ブログ

2018.08.17

能古島 (のこのしま)に行ってきました。

[公園植物福岡県記録]

nokonoIMG_7327.jpg
(写真は、能古島側から都心部を見た風景です。)


福岡県福岡市西区
博多湾の中央に浮かんでいる島です。

大都会を目の前に、船で10分ほどで到着します。

nokonoIMG_7186.jpg
姪浜(めいのはま)旅客待合所
能古小呂島のりばから出発になります。

nokonoIMG_7187.jpg
頻繁に船も出ておりますが、時刻表は事前にチェックをお勧めいたします。

nokonoIMG_7189.jpg
カーフェリーもあるようです。

nokonoIMG_7193.jpg
この日は小さい子供たち家族との旅行だったので
能古島の北側の一角にある『のこのしまアイランドパーク』さんに行ってきました。

nokonoIMG_7194.jpg
花と緑がたくさんで、空も広くて最高です。

nokonoIMG_7196.jpg
真っ黒に日焼けしている次男は、この日もさらに黒くなってしまいました。

nokonoIMG_7198.jpg
アイランドパーク内にある能古うどんのお店『耕ちゃんうどん』さんへ

nokonoIMG_7199.jpg
風情ある街並みの中にうどん屋さんはあります。

nokonoIMG_7200.jpg
気候が良ければ、テラス席でも気持ち良いと思います。

nokonoIMG_7202.jpg
とにかく、緑がいっぱい。

nokonoIMG_7204.jpg
つるつるシコシコな能古うどん。
子供達もぺろりでした。

nokonoIMG_7206.jpg
風情ある街並みを奥に進んでいくと、色々楽しめる感じになっているようです。

nokonoIMG_7207.jpg
曲がりくねった道を抜けると海景色が待っていました。

nokonoIMG_7208.jpg
景色が抜群。

nokonoIMG_7209.jpg
アスレチックがちょこっとあります。

nokonoIMG_7210.jpg
この、ロープにつかまって行ったりきたりする遊具が
人気でした^^。

nokonoIMG_7214.jpg

nokonoIMG_7215.jpg

nokonoIMG_7217.jpg
やってみたら? とそそのかすと、わりとやってくれる妻。
そういうノリ、大切。

nokonoIMG_7222.jpg
一見、迫力があって、こわそうに思えますが、
安全に作られたアスレチック。

nokonoIMG_7223.jpg
5歳の次男も張り切っています。

nokonoIMG_7227.jpg
知らないお友達にゆらゆらとゆらされて、いじわるされていましたが
無事クリアー。

nokonoIMG_7228.jpg
熱中症対策は親の責任。
たっぷり水分を取り続けて次の場所に向かいます。

nokonoIMG_7230.jpg
親子で日焼け比べをしましたが、あまり黒さが伝わってきませんね。。
次男が優勝です。

nokonoIMG_7232.jpg
緑と海。
島のあちこちに癒されポイントがあります。

nokonoIMG_7233.jpg
うさぎもたくさん飼われていました。

nokonoIMG_7234.jpg

nokonoIMG_7237.jpg
太い竹に縛り付けられたワイルドな木のブランコ。

nokonoIMG_7240.jpg
花がいっぱいなので、チョウもたくさん、嬉しそうでした。

nokonoIMG_7247.jpg
ブランコタイムはちょっと長めに。

nokonoIMG_7251.jpg
気が済むまで遊んでもらいます。

nokonoIMG_7257.jpg
海を見ると石を投げたくなってしまう理由はわかりませんが、
自分もそういうタイプの子供でした。

nokonoIMG_7258.jpg

nokonoIMG_7259.jpg
ロープスキーという遊び場がありました。
スキー板は、近くの受付で安くお借りできます。

nokonoIMG_7260.jpg
結構こわいんですけど!!!
やってみようか迷いましたが、
そもそも大人は使用禁止でした^^;。。

nokonoIMG_7261.jpg
注意事項をしっかり読んでから遊んでくださいね。
この角度、すごい怪我をしてしまうと思います。

nokonoIMG_7262.jpg
子供達はあっさり。
恐怖心より好奇心が勝っています。

nokonoIMG_7270.jpg

nokonoIMG_7272.jpg
はい、水分補給。

nokonoIMG_7273.jpg

この日は36度超えの真夏日だったので
ずーーっと汗かきっぱなし、水分摂りっぱなしでした。

nokonoIMG_7274.jpg

nokonoIMG_7277.jpg
お次はヒマワリ畑へ

nokonoIMG_7280.jpg
これは壮観です。

nokonoIMG_7281.jpg
吸い込まれそうになるようなヒマワリさん

nokonoIMG_7283.jpg
目でもたっぷり夏を感じます。

nokonoIMG_7294.jpg
一回やってみたかったやつ。
可愛い子がやれば、凄い絵になるんだろうに。。

nokonoIMG_7295.jpg
1人1本ずつヒマワリを摘んで持って帰れる場所も用意してありました。

nokonoIMG_7296.jpg
家についてから、ゆっくりと開花を楽しめるようにと
このくらいのものを持ち帰りました。
家では、水だけで1週間ほどかけて無事最後まで咲きました!
持ち帰りやすいですし、この状態お勧めです。

nokonoIMG_7299.jpg
大きな木もあちこちにどっしり立っています。

nokonoIMG_7300.jpg

nokonoIMG_7301.jpg
いつかヒマワリをもっとじっくりと見て見たいな。
興味深過ぎる細部。

nokonoIMG_7303.jpg
元気に大きく育って、ヒマワリを超えていけ。

nokonoIMG_7304.jpg
笑ってる結も好きですが、真顔も好き。(親バカ)

nokonoIMG_7306.jpg
丁寧なプレゼントの包装を彷彿とさせる開花途中のヒマワリ。

nokonoIMG_7312.jpg
ひまわり・ヒマワリ・向日葵・sunflower

nokonoIMG_7321.jpg
1番になりたい男たち。

nokonoIMG_7325.jpg
帰りの船着場の周りには『のこの市』があり、
農産物や加工品、お土産なども販売しています。

nokonoIMG_7326.jpg
案内所もあるので、あらゆることはここで聞けます。

nokonoIMG_7329.jpg
能古旅客待合所(Noko Ferry Passenger Terminal)

nokonoIMG_7331.jpg
貸自転車もあるみたいですね。

子供達がもう少し大きくなったら、
気候がもう少し落ち着いたら島全体を自転車で巡ってみたいな。