ブログ

2017.12.24

gendy

[スイーツ]

gendyIMG_5630.jpg

紳士の一級品 Gentlemen's Specialty

gendy をお客様にいただきました。

ずっしり。

緊張感のあるプレゼント。
木箱に金属の蓋。

というか、
gendyってなんだ?
見た目の落ち着きと重厚感からして
Gentleman (紳士)と Dandy(ダンディー)を組み合わせた造語なのか!?

中、開けていきたいと思います。

gendyIMG_5631.jpg
GENTLEMEN'S SPECIALTY と刻印。

gendyIMG_5632.jpg
Premium Bitter Caramel Bar for Gents.
プレミアム ビター キャラメル バー

スイーツなのか。

gendyIMG_5633.jpg
シリアルナンバー入りのお菓子!?

gendyIMG_5634.jpg
2箇所をステッカーで封されています。
とても剥がしやすい素材のシールになっている時点で
細かな心遣いを感じます。

gendyIMG_5635.jpg
Individually Handmade
個々に手作り。

Quality Confection
品格のあるお菓子

Gentlemen's Specialty
紳士の一級品

FOR THE LADIES TOO,OF COURSE.
もちろん、淑女さまもと。

gendyIMG_5637.jpg
いよいよ開封。

gendyIMG_5638.jpg
銅板にコーティングされたツヤと輝き。
優しくスーッと蓋をスライドさせると

gendyIMG_5640.jpg
丁寧でわかりやすい食べ方の説明書。

gendyIMG_5642.jpg
温度や食べるタイミング、合わせるものによって
様々な味わいを楽しめそうです。
そしていよいよ本丸へ。

gendyIMG_5643.jpg
スラーーーーッ。

シガーーーーッ??

gendyIMG_5644.jpg
一本一本作られ包まれた綺麗な仕事が見てすぐにわかります。

gendyIMG_5646.jpg
説明書通り、
こうして指でつまんで
剥きあがりがこんな感じです。

gendyIMG_5647.jpg

プレゼントをいただいて
開封して、ここまでの一連の流れで
もはや、ただお菓子を開けて食べる感覚とは
全く違った感覚になります。

gendyIMG_5648.jpg

冷えたビターキャラメルをスパイスの利いたサブレでサンド。
塩気やゆっくりとろける甘みとスパイスの香り。

gendyIMG_5649.jpg

gendyIMG_5650.jpg
深入りしたコーヒーとは当たり前のように合います。
ウイスキーには自然に手が伸びてしまうと思います。
日本酒はお米の旨みがしっかりしている生酛、山廃なんかを
40度台まで温めて合わせるとキャラメルバーが引き立ちます。
普段寡黙なあの人をニヤリとさせられるようなペアリングを
見つけ出したいものです。

gendyIMG_5651.jpg

ひとくち口に含んで思い出したのは
20代に親友のN君が誕生日プレゼントでくれた本『ダンディズム』。
読んだあとすぐに背伸びし過ぎの買い物に出かけ
ワニの本革のカバンを手に入れて出歩き、
身の丈に合わないことの恥ずかしさを思い知らされたのは
良い思い出になっています。。。

Aさま
この度は刺激あるプレゼントをありがとうございました。
紳士の要素を酢飯屋の寿司に生かしてまいりたいと思います。


GENDY 南青山ホームページ
https://gendy.jp