ブログ

2015.07.11

まんぼう・マンボウ・翻車魚・Ocean Sunfish・Mola mola

[寿司海の生き物]

CIMG0167.jpg

定置網にマンボウが入った。
2005年7月 徳島県沖

悠然と泳ぐマンボウの最後の瞬間だった。

すぐにカメラを抱えて走り、
その船上解体シーンを寿司職人として見ておかなければ。


CIMG0173.jpg

漁師さんは残酷にもカギをマンボウの目に引っ掛けて船上に上げた。
他の部位だと簡単な漁具では硬くて刺さらないからだ。ということを
後にその皮に触れて知ることになる。

CIMG0203.jpg

CIMG0176.jpg

CIMG0175.jpg

海で見ると丸く太陽のような魚に見えることから
マンボウ=sunfishと呼ばれています。

CIMG0185.jpg

CIMG0207.jpg

マンボウは、このように皮に筋目を入れて分厚い皮を分解しながら一つずつ取り外していく。

CIMG0208.jpg

CIMG0202.jpg

CIMG0204.jpg

CIMG9178.jpg

CIMG9179.jpg

CIMG9180.jpg

CIMG9181.jpg

CIMG9182.jpg

CIMG9183.jpg

CIMG0209.jpg

これがマンボウの皮。厚みは2cmほど、石灰質のような。
表面はワサビがおろせそうなほどの細かなザラザラ系。
実験しようと思っていたのに
持って帰るのを忘れてしまったのが、この時の一番の後悔。。

CIMG0210.jpg

内側には身がついています。

CIMG0211.jpg

CIMG0212.jpg

その場で水揚げされたアオリイカやマンボウを刺身にして出してくださる漁師さん。
ワイルド過ぎる手さばきを見た後のこの一皿は、ありがたくいただきます。

CIMG0205.jpg

そして、こちらが マンボウの腸。
英語で
「Intestine of sunfish」

CIMG0206.jpg

マンボウ属でいうと、
太平洋、大西洋、インド洋ほぼすべてに分布し、
南極大陸を除く五大陸すべての沿岸域からハワイなどの外洋まで
出現報告があり、北極と南極を除く世界中の海に生息していると考えられています。
日本でも北海道から沖縄まで全国各地に出現します。

マンボウの分類
フグ目マンボウ科マンボウ属マンボウ

マンボウ科には、マンボウの他に
ヤリマンボウ、ウシマンボウ、クサビフグなどがいます。

孵化したマンボウは、成長とともに全身がトゲトゲになり、大きさ的にも
その形はお菓子の金平糖に似ていると良く言われます。
そのトゲトゲがなくなると縦長の時期を経て一般的なマンボウの形へと成長します。

マンボウは狙って獲る魚ではなく、
たまたま定置網などにかかってしまい上がる場合がほとんどで、
味としてはさっぱり美味ですが、鮮度落ちが早く、すぐに生臭くなってしまうので、これまでは基本的には水揚げされた港界隈で食されていました。
たまに、海面に横たわって浮いているマンボウに対して、
突きん棒(モリ)で刺して漁獲することもあります。

世界的に見ると主にアジア圏で食されていて
日本では、特に岩手県から千葉県まで、
東伊豆、三重県紀北町や尾鷲町は比較的多く食されています。
また、紀北町にはマンボウの名称のある道の駅もあり、
マンボウのフライ定食が提供されています。
ちなみにマンボウを食べる地域では、
スーパーに切り身が売られています。
最近では、流通事情もよくなり、
都市圏の魚売り場でも売られていることがあります。

1636年の『料理物語(寛永十三年版)』に最古と思われる料理法が載っており、
徳川光圀(水戸黄門)もマンボウを食べたとされています。
台湾では5月に海流に乗って東海岸に現れるマンボウを定置網で捕り、
盛んに食用にしているそうです。

肉の部分を刺身で食べると
味の薄いイカ刺しのような、
ぷるぷるとした味の抜けたタラのような
そんな味わいです。
文献上でも『めちゃくちゃ美味しい!』という人もいれば、
『もう二度と口にしたくないくらいマズい。』と書いている人もいるようです。
刺身以外でも、焼いたり、ネギ塩で炒めたり、アヒージョにして食べられています。

生き物の数え方は通常、1匹、2匹・・・で、
魚の場合は1尾、2尾・・・と数えることもありますが、
マンボウの場合は1枚、2枚・・・という単位でも数えられます。
これは、マンボウん形が平べったく、畳(たたみ)に見立てたことに由来します。
漁師さんは、マンボウの大きさも畳の枚数で表現することが多いです。
この大きなマンボウは畳3枚だな。
みたいな感じです。

マンボウの肉は、放っておくと水になって消えるという噂がありますが
実際、マンボウの筋肉中の水分含有量は90%近くと言われていますので、
放置しておくとどんどん水分が出てきて縮んできます。
ただ、残りの10%の肉が残るので完全に消えることはありません。

