寿司・酢飯屋

  • こだわり
  • お知らせ
  • お品書き

島根県 大田市(おおだし) × 鹿児島県 指宿市(いぶすきし) 2017.02.15(水)

地域の生産者さんや支援機関の方々にお越しいただき
日本の郷土食・地グルメ・地酒を学びながら美味しくいただく企画となります。

今回は
【 島根県大田市(おおだし) × 鹿児島県指宿市(いぶすきし)】

今、時代が求めているもの。
日本の四季の味わいを感じる旬の魚と、
世界無形文化遺産に認定された【和食】においても大事にされている
日本食文化の出汁や熟成・発酵のチカラ。
それは、次世代に残したい素晴らしい日本の食文化です。
そのような日本の食文化の普及活動をしている
「わのもと」(国産株式会社)と酢飯屋が協力して
より地域や食材魂を味わう時間をご提供を致します。

今回は地域の旬の魚を味わうと共に、
次世代に残したい食を守る活動として
島根県大田市の「一日漁 晩市(いちにちりょう ばんいち)」という
漁業事業形態と
鹿児島県指宿市の鰹節「本枯節(ほんがれぶし)」を
メインテーマとしてご紹介します。

「一日漁 晩市」の説明
岡富商店 http://www.okatomi.jp/
※ご参加される方は必ずお読みになってからお越しくださいませ。

16325577_1181427581970939_50410028_o.jpg

「指宿産 鰹本枯節」の説明
山川水産加工業協同組合 http://www4.synapse.ne.jp/katsuobushi/katsuo.htm  
※ご参加される方は必ずお読みになってからお越しくださいませ。
16244452_1771195669871283_1279996876_n.jpg

食事される際に、その素材の作り手さんとご一緒することで
五感以外にも感じていただけるものが
食材魂(しょくざいだましい)】です。
皆さまには
それぞれの地域の味わいを楽しみ、お腹を満たすだけでなく
地域の食材魂までも感じていただける機会となりますことを願っております。


【日時】   
2017年 2月15日(水) 19時30分〜22時00分

※地域の方々からのお話を聴きながら、食事会を進めます。
(参加予定)
島根県大田市役所 松浦様、田部様
鹿児島県指宿市 鰹本枯節製造者 大丸鰹節 浜村様
<協力> 国産株式会社

【場 所】
『酢飯屋』 東京都文京区水道2-6-8
      
【最寄駅】
地下鉄 有楽町線 『江戸川橋駅』 4番出口から徒歩3分

【お品書き】
・島根県大田市×鹿児島県指宿市の食コラボ提案(何がミックスされるかお楽しみに)
・島根県大田市、鹿児島県指宿市の旬魚を使った刺身盛り合わせ
・島根県大田市×鹿児島県指宿市の熟成・発酵の力を感じる酒の肴
・島根県大田市 「一日漁晩市」の魚を使った酢飯屋オリジナル寿司
・鹿児島県指宿市 「鰹本枯節」を使った酢飯屋オリジナル寿司
・島根県大田市 郷土食 「へかやき」
・島根県大田市 郷土食 「箱寿司」
・鹿児島県指宿市 郷土食「茶節」
<お酒メニュー例>
・島根県大田市 一宮酒造 微発泡酒「雪香」、地酒「石見銀山」、熟成酒「江戸の絆」
・島根県大田市 若林酒造 地酒「開春」「西田」
・鹿児島県指宿市 田村合名会社 本格焼酎「薩摩乃薫(純黒)」 等
※仕入状況により、メニューの一部に変更があることもご了承ください。


【会費】
10,000円(税込) 限定20席
※お食事代・お飲物代・お土産代込の料金となります。

【島根県 大田市×鹿児島県 指宿市 お申し込みフォーム】
_____________________________
ご氏名(ふりがな)
携帯番号
ご住所 〒  
E-mailアドレス  
ご一緒される方のご氏名(ふりがな)
ご紹介者様名 (いらっしゃれば是非お書きください)
_____________________________


ご参加を希望される 方は、参加フォームにご記入のうえ
info@sumeshiya.com までご連絡下さいませ。
参加費は事前お振込みでお願いしております。
参加ご希望の方は2月10日(金)までに
参加費のお振込みをお願い致します。
ご入金確認が出来次第、受付完了とさせていただきます。

【お振込先】
______________________________________________
三井住友銀行
(店名) 本店営業部
(普通)2366556  株式会社酢飯屋
______________________________________________

16358444_1181427608637603_200203462_n.jpg
写真はイメージです。

kageuamaunnamed.jpg

16344194_1771207673203416_2016801823_n.jpg

helkaIMG_0154.jpg

こだわり

自分達が使う食材や道具などは、可能な限り現地に足を運び、
五感で確かめる。自分達で作れるものは作る、獲れるものは獲りに行く。
『本質』の定義は『原点』だと考えております。