ブログ

2018.08.21

もくずがに・モクズガニ・藻屑蟹・Eriocheir japonica

[海の生き物海藻淡水魚生き物食遊び]

tugaIMG_3429.jpg

川の水が引いた。

何かしら生き物が見たい、触れたい、捕まえたい。

時に優しく、時に残酷に。。

これが男の子。

今回はモクズガニ(西日本ではツガニと呼ばれたりしてます。)

tugaIMG_3410.jpg

tugaIMG_3411.jpg

tugaIMG_3412.jpg

tugaIMG_3413.jpg

tugaIMG_3414.jpg

tugaIMG_3415.jpg

tugaIMG_3416.jpg

tugaIMG_3417.jpg

tugaIMG_3418.jpg

tugaIMG_3419.jpg

tugaIMG_3420.jpg

tugaIMG_3421.jpg

tugaIMG_3422.jpg

tugaIMG_3424.jpg

tugaIMG_3425.jpg

tugaIMG_3426.jpg

tugaIMG_3427.jpg

tugaIMG_3430.jpg

tugaIMG_3431.jpg

tugaIMG_3432.jpg

tugaIMG_3435.jpg

tugaIMG_3440.jpg

【モクズガニ獲り】


【カニの泡吹きについての豆知識】
カニは基本的にエラ呼吸ですので、陸上では、呼吸ができません。
カニのエラは水分を含んだ海綿のようになっていて、そこに含まれた酸素で陸上では呼吸します。
陸にしばらくいると、水が乾いてきて、呼吸をするのが苦しくなってきます。
苦しくなるとカニは水を口から出して水に酸素を溶かして再びエラに取り入れます。
陸上ではエラに入ってくるのは空気なので、
入って来た空気がエラの中に残っている水と混ざって泡となり、
粘り気が出て、口の上の出水孔から、ブクブクと泡になって出てきています。
泡を吹いている時はカニが苦しい時です。
食べない場合は早く水に戻してあげましょう。