ブログ

2019.01.09

海響館(かいきょうかん)・KAIKYOKAN

[海の生き物淡水魚湖魚生き物]

kkk469.jpg

山口県 下関市立しものせき水族館 海響館(かいきょうかん)

『世界の約70%の感動は、水の中にある。
水の世界を旅しよう。』

がコンセプトです。

kkk470.jpg

背景一面に関門海峡が広がる水槽もあります。
実際の海の中を覗いているような感覚です。
シュノーケリングやスキューバーダイビングが苦手な方にはオススメです。

kkk616.jpg
スロープエスカレーターに乗ると、そこはもう海の世界です。
音と映像がより臨場感を表現しています。

kkk625.jpg
海中トンネルで見られるイワシの群れ。

kkk473.jpg

子供たちも釘付けでしたが、
僕はもっと釘付けです。

kkk496.jpg

kkk501.jpg
愛嬌のあるスナメリさん

kkk534.jpg
イルカやアシカのショーが開催される『アクアシアター』、隣には海と関門海峡が望めます。

kkk568.jpg
ピラルクー

kkk648.jpg
下関名物 トラフグ

kkk812.jpg
フンボルトペンギン特別保護区と亜南極に生きるペンギンたち、ふれあい広場など、様々なペンギンがたくさん見られます。
ペンギン村の水深は6m,水量700t。
ペンギンプールとしては世界最大級です。

海響館は、チリ国立サンチアゴ・メトロポリタン公演より『生息域外重要繁殖地』の指定を受けています。互いに協力し、フンボルトペンギン特別保護区で得られた飼育技術などがチリでのフンボルトペンギン飼育下繁殖を支援し、野生地での研究と保全に貢献していくことを約束する国際協定に調印しています。

kkk882.jpg
日本ではここでしか見ることができない、
地球上で最も大きな生物
シロナガスクジラの全身骨格標本。

下関は近代捕鯨発祥の地として栄えて、現在も調査捕鯨の基地の一つです。
ノルウェー・トロムソ大学博物館が1886年に入手したシロナガスクジラの全身骨格標本。


水族館内の写真はほどほどにしておきます。
あとは、ご自身の目でぜひ!!


【市立しものせき水族館 海響館】
山口県下関市あるかぽーと6-1
電話:083-228-1100
ホームページ:http://www.kaikyokan.com