ブログ

2019.02.17

びわます・ビワマス・琵琶鱒・Oncorhynchus masourhodurus

[淡水魚]

bwms30.jpg

サケ目サケ科タイヘイヨウサケ属サクラマス種ビワマス

滋賀県、琵琶湖固有の淡水魚で、
『琵琶湖の宝石』とか『マス類の女王』とも言われています。
大きいものでは50cm以上にまで育ちます。
秋に周辺の川で生まれた稚魚は翌年の初夏に琵琶湖へ下り、
エビ類や鮎を食べながら約2〜4年回遊して
10〜11月に故郷の河川を遡上して産卵します。
エビ類を多く食べた個体は身の朱色が濃くなります。
初夏から夏にかけてが旬で、
10〜11月は禁漁期です。
絶対量が少ない魚です。
2010年から養殖が行われるようになりました。
養殖のビワマスはヒレの先端が丸いのが特徴で、
天然のビワマスはヒレの先端が尖っているのが特徴です。

秋に雨で増水した川を大挙して遡って産卵するため、
この時期のビワマスは『雨の魚(アメノウオ)』と呼ばれます。
琵琶湖周辺の郷土料理として
ビワマス1尾をまるまる炊き込んだ『アメノウオご飯』があります。

ビタミンEの100倍の抗酸化作用を持つカロチノイド系色素の一つ
『アスタキサンチン』と脂肪酸(DHA,EPA)を豊富に含んでいます。

biwaIMG_2451.jpg

biwaIMG_2458.jpg

biwaIMG_2460.jpg

biwaIMG_2462.jpg

biwaIMG_2463.jpg

biwaIMG_2464.jpg

biwaIMG_2467.jpg

biwaIMG_2469.jpg

biwaIMG_2470.jpg

biwaIMG_2471.jpg

biwaIMG_2474.jpg

biwaIMG_2475.jpg

biwaIMG_2478.jpg

biwaIMG_2479.jpg

biwaIMG_2481.jpg

biwaIMG_2483.jpg

biwaIMG_7047.jpg

biwaIMG_7048.jpg

biwaIMG_7049.jpg

biwaIMG_7071.jpg

bwms45.jpg

bwms46.jpg

bwms50.jpg

biwamaIMG_2655.jpg

滋賀県琵琶湖にしか生息しない
琵琶湖八珍の一つ『ビワマス』。

富山県の郷土寿司の一つ『ます寿し』。

この二つのご縁が酢飯屋の中で重なりましたので
『ビワマスのマス寿司』を完成させました。

肉厚さ、生感、酸味、脂。
マス寿司の人気評価ポイントをどれも組み込んだ
贅沢なマス寿司となりました。

玉ねぎとの相性がとても良く、
口に入れると顔がにやけてしまいます。

ランチのご予約はもちろん、
通常の寿司ディナーコースにさらに追加でのご予約もいただけます。
追加をご希望の方は下記サイトよりご予約の際、
備考欄に以下どちらかのマス寿司希望の旨、ご記入くださいませ。

biwamaIMG_2654.jpg
・1人前 8個 4,000円(税別)

biwamaIMG_3181.jpg
・倍盛り 16個 7,000円(税別)

お寿司のご予約は酢飯屋ホームページよりどうぞ。
http://www.sumeshiya.com/sushi/

biwamaIMG_2653.jpg

biwamaIMG_2657.jpg

biwamaIMG_2659.jpg

biwamaIMG_2662.jpg

biwamaIMG_2665.jpg

biwamaIMG_2666.jpg

biwamaIMG_2669.jpg

biwamaIMG_2670.jpg

biwamaIMG_2672.jpg

biwamaIMG_2673.jpg

biwamaIMG_3178.jpg

biwamaIMG_3180.jpg

biwamaIMG_3181.jpg

biwamaIMG_3182.jpg

biwamaIMG_3183.jpg

biwamaIMG_3184.jpg