【マンボウの身の調理法】
4,5cmの一口大に切って、茹でて、沸騰したらザルにあげて茹で汁を切る。
あとは、味つけて煮るなり、好みの調味料とどんな料理にしてもOK。
冷凍もマンボウの場合は、自然解凍して
4,5cmの一口大に切って水から茹でて、沸騰したらザルにあげて茹で汁を切る。
あとは、味つけて煮るなり、好みの調味料とどんな料理にしてもOK。

腸に関しては
身よりもそこまで鮮度落ちが早くないので
現在の流通技術で十分に良い状態で市場に出回っています。
僕たちはこれを
【マン腸(まんちょう)】と呼んでいます。
食感を例えるならミノ(ウシの第一胃)に近い感じです。

IMG_4007.jpg

IMG_4008.jpg

IMG_4009.jpg

IMG_4010.jpg

酢飯屋では
マンボウの腸は味噌漬けにして焼いて握ります。
様々な日本酒との組み合わせをこれまでも展開してきました。

mantyouIMG_2176.jpg

mantyouIMG_5105.jpg

mantyouIMG_7920.jpg

mantyouIMG_8980.jpg

mantyouIMG_9336.jpg

mantyouIMG_9581.jpg

mantyouIMG_5584.jpg

mantyoudai22itigyoissyuIMG_4774.jpg

mantyouIMG_4026.jpg

mantyouIMG_3994.jpg

mantyouIMG_2358.jpg

そしてこちらが
『マンボウの腸の八丁味噌煮込み』

mantyouIMG_4043.jpg

ヘルシーなホルモンの煮込みは八丁味噌と合わさって
上品な煮込みになります。

mantyouIMG_4045.jpg

monbIMG_9927.jpg
マンボウの腸
マンボウのサイズによって、もちろん腸の厚みも変わってきます。
歯ごたえシャッキシャキです。

manbIMG_9928.jpg

IMG_9929.jpg

manbIMG_9930.jpg

IMG_9931.jpg

IMG_9933.jpg

IMG_9934.jpg

IMG_9935.jpg

IMG_9936.jpg

こちらが、マンボウの卵巣
一度に産卵する数世界一と言われています。
その数はおよそ3億個。
でもそのほとんどが、大人になるまでに他の魚に食べられてしまいます。

IMG_9937.jpg

IMG_9938.jpg

IMG_9940.jpg

IMG_9941.jpg

IMG_9944.jpg

IMG_9945.jpg

IMG_9946.jpg

今回は1トンを超えるウシマンボウの腸を
佐島より手に入れました。
マンボウの腸と味の違いがあるのか、楽しみです。


【マンボウのひみつ】

25395713_2029750437065655_3984273460279123096_n.jpg

2018年1月27日 池袋 サンシャイン水族館にて
マンボー博士 澤井悦郎さんの講演会に行ってきました。

この日学んだことを記しておきます。

フグ目マンボウ科マンボウ属
日本近海で確認されているマンボウは
・マンボウ
・ウシマンボウ
・ヤリマンボウ
・クサビフグ

南半球でしか今の所確認されていない新種
・カクレマンボウ(Mola tecta)
tectaはラテン語で「隠された〜、秘密にされた〜」という意味。
2017年に皮膚サンプルのDNA解析によって初めて別種の存在が判明したもので、
外見ではマンボウとの区別が容易ではないため、
従来はその存在が認知されなかったいわゆる隠蔽種であることに由来。
同様の理由で 和名も「カクレマンボウ」と名づけらたそうです。


アカマンボウ(Lampris guttatus)は
アカマンボウ目アカマンボウ科 (Lampridae) に属する深海魚。
別名、マンダイ。
体型はマンボウ (Mola mola) に似ていますが
マンボウの仲間ではなく、リュウグウノツカイに近縁の魚です。

マンボウは尾鰭(おびれ)がなく、舵鰭(かじびれ)があります。
ちなみに、マンボウは白身ですが、アカマンボウは赤みです。

澤井悦郎博士の著書『マンボウのひみつ』。
なんと、マンボウに関しての本は、江戸時代以来200年ぶり。
表紙の絵にもこだわりが。
奥に描かれた小さいのがマンボウ。
手前に大きく描かれているのがウシマンボウ。
ウシマンボウに寄り添う掃除魚(Cleaner fishes)として
マグロヒジキムシやクロコバン、
周りに泳ぐのは、オトメベラ、ミゾレチョウチョウウオ、
タテジマキンチャクダイ、ムレハタタテダイなども細かく描かれています。
ウシマンボウのサイズ感がわかるように、ダイバーも。

日本の水族館でのマンボウ飼育の歴史
1950年代 最長10日間しか飼育できず。
1960年代 21日間飼育可能に。
1970年代 1ヶ月以上の記録達成
1979年  鴨川シーワールドで1年以上の飼育達成。
1990年  鴨川シーワールドで8年2ヶ月という世界最長飼育記録達成(現在も世界一)

