ブログ

あおりいか・アオリイカ・障泥烏賊・Sepioteuthis lessoniana

[寿司海の生き物釣り・Fishing]

aoriIMG_6431.jpg

ツツイカ目ヤリイカ科

アオリイカという名の「障泥(あおり)」とは馬具の一種で、馬の両腹に垂れ提げる泥除けのことです。
幅広いヒレの色や形がこの「障泥(あおり)」に似ていることから、
アオリイカと呼ばれるようになったと言われています。

アオリイカはイカ類の中でも大変美味しいので、
「イカの王様」と呼ばれています。

P5140036.jpg
長崎県平戸市 イサキ釣り途中でアオリイカ釣りに。
長く伸びたアカモクがあちらこちらに見られました。
餌木(えぎ)を投げて、少し沈めてエビがピョンピョン跳ねるように
アピールして、海底付近にいるアオリイカに気付かせて、
その後もピョンピョンさせては沈ませてと、
いわゆる【エギング】をしてアオリイカを釣るわけですが、
海藻だらけのこの場所で、海藻に引っ掛けないように上手に釣るのがテクニックです。

PXL_20210514_013322041.jpg
長崎大学の海藻の研究者グレッグ先生の言葉を思い出しました。
『釣り人も少なからず藻場を破壊している生きものの一つだ。』と。
この写真のように海藻に引っかかり、引き千切ってしまうことも少なくありません。

慎重に慎重にヒュッと、一投目をキャスト。

エギを沈めてー、、、ヒュッヒュッヒュッとロッド(竿)をシャクります。
エギがピョンピョンピョンと海中で動いているはずです。
すると、
ズッシリ。。。。。
うわ!! 海藻に引っ掛けてしまったか???^^;
ギューーーン!!!
え!今、引っ張ったよな!!
リールをそろりそろりと巻いてみると、
ズッシリズッシリ、ギュンギュンギュン。
これは、イカの引きだ!!
慎重に巻いていくと、

P5140011.jpg
見えてきましたー!
またしても1投目での当たり!!

P5140012.jpg
きたぞきたぞーーー!

P5140016.jpg
ブシューーー! っとスミを吐いてきました。

P5140015.jpg
海面がイカのスミで黒くなっています。

P5140018.jpg
近くまで引き寄せてー、
またブシューーッ!!

1621041556903.jpg
そして、なんとココでも1投目でアオリイカを無事、釣り上げることができました!
エギが12cmのものなので、モンスターサイズの40cm〜50cm !!
マンモスウレピーです!^^

1621041559660.jpg
皆さんも続々と釣り上げています。

1621041568141.jpg
もういっちょ大きいのキターー!!

1621041561928.jpg
中型サイズも!

PXL_20210514_024838448.jpg
とってもキレイです!

P5140064.jpg

PXL_20210514_050020355.jpg
急所を〆れば真っ白に。

P5140068.jpg
目と目の間に急所の一つがあります。

PXL_20210514_050027119.jpg

肉厚な身は適度な弾力を持ち、旨味成分の一種であるグリシンの含有量が多く、
非常に甘みがあるのが特徴です。
刺身にすると透明な身が美しく、甘みと旨味を味わうことができます。

PXL_20210514_050023906.jpg
春から夏の間の産卵前は警戒心が強くなり、釣るのが難しいですが
産卵を前に旬を迎えるので体が大きくなり、味も抜群です。

P5140066.jpg
目玉も大きく、キレイです。

北海道南部以南の日本周辺の沿岸部〜東南アジア、インド洋西部、
紅海などに分布していて、水深50m以浅の藻場や岩礁域に生息しています。
海底から2mほど上を泳いでいることが多いです。

P5140059.jpg
丸みを帯びた胴の長さは35~45cm程度で、
大きいものは50cm以上となります。
重さは、大きいものでは6kg以上、全長1mにもなります。

P5140057.jpg
特徴は大きなヒレ。
胴の縁に渡って半円形のヒレ(エンペラ)を持ち、
外見はコウイカに似ていますが、
コウイカのような硬い甲(貝殻)ではなく、ケンサキイカなどと同じような
薄く透明の軟甲になっています。
このヒレのおかげで、水中で自由自在に動くことができます。
基本的にオスのほうが大きく、メスのほうが小さいです。
模様もオスとメスで以下のように異なります。

PXL_20210514_005612684.jpg
オスは胴の背側に白く細長い斑点模様が散在していますが、

PXL_20210514_024838448.jpg
メスは模様が不明瞭です。
吸盤が並んだ10本の腕を持ち、
そのうちの2本の長い触腕を自在に伸縮させて、
エビ類や多種多様な魚を好んで捕食します。
繁殖の時期、オスたちは一匹のメスのために争います。
オスが1本の腕をあげ、腕の先には精子の入った小さなカプセルがあります。
それをメスの体に差し込むことを『交接(こうせつ)』という。
交接が終わるとメスはすぐに産卵します。
マメダワラの茂みの奥深くに産み付けます。

房の中に見える粒一つ一つが卵。
アオリイカの産卵は数回繰り返されます。
2,000個以上の卵を産むものもいます。
産卵から一ヶ月半ほどで赤ちゃんが誕生。
自分で房を破って飛び出ます。大きさは1.5cmほど。
産まれてすぐに、肉食系のお魚(タイやメバル)に次々に食べられてしまいます。

