ブログ

2019.06.26

きしまめ茶

[植物]

00100lrPORTRAIT_00100_BURST20191118101355057_COVER.jpg
高知県では弘法大師空海が伝えたと言われているお茶として、
弘法茶とも呼ばれています。

キシマメは、正式には
マメ科ジャケツイバラ亜科カワラケツメイ属の一年草、
『かわらけつめい・カワラケツメイ・河原決明・Chamaecrista nomame』
のことです。

鉄釜を使って炒られたキシマメの香ばしくほんのり甘くて
ノンカフェインな『きしまめ茶』は、90度以上の熱いお湯で煮出すと
味わいが深まります。
その後は熱々で飲んでも、冷やして飲んでも美味しくいただけます。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST20191118102256426_COVER.jpg


【香稜苑(こうりょうえん)】
高知県南国市岡豊町笠ノ川480-1
https://kouryouen.com/