ブログ

鮨 義心(すし ぎしん)

[寿司]

MVIMG_20200724_181117.jpg
和歌山県和歌山市
もう、先に書いちゃいます。
寿司職人が嫉妬する寿司屋さん。
それが『鮨 義心(すし ぎしん)』さんです。
紀州、和歌山産を中心に自然な農法、自然な製造方法で造られた食材、調味料を使用して
江戸前の仕事をした鮨を紀州前として提供されています。

MVIMG_20200724_182857.jpg
和歌山を代表するお酒、平和酒造さんの『紀土(KID)』越しにいらっしゃる
めちゃイカした髪型に、黒縁メガネの寿司職人が
『鮨 義心』の大将 奥村義延(おくむらよしのぶ)さんです。

00100trPORTRAIT_00100_BURST20200724184140561_COVER.jpg
和歌山に行ったら必ずお伺いしようと決めていたお店。
平和酒造さんのビール『平和クラフト』のホワイトエールで乾杯です。
今回ご一緒いただいたのは、
和歌山で作陶している和田山真央(まーくん)と奥様の晴美(はるちゃん)です。

sammfeeeit2020-03-31 0.17.04.png
初めて奥村さんとお会いしたのは、
京都府宮津、飯尾醸造さん主催で行われた『世界シャリサミット2019
坊主だらけのこの写真の中に、奥村さんいらっしゃるのわかりますか?^^
ヒント、黒縁メガネ。

和歌山からお一人でいらしていて、
話かけてみたところ、紀州前のお魚を中心にとてもこだわったお店をされていることがわかりました。

僕だって、こだわってますよ。
でもこだわりと言うのは、人それぞれ違いますし、
正解も不正解もないわけですが、
文頭に書いた通り、
このあと出てくるお寿司の数々に僕は嫉妬を覚えるほどに感動しまくるのでした。

美味しいお寿司は、もはや説明不要です。
一つ一つコメントしろと言われればしますが、
美味し過ぎて、楽し過ぎると、僕はそれに全ての集中力を傾けたくなるのか
言葉が出てこない。
脳で食べずに、完全に五感で食べることに集中すると、
ながら仕事が得意な自分でも、そこは器用に機能できないんです。
ですから、
お寿司にはコメントをせず、
写真のみを掲載させていただきます。
はーー。
写真を見ると、今でもあの感動が鮮明に蘇る。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200724183045868_COVER.jpg

00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200724183051890_COVER.jpg

00000PORTRAIT_00000_BURST20200724184004904.jpg

00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200724185052219_COVER.jpg
ウツボは、まーくんの器に盛り付けられて出てきました!

00100trPORTRAIT_00100_BURST20200724185605546_COVER.jpg

00100trPORTRAIT_00100_BURST20200724191344466_COVER.jpg
加太のウニ

00000PORTRAIT_00000_BURST20200724192418557.jpg

そろそろ日本酒に移ろうとしたタイミング。
なにやら、カウンターの左にいらっしゃるお二人の会話を聞いていると、
どうやら平和酒造さんの蔵人さんということが判明!
これは、紀土(KID)イクしかない!
色々ある平和酒造さんのお酒の中で、このタイミングだと何がオススメかを
おたずねしたところ、ご丁寧にご説明付きでお話してくださいました。

平和酒造  荒瀬さん お食事中にも関わらず、ありがとうございました!

MVIMG_20200724_191526.jpg
そく、そちらを注文させていただきました。

00000IMG_00000_BURST20200724191421962_COVER.jpg
程よくお燗されたこのお酒は、米という穀物の旨さを存分に発揮していて
ウニがイカと酢飯に抱き込まれたお寿司を150点以上に引き上げていきました。

あ、うっかりコメントしてしまった。。。
今日のブログはコメントしません。
しゃべりたくないの。
味わわせて!

00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200724192002361_COVER.jpg

00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200724192906930_COVER.jpg

00100trPORTRAIT_00100_BURST20200724193058533_COVER.jpg

00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200724193334946_COVER.jpg

00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200724193806001_COVER.jpg

00100trPORTRAIT_00100_BURST20200724194325845_COVER.jpg
このネタ札を見ると、
あー、ま、普通に美味しい感じのものが出てくるのかなーと
ラインナップを見ただけではそこまで驚かされなかったわけですが、
この札と、出てくるお寿司のギャップがすご過ぎて、
余計にやられてしまうんです。。

00100trPORTRAIT_00100_BURST20200724194353700_COVER.jpg

00100trPORTRAIT_00100_BURST20200724194808263_COVER.jpg

00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200724194823783_COVER_2.jpg

00100trPORTRAIT_00100_BURST20200724194956701_COVER_2.jpg
マグロの熟成日が正の字で記録されています。

00100trPORTRAIT_00100_BURST20200724195227480_COVER.jpg

00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200724195234453_COVER.jpg

00000PORTRAIT_00000_BURST20200724195448909.jpg
鮨を口に入れたら、美味し過ぎて怒っちゃう晴ちゃんが可愛過ぎる。

00100trPORTRAIT_00100_BURST20200724195246583_COVER.jpg

MVIMG_20200724_195744.jpg

00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200724195948803_COVER.jpg

00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200724200038286_COVER.jpg

00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200724200121862_COVER.jpg

00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200724200407189_COVER.jpg

00100trPORTRAIT_00100_BURST20200724201007524_COVER.jpg

MVIMG_20200724_201020.jpg
女将さんとの阿吽の呼吸がまた御馳走です。

00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200724201111825_COVER.jpg

00100trPORTRAIT_00100_BURST20200724201200394_COVER_2.jpg
旨過ぎて、言葉が出ないまーくん。

MVIMG_20200724_201707_3.jpg

00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200724202634736_COVER.jpg

00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200724203738661_COVER.jpg

00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200724204102886_COVER.jpg

00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200724204108276_COVER.jpg

00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200724204357302_COVER.jpg

00100lrPORTRAIT_00100_BURST20200724205013636_COVER.jpg

00000IMG_00000_BURST20200724205603573_COVER.jpg
奥村さん
正直に言います。
本当に美味しかったです。
来て良かったです。
寿司ネタの組み合わせ、順番、提供タイミング、工夫、遊び心、王道、挑戦、個性、所作。
美味しいと別軸で、数えきれないほどの本物の体験を
たくさんさせていただくことができました。
本当に美味しかったです。
ごちそうさまでした。

このブログをご覧になった皆様
和歌山に行かれる際には、ぜひぜひご予約してみてください。
幸せの鮨体験が待っています。

寿司職人が嫉妬した寿司屋さん、
それが

【鮨 義心 (すし ぎしん)】
和歌山県和歌山市畑屋敷東ノ丁6 第二中村ビル1階
電話 0734-27-3312
フェイスブックページ: https://www.facebook.com/kisyumae/