PXL_20210514_010621650.jpg
子供イカも生き延びるために大人と同様に墨を吐きます。
墨には粘り気があるので水中にしばらく残ります。
自分の分身と見せかけて敵の目から逃れます。
産まれて1ヶ月した秋頃、アオリイカの子供は10cmほどに
浅瀬に出てきて自分で狩りをするようになります。
幼体の時は群れていますが、成長すると群れで行動することは少なくなります。
小魚類やエビ、カニ類が大好きです。

P5140034.jpg
日本古来の仕掛け、餌木(エギ)を使って釣ります。
エギを前方に投げ、
中おもりはエギの上におもりが落ちないように、真下に落とします。
アオリイカが泳ぐ層まで糸を落とします。
糸が伸びたら15秒待ちます。
その後、竿を素早く振り上げて誘います。
しゃくったあとは、糸がたるむぐらい竿を戻します。
そしたら
7,8秒待って、また竿を振り上げます。
おもりが引き上げられて、エギが持ち上がり、ゆるめることで
エギの動きがエビの動きになります。
海が濁ってきたら、ピンクなどの明るめのエギに変えます。
濁っている時のほうが釣れやすいです。
潮の流れが強くなってきたら、
長い竿を使うとエギを大きく動かすことができて、動きに変化をつけられるのでそのように釣る方もいます。

P5140042.jpg

P5140013.jpg
水面に近づいてくると、さらに強く水やスミを吐きながら、その勢いで逃げようとします。

P5140028.jpg
目の前まできました。

P5140029.jpg
またギュッと潜ります!

P5140032.jpg
いよいよ、上がってきました。

P5140033.jpg

P5140022.jpg
取り込む際は、万が一外れてしまった時のことを考えて、
イカの進行方向側からタモ網を入れてすくいあげます。

P5140065.jpg

aoriIMG_6413.jpg

aoriIMG_6414.jpg

P5140071.jpg

aoriIMG_6415.jpg

aoriIMG_6416.jpg

P5140075.jpg

aoriIMG_6417.jpg

aoriIMG_6418.jpg

P5140076.jpg

IMG_6419.jpg

aoriIMG_6420.jpg

aoriIMG_6421.jpg

aoriIMG_6422.jpg

IMG_6423.jpg

aoriIMG_6424.jpg

aoriIMG_6425.jpg

aoriIMG_6426.jpg

aoriIMG_6427.jpg

aoriIMG_6428.jpg

aoriIMG_6429.jpg

aoriIMG_6430.jpg

IMG_20200229_120943.jpg

IMG_20200229_121006.jpg

IMG_20200229_121009.jpg

IMG_20200229_121115_MP.jpg

【アオリイカは、実は3種存在している??】
2020年3月現在
日本ではアオリイカの地域ごとの大きさや色の違い、
卵嚢内(らんのうない)の卵数などの違いから
それぞれ『シロイカ』・『アカイカ』・『クワイカ』と呼び分け、
研究者の間では別種である可能性が高いと考えられています。
産卵床(さんらんしょう)もシロイカでは浅瀬の海藻や沈木などに対し、
アカイカではやや深場のエダサンゴの間、
クワイカでは潮間帯(ちょうかんたい)の杯状の死サンゴの中など、
様々な点において異なっています。

IMG_9759.jpg
獲れたばかりは半透明ですが、

aoriIMG_2901.jpg
時間の経過とともに白くなります。

aoriIMG_2902.jpg

aoriIMG_2903.jpg

aoriIMG_2905.jpg

aoriIMG_2906.jpg

aoriIMG_3088.jpg

aoriIMG_7483.jpg

aoriIMG_7484.jpg

aoriIMG_7485.jpg

aoriIMG_7486.jpg

aoriIMG_7487.jpg

aoriIMG_7489.jpg

aoriIMG_7491.jpg

aoriIMG_7493.jpg

aoriIMG_7494.jpg

seriu727453.jpg

seriu727363.jpg
アオリイカの子供

kouikaIMG_9122.jpg
アオリイカがヒイラギを捕まえています。

kouikaIMG_9123.jpg

kouikaIMG_9126.jpg
獲れたてのアオリイカの皮をむいて、

kouikaIMG_9127.jpg
アオリイカの炭火焼き

kouikaIMG_9128.jpg

IMG_5100.jpg
アオリイカ食べ放題は、釣り人の特権ですね。

IMG_5102.jpg
釣ったイカは真水で洗わないこと。
調理上の注意は
イカは水を吸うので下処理中、最低限の真水にしかさらさないことです。

PXL_20210516_020903963.PORTRAIT.jpg
【アオリイカたっぷり焼きそば】

PXL_20210516_020915799.PORTRAIT.jpg

PXL_20210515_044402832.PORTRAIT.jpg
【アオリイカとイサキのパエリア】

IMG_7575.jpg
【アオリイカと生のスジアオノリのお刺身】

IMG_7566.jpg

IMG_7567.jpg

IMG_7569.jpg

IMG_7577.jpg
【アオリイカと白小豆のチリコンカン】
チリ系料理でさえも戦えるスジアオノリの香りは、
あらゆるジャンルのお料理で有効活用できる証ですね!

IMG_7578.jpg
無くても美味しいけど、あったほうがより美味しい。
美味しいものをさらに美味しくするって本当に凄いことだと思います。