ブログ

ひらすずき・ヒラスズキ・平鱸・Lateolabrax latus Katayama

[寿司料理海の生き物釣り・Fishing]

P6200006.jpg
長崎県平戸市でボートからのサラシ打ち。
さらし(サラシ)とは、
波が磯に当たって砕け、真っ白に泡立っている場所のことです。
そんな荒々しい場所に潜んでいるのが、幻の魚、ヒラスズキです。
朝日に輝くヒラスズキ

201516559_973749090125548_1383592391174600046_n.jpg
たった数分間だけのチャンスを見事ものにすることができました。


こちらが釣った時の動画です。(1分27秒)

P6200007.jpg
何年も前に買ったフローティングミノー(水面下50cmくらいを沈んで小魚のように泳ぐルアー)がここにきて久しぶりに大活躍。
やっぱりスズキには相性バッチリですね。

P6200009.jpg
通常のスズキよりも背中の筋肉が盛り上がっているのがわかりますでしょうか?
普段、スズキ自体を見ない方からしたら、判別つかないですよね。。

P6200010.jpg
筋肉ムキムキだけど、お腹パンパン。
サラシで美味しい小魚を食べまくっているのでしょう。

P6200011.jpg
何枚、同じような写真載せるんかっ?って、
角度がちょっと違うと、魚の綺麗さが違うものでついつい
写真が増えてしまいます。。。

P6200012.jpg
それくらい、釣れて嬉しかったってことです!^^;

P6200013.jpg
背中の筋肉の盛り上がり!
美しい。

P6200015.jpg
トリプルフック(3本針)がしっかりと刺さっています。

P6200016.jpg
喉の奥まで綺麗に吸い込まれそうなアプローチ

P6200020.jpg
第一背ビレは寝てしまっておりました。
こちらは第二背ビレ。

P6200022.jpg
ヒラスズキの尻ビレと尾ビレ

PXL_20210620_132305956.PORTRAIT.jpg
腹を開いてみると、

PXL_20210620_132359839.PORTRAIT.jpg
内臓脂肪たっぷりの個体でした。

202282835_236256484666948_8567037502559567923_n.jpg
長崎県平戸市 BG-hirado にて


hiraIMG_2797.jpg
こちらのヒラスズキは、高知県 鵜来島(うぐるしま)
西内新一さんが釣って神経締めされたものです。

hiraIMG_2798.jpg

hiraIMG_2799.jpg

hiraIMG_2800.jpg

hiraIMG_2801.jpg

hiraIMG_2802.jpg

hiraIMG_2803.jpg

hiraIMG_2804.jpg

hiraIMG_2805.jpg

hiraIMG_2806.jpg

hiraIMG_2807.jpg

hiraIMG_2808.jpg

hiraIMG_2809.jpg

hiraIMG_2810.jpg

hiraIMG_2811.jpg

hiraIMG_2812.jpg

hiraIMG_2813.jpg


高知県宿毛市
【幻のヒラスズキが釣れまくった動画】


福岡の都心部でもヒラスズキが釣れました!?

PXL_20210920_031047545.jpg

PXL_20210920_012210180.jpg

PXL_20210920_031044057.jpg
【スズキとヒラスズキの違いについて】
しっかり見比べないとなかなかわかりづらいかもしれませんが、
まずは体高と尾の付け根の違いです。
スズキに対してヒラスズキの方が体高が高く、尾の付け根も太く短いので、全体的に幅が広いです。 スズキの方がスリムなものが多いです。
第二背ビレの軟条が15本か16本あるのがヒラスズキで、下顎にウロコがあるのも特徴です。
第二背ビレが12本〜14本なのがスズキです。

20170605221738.jpg

20170605221604.jpg

20170605221623.jpg

20170605221641.jpg

20170605221704.jpg

20170605221721.jpg

IMG_2879.jpg
ヒラスズキの握り寿司

IMG_2880.jpg

IMG_2881.jpg

hiraIMG_2882.jpg

IMG_2884.jpg

IMG_5632.jpg
ウロコをとってもなお、輝かしく綺麗なヒラスズキ

IMG_5633.jpg

IMG_5634.jpg

IMG_5635.jpg

IMG_5637.jpg

IMG_5638.jpg

IMG_5639.jpg
無駄な脂のない、引き締まった腹の筋肉

IMG_5640.jpg
でも、

IMG_5642.jpg
この通り旨味はぎっしり。

IMG_5641.jpg
肉厚な背中肉

IMG_5643.jpg
ヒラスズキの背中の握り寿司

IMG_5644.jpg
こんなに唾液が出てくる白身魚のお寿司も
なかなかありません。

IMG_5658.jpg
ヒラスズキの焼霜握り寿司

IMG_5659.jpg
想像を超えてくる旨味が押し寄せてきます。

IMG_5660.jpg
ヒラスズキの皮と身の間を覗き込むと

IMG_5662.jpg
喉が鳴ります。

IMG_5661.jpg
へい、おまち!

IMG_5663.jpg
ヒラスズキの腹肉の握り寿司
1匹のヒラスズキから数切れしかとれない希少部位です。

IMG_5664.jpg
クルッと丸まった腹の砂ずりにある上品な脂と
5%玄米酢飯の田んぼ感がここに合わさります。

PXL_20210621_090412373.jpg
まだ半身残っています。

PXL_20210622_085853846.PORTRAIT.jpg
ヒラスズキをこんなに分厚く、贅沢に食べられるのも釣り人の特権です。

PXL_20210622_090055589.PORTRAIT.jpg
クラタペッパーのホワイトペッパーで下味を

PXL_20210622_090108708.PORTRAIT.jpg

PXL_20210622_085912174.PORTRAIT.jpg
ヒラスズキの骨は、全ての関節に切れ目を入れ、
水からゆっくりと、濃厚なスープをとっていきます。

PXL_20210622_092428007.PORTRAIT.jpg
ヒラスズキの皮目をカリカリに焼き上げて、身はフワッと火入れをします。

IMG_5674.jpg
そこにフルール ド サラザン特製の海藻バターをのせて溶かしていきます。

IMG_5675.jpg
スジアオノリの緑とトサカノリの赤がとても綺麗です。

IMG_5676.jpg
海藻とバターの香りとともにさらなる旨味がヒラスズキを覆っていきます。

PXL_20210622_093309895.PORTRAIT.jpg
ヒラスズキを焼いた旨味の残るフライパンに
ヒラスズキの骨からとった出汁を加えていきます。

PXL_20210622_094102992.PORTRAIT.jpg
そこに、レーズンとスジアオノリを加えて
さらに複雑な旨味を重ねていきます。

IMG_5679.jpg
トサカノリを添えて

IMG_5680.jpg
一皿を仕上げていきます。

PXL_20210622_100146132.PORTRAIT.jpg
旨味に浸るヒラスズキ

IMG_5690.jpg
この宇宙には、ヒラスズキの美味しさが詰まっています。

PXL_20210622_100207219.PORTRAIT.jpg
プリプリのトサカノリも、熱が加わることで、プルトロに変化し、
このソースと絡めて食べる事で、新しい海藻の世界が芽生えてきます。

IMG_5689.jpg
またいつか、ヒラスズキと出会えますように。