ちなみに
ヤリマンボウの最長飼育記録は43日間
クサビフグは24時間が最長記録

水族館ではマンボウの個体交換を定期的にしている。
大きくなり過ぎると大変なため。

マンボウは海中での上下移動が激しいですが
表面水温だと16〜20度が適水温。

マンボウは淡水では水を吸収し過ぎて生きられない。

マンボウのフン(排泄物)は白い粉状。アンモニア態窒素(強毒)が含まれている。
それを微生物が分解して亜硝酸態窒素に。
それをさらにバクテリアが分解して硝酸態窒素(弱毒)になる。
ちなみに尿は無色透明。

マンボウの一般的な遊泳速度は秒速60cm。
秒速250cmの黒潮にも逆らって泳げる。

2000年代前半まで、マンボウは図鑑には出ているけど論文は皆無。
マンボウを飼うためには、生態の基礎知識が必要。
日本では水族館が整体の研究を始めた。
飼育→死亡→解剖の繰り返し。

マンボウとカツオは生息域の水温が近いので
マンボウが見つかると、カツオもいる!ということで
1960年代以前は 漁師から『大漁の神』と呼ばれていた。
ちなみに
水族館にマンボウが登場するまでは漁師さんくらいしかマンボウを知らず
世間的にはかなりマイナーな魚だった。

ハズバンダリートレーニングをマンボウにもしている。

【マンボウの寄生虫事情】
・単生類、カイアシ類
・腸の中には条虫、吸虫

【エサ事情】
エビ・イカ・貝・牡蠣・アジなど
骨や殻は除去して、ミキサーですりつぶして
ビタミン剤や虫下しの薬を添加して団子状にして与える。
1日2回、体重の0.3〜3%の給餌率。
エサは噛まずに吸い込んで食べる。

性格はおとなしい。
イルカに体当たりされても、天敵に食べられても
逃げない時がある。
捕食の際は、積極的に小魚を追いかける。
マンボウは活発に泳ぐ魚。

約1秒間に1回ほど、ヒレを振る。
場合によりたくさん振っても呼吸があらくならないことが確認されている。

皮下ゼラチン層は、海水より比重が軽く、浮力の役割をしている。
(マンボウには浮き袋がないため。)

群れを好まない。

飛び上がるほどではないが、水中から勢いをつけて海面をジャンプする。

水族館の水槽では壁にぶつからないように透明のビニールシートで水槽全体を
覆ったりしているが、まだまだ壁に口から衝突し、タラコ唇になってしまう。

日本は水族館に『魚医』がいないので獣医が診断する。

日本は世界最多のマンボウ飼育国。

飼育下で研究された海外の事例はほぼ皆無。

2018年現在、日本の水族館のマンボウ研究は停滞期。


manbIMG_0652.jpg
マンボウの子供が綺麗に乾かされたもの。

manbIMG_0647.jpg
深海が好きなチョークアートデザイナーズ協会熊木さんの作品。

manbIMG_0653.jpg
マンボウ愛を感じます。

manbIMG_0654.jpg
写真左がマン帽子を被って、マンボウや水族館について
熱弁してくださったマンボウ博士の澤井悦郎さん。


こちらが澤井悦郎さん著者の
『マンボウのひみつ』(岩波ジュニア新書)

IMG_manbo6207.jpg

なんと、マンボウに関しての本は、江戸時代以来200年ぶり。

ネット上では、マンボウ最弱伝説やマンボウの都市伝説などが
色々と書かれていますが、現在の本当の最新情報が知りたい方には
オススメの一冊です!

表紙の絵にもこだわりが。
奥に描かれた小さいのがマンボウ。
手前に大きく描かれているのがウシマンボウ。
ウシマンボウに寄り添う掃除魚(Cleaner fishes)として
マグロヒジキムシやクロコバン

IMG_manbo6208.jpg

周りに泳ぐのは、オトメベラ、ミゾレチョウチョウウオ、
タテジマキンチャクダイ、ムレハタタテダイなども細かく描かれています。
ウシマンボウのサイズ感がわかるように、ダイバーも。

IMG_manbo6209.jpg

そして、帯紙はなんと!
さかなクン先生!

DH9gWueVwAEtJht.jpg

すぎょい!

img_14c9b4937fc04c46ffe6f4ff6ece727461204.jpg

manbIMG_0655.jpg
カクレマンボウのチョークアートもありました。

manbIMG_0658.jpg

サンシャイン水族館、営業時間終了後に催されたこの企画。
海の生き物が大好きな方々が
愛をもって真剣に参加されている印象でした。

manbIMG_0659.jpg
今後も色々な勉強会の開催楽しみにしています!


サンシャイン水族館 
sunshine aquarium
ホームページ http://www.sunshinecity.co.jp/aquarium/index.html