寿司・酢飯屋

  • こだわり
  • お知らせ
  • お品書き

恵方巻き 2016

OGI_4601.jpg

今年で13年目となります酢飯屋の恵方巻き
今年の恵方は『南南東』。
今年も美味しい食材だけでなく
生産者さんの食材魂と僕たちの気合も一緒に巻かせていただきます。
それぞれの願いをかけて
皆で恵方巻きにかぶりつきましょう!
※具材に関しては、メイン具材から調味料にいたるまで
年々こだわりの具材に移行してきておりますため少しずつ価格が上がりますこと
それから、生ものですので天候や水揚げの状況によっては
内容が変更になる可能性がありますこと
ご理解よろしくお願いいたします。

【日時】2月3日(水) 18時〜21時(店内のお食事の場合)
           12時〜21時(いつでもお持ち帰り可能)
    
【場 所】 『酢飯屋』 東京都 文京区 水道 2-6-6  電話 03-3943-9004
      
【最寄駅】 地下鉄 有楽町線 『江戸川橋駅』 4番出口から徒歩3分


《海鮮恵方巻き》 2,800円(税込) (直径約6cm 長さ約18cm 重量550gほど)

【具材】
山形県 伊藤大介さんのササシグレで作った酢飯
宮城県 東松島市 相澤太さんの厳選海苔
銚子の生マグロ
対馬細井さんの一本釣りブリ炙り
対馬築城さんのアナゴ
壱岐のアコヤ貝しろたまり漬け
九十九里のイワシのゴマ漬け(酢〆)
岩手の恋し浜ホタテ
岩手のイクラのしょうゆ漬け
佐賀県産のキュウリ
高知県産の大葉
愛媛県 新居浜市 藤田準さんの無農薬人参
栃木県 梁瀬さんの無漂白かんぴょう
自家製玉子焼き
高知県刈谷さんの有機生姜で作った自家製ガリ


食べ進めるごとに味が変わる断面図がこちらです。

OGI_4707.jpg


【当日の流れ】
・お店の入り口にて靴を脱いで店内にお上がり下さい。
・受付にて太巻きをお受け取りいただき、その場でお会計をお願い致します。
・当日は混雑が予想されるため、
 スタンディングでのお食事となりますことをご理解よろしくお願い致します。(お持ち帰りも可能です。)
・お茶とおしぼりをご用意しておりますので、店内のお好きな場所をお選びください。
(お酒、その他自家製ジュースをご希望の方はカウンターにてご注文下さい。)
・袋から太巻きを取り出し南南東を向き いざ!
 今年の抱負などを誓い、願い事をかけながら、
 まわりを気にせず、最後まで無言でお召し上がり下さい。
 (途中でお茶を飲むことは勿論OKです。ご無理をされませんように。)
・大勢のお客様がお越し下さいますため、お食事が済んだ方から
 お席をお譲りいただけますと助かります。


【恵方巻きの蘊蓄、詳細について(年号は2015版となっております。)】
http://mrs.living.jp/tokyo/shufu/navi/251313


【恵方巻き 2016 ご予約フォーム】
_______________________________
・ご氏名(ふりがな)
・携帯番号
・ご住所 〒  
・E-mailアドレス  
・ご来店予定時間 
 17時〜21時(お持ち帰りの方は12時〜21時)でお知らせください
・店内でお食事 or お持ち帰り 
・ご注文内容・海鮮恵方巻き ◯本
・苦手な食材がございましたらお知らせ下さい
_______________________________

ご参加を希望される方は、
2月2日(火)までに参加フォームにご記入のうえ
info@sumeshiya.com までご連絡下さいませ。
参加費は当日のお支払いにてお願い致します。

OGI_4683.jpg

こだわり

自分達が使う食材や道具などは、可能な限り現地に足を運び、
五感で確かめる。自分達で作れるものは作る、獲れるものは獲りに行く。
『本質』の定義は『原点』だと考えております。