ブログ

まとうだい・マトウダイ・馬頭鯛・Zeus faber

[世界の料理料理海の生き物釣り・Fishing]

P9090016.jpg
顎口上綱
硬骨魚綱
新鰭区
真骨亜区
正真骨下区
棘鰭上目
マトウダイ系
マトウダイ目
マトウダイ亜目
マトウダイ科
マトウダイ属
マトウダイ

P9090018.jpg
名前の由来は馬の頭のような顔つき馬頭(まとう)からきています。

P9090017.jpg
また、体の横にある、黒い的(マト)のような模様からマトダイとも言われています。

フランス語では Saint-pierre(サン ピエール)
スペイン語では pez de San Pedro(ぺ デ サン ペドロ)
イタリア語では Pesce san pietro (ペイシェ サン ピエトロ)
ドイツ語では Petersfisch (ピータースフィッシュ)
英語では John dory (ジョン ドーリー)
中国語では 遠東海魴( ュエン ドン ハイ ファン Yuǎn dōnghǎi fáng)

複数の言語で、
キリスト教における十二使徒の一人、聖ペトロにちなんだ名前で呼ばれているのがわかりますね。
聖ペトロは、貢物のお金をマトウダイの口から取り出したとする伝承があって有名ですが、
マトウダイの黒点模様は、このときにつけられた聖ペトロの指紋に見立てられています。

学名のZeus faber に
ギリシャ神話の全知全能の神、ゼウス(Zeus)が使われているのも
評価の高い魚としての位置付けを感じます。

P9090020.jpg
海に潜っている時に、ふと横にマトウダイを見かけると、
その黒い点が何か大きな魚の目に見えてゾクっとしたのを覚えています。
きっと他の魚たちも、あの黒い点に驚いて逃げることもあると思います。
自己防衛のために進化したのではないかなと勝手に仮説を立てております。

P9090034.jpg
ウロコは細かく絨毛状で気にならないというか、触っても食べてもほぼ無いように感じます。

P9090022.jpg
今回は、水深90mほどのところでゼウスを釣りました。

P9090021.jpg
このピンとした状態で透明感のある綺麗な背ビレは、水中で見るとまた違った綺麗さですが
釣り上げたばかりの色が一番好きです。

P9090023.jpg
マトウダイの尾ビレ

P9090024.jpg
マトウダイの尻ビレ

P9090025.jpg
ヒレの付け根付近にあり、トゲトゲもマトウダイの特徴の一つです。

P9090036.jpg

P9090026.jpg
マトウダイの腹ビレ

P9090027.jpg
マトウダイの腹ビレ

P9090037.jpg
マトウダイの腹ビレ

P9090030.jpg
マトウダイの大きな口 ぱか。

P9090031.jpg
マトウダイの口を伸ばして、正面から。

P9090033.jpg
やっぱり綺麗なマトウダイの背ビレをもう一回

P9090032.jpg

P9090038.jpg
胸ビレとエラ

釣り上げたばかりの魚を海の上で撮影したものと、
その後、運送されたものでは、鮮やかさが違いますが、
この違いもまた興味深い部分でもあります。
変化を楽しめたらと思います。

IMG_3438.jpg

IMG_3439.jpg

IMG_3440.jpg

IMG_3441.jpg

IMG_3442.jpg

IMG_3443.jpg

IMG_3446.jpg

IMG_3447.jpg

IMG_3448.jpg

IMG_3450.jpg

IMG_3452.jpg

IMG_3454.jpg

IMG_3455.jpg

IMG_3456.jpg

IMG_3457.jpg

IMG_3459.jpg

IMG_3460.jpg

IMG_3461.jpg

IMG_3463.jpg

IMG_3464.jpg

IMG_3467.jpg

IMG_3468.jpg

IMG_3469.jpg

IMG_7415.jpg
フランス料理の定番『サン・ピエール』

IMG_7420.jpg
マトウダイを切り身でムニエルにせず、
丸ごと一匹するのが魚食大国、日本流です。