ブログ

まるあじ・マルアジ・丸鯵・Decapterus maruadsi

[寿司海の生き物釣り・Fishing]

1621041595da574.jpg
スズキ目
アジ科
ムロアジ属
マルアジ

長崎県平戸市 一投目に釣れたのが、30cmUPのマルアジでした。
丸っとした側扁型体形。

マアジとマルアジの違い・見分け方】

マアジがアジ科マアジ属に対して、マルアジはアジ科ムロアジ属です。
体型はマアジと比べて細長くて、体高も低く、筒のように断面が丸いのが特徴です。
背中の色がマアジよりも青味があり、地域によっては「アオアジ」とも呼ばれています。


seriu727407.jpg
稜鱗(りょうりん)がエラ蓋の方まで側線全体にわたってあるマアジに対して、
マルアジは、カラダ前半部に稜鱗はなく、尾部の側線直走部のみにあります。
稜鱗(りょうりん)はゼイゴとかゼンゴと呼ばれているあの部分です。
側線が頭から尾にかけてなだらかな弧を描いているのが写真上:マルアジ
側線が胴体中央辺りからガクンと下がっているのが写真下:マアジ
この部分を見るのが一番分かりやすいかもしれません。
そして、マルアジは胸ビレと稜鱗の間隔がマアジよりも離れています。

IMG_3845.jpg
これがマアジです。

マルアジは、沖合の水深150mより浅い岩礁域や岩礁混じりの砂底に棲息しています。
マアジの群れに混じることもあります。

seriu727340.jpg
こちらは、高知県宿毛市にて
しっかりキビナゴを咥えているマルアジ。

seriu727341.jpg

1659760902627.jpg
こちらは、福岡県志賀島から出船して、玄界灘にて

1659760874929.jpg
この写真ではわかりづらいかもしれませんが
マアジには無く、マルアジにはある部位として
尾びれの根元付近にある小さなヒレ「小離鰭(しょうりき)」というものがあります。
マグロやサワラなどが持つ特徴で、アジの中ではムロアジの仲間に見ることができます。
ですので、ムロアジ属のマルアジにはこの小離鰭があります。

1659760903451.jpg
マアジに比べて血合いが多いため、マアジと比較すると生っぽさが際立ちますが
鮮度が良ければ美味しい魚です。