIMG_8311.jpg

unagiIMG_0865.jpg


unaIMG_6598.jpg

unaIMG_6606.jpg

unaIMG_6609.jpg

unaIMG_6611.jpg

unaIMG_6612.jpg

滋賀県某養鰻場にて
IMG_6971.jpg

unahiIMG_6973.jpg

unahiIMG_6976.jpg

unaIMG_3178.jpg

unahaIMG_1863.jpg

unahaIMG_1864.jpg

unahaIMG_9289.jpg

unahaIMG_9290.jpg

unahaIMG_9291.jpg

unahaIMG_9293.jpg
日本橋 鰻はし本 4代目 橋本正平氏と。

IMG_3302.jpg

IMG_3303.jpg

unahaIMG_3304.jpg

unahaIMG_3305.jpg

unahaIMG_3306.jpg

IMG_3310.jpg

unahaIMG_3311.jpg

unahaIMG_3313.jpg

unahaIMG_3314.jpg

unahaIMG_3315.jpg

unahaIMG_3316.jpg

unahaIMG_3319.jpg

unahaIMG_3320.jpg

unahaIMG_3323.jpg

unahaIMG_3324.jpg

unahaIMG_3325.jpg

unagiIMG_1287.jpg

unaIMG_3177.jpg

kirimiIMG_5840.jpg
絵:長島祐成さん

kirimiIMG_5841.jpg

kirimiIMG_5842.jpg

kirimiIMG_5843.jpg

kirimiIMG_5844.jpg

kirimiIMG_5845.jpg

kirimiIMG_5846.jpg

kirimiIMG_5847.jpg

kirimiIMG_5848.jpg

kirimiIMG_5849.jpg

kirimiIMG_5850.jpg

kirimiIMG_5851.jpg

kirimiIMG_5852.jpg

kirimiIMG_5853.jpg

kirimiIMG_5854.jpg

kirimiIMG_5855.jpg

nagashihashimoS__30892037.jpg
左:日本橋「はし本」4代目・橋本正平さん
右:魚譜画家・長島祐成さん


unaIMG_2084.jpg

unaIMG_2085.jpg

unaIMG_1024.jpg

» 続きを読む

2010.10.28

琉金(りゅうきん)

[淡水魚]

コイ科
金魚の一品種。
ころっとしたひし形で、尾ビレが大きいのが特徴。
金魚はフナの突然変異種を改良したもの。
ひらひらと泳ぐ姿が優雅です。

2000.11.27

さかなクン先生

[海の生き物淡水魚湖魚生き物]

sakankunIMG_4656.jpg


» 続きを読む

2000.03.01

でんきなまず・デンキナマズ・電気鯰・Malapterurus electricus

[淡水魚]

elcf10.jpg

ナマズ目デンキナマズ科デンキナマズ属デンキナマズ

発電能力を持つ魚類です。
デンキウナギよりは弱いものの、
体内の発電器官で最大350ボルトほどの電気を発生させます。

体の表面を包むように発電器官が発達していて、
頭部がマイナス極、尾部がプラス極になっています。
ちなみに、デンキウナギは体の後半部分だけが発電器官です。

» 続きを読む