郷土寿司プロジェクト / 書籍一覧

2016.05.04

書籍【季節のおうち寿司】/ 著者 岡田大介(酢飯屋)

[書籍]

酢飯屋・郷土寿司プロジェクトから【本が出版されました】

酢飯屋 岡田大介 著者として初めての本
『 季節のおうち寿司 〜身近な食材で豪華に見せる〜 』が
2016年 4月6日(水)に発売されました。

20160414213809.jpg


自分が寿司職人だからこそ
日本全国各地にある知らないお寿司を学び
継承していこうと取り組んでいる
『郷土寿司プロジェクト』のこれまでのまとめです。

まずは、一冊目。
といった感じでお伝えしなければならないほど
知らない郷土寿司が全国にはまだまだ沢山ございます。
そんな美味しく、面白い郷土寿司をご紹介するだけでなく
それらをおうちで作っていただきたく
郷土寿司由来の新しいレシピも考案させていただいております。

日本各地では昔からお祭りやお祝い事といった「ハレの日」に
その土地でとれた食材をつかったお寿司が食べられてきました。
サバの押し寿司、ばらちらし、笹の葉寿司、飾り巻き寿司など
「郷土寿司」と言われるものです。

おうちでご飯を作る楽しみ。
仲良しのみんなで、おうちでお寿司を囲む幸せ。
お店ではなくて、おうちだからこそ盛り上がるお寿司。

季節の行事や誕生日などの記念日にぴったりの
【おうち寿司】はじめませんか?

【ばらちらし】
_C7T6805.jpg
新入学。
家族にいれば当然ですが、仮にそうした人がいなくても
この季節はなんとなく初々しいお祝いムードが街に充満します。
そんな気分を祝うのにふさわしいのが『ばらちらし』。
黄色、白、緑に赤と彩りを見るだけでも華やいでくるし、
食べても美味しい。
お手本にしたのが、京都府 京丹後の郷土寿司『丹後ばらずし』です。
サバの缶詰をおぼろ状にしてちらしのベースにするのが特徴で、
甘辛いおぼろがちらし全体の味を引き締めてくれます。
丹後では、お祭りやお祝い事、学校の行事と
なにかあるとつくられています。
他の地域ではあまり見かけない特大サイズのサバ缶が
このお寿司専用に売られているほどです。
それだけみんな大好きな郷土寿司。
ちらし寿司の良いところは
飯台で作って、それをみんなでワイワイ言いながら食べていけるところ。
美味しく、幸せなおうち寿司時間が満喫できます。
『丹後ばらずし』の取材記事は
郷土寿司プロジェクト公式ホームページよりどうぞ。
http://www.sumeshiya.com/project/2016/05/post-17.html


寿司レシピのほかに、失敗しない酢飯のつくり方や
食べきれずに残ったお寿司展開レシピ、お寿司の名脇役の
「ガリ」「だし巻玉子」「しいたけ煮」のつくり方、
そして後半では、著者が訪れた郷土寿司の故郷
(小豆島、京丹後・宮津、鹿児島、佐渡、高知)
の取材風景もご紹介しています。

honIMG_2207.jpg

著者  岡田大介/本体1,500円+税
発行所 株式会社PHP研究所
印刷  図書印刷株式会社

ご購入は書店、または《楽天ブックス》
からお願い致します。電子書籍もございます。

季節のおうち寿司(台湾語版)『季節私家壽司巡禮

中国語(北京語版)もございます。
S__1140outi3318.jpg


PHP VOICE インタビュー記事]
【郷土寿司を家庭でつくる】
 お寿司は人生を豊かにするコミュニケーションのツールである。
 
岡田大介(おかだだいすけ) 酢飯屋(すめしや)店主
一九七九年、千葉県野田市生まれ。
大学浪人中の母親の急死をきっかけに十八歳で食の世界へ。
地元の割烹料理店、東京・秋葉原の寿司店で修業し、二十四歳のときに独立。
八丁堀の自宅マンションの一室で一日一組限定の寿司屋を開く。
次第に自分が扱うサカナから野菜、調味料、器などの生産者や現場に興味をもち、全国を巡り始める。
並行して、各地の郷土寿司にも関心を向ける。
二〇〇八年、東京・文京区にカフェ・ギャラリーを併設する完全紹介制・予約制の酢飯屋を開き、
日々、伝統と革新の寿司を究める。
著書に、『季節のおうち寿司』(PHP研究所)がある。

【郷土寿司の伝承の大切さ】
『季節のおうち寿司』(PHP研究所)は、
東京・文京区の寿司屋である酢飯屋の店主である岡田大介さんが、
各地で出会った「郷土寿司」を各家庭でつくれるようにレシピをアレンジしてまとめた本です。
なぜ、地方の郷土寿司にこだわっているのか、理由を教えてください。

岡田 そもそも郷土寿司とは、日本各地で昔からその土地で穫(獲)れる食材を使いながら、
お祭りやお祝い事といった「ハレの日」のご馳走としてつくられ、食べ継がれてきたお寿司のことです。
私はいま三十七歳ですが、三十歳前後から「郷土寿司プロジェクト」と称し、
日本全国各地に郷土寿司を学び、継承していく活動に取り組んできました。
各地の郷土寿司というものは、先輩の職人から教わる機会はまずありません。
だからといって、「知らなかった」ですませるのは寿司職人としていかがなものか、と考えてきました。
そこで郷土寿司の世界に踏み込んでみたのですが、これが面白さの塊だったのです。

「ここにこんな(郷土)寿司がある」という情報はどうやって集めるのですか。

岡田 お客様が教えてくれます。その方お一人おひとりに出身地がありますので、お店で聞くこともあります。
二十代のころは、アポなしで現地を訪れていましたが、会いたい人が不在であるなど、その無駄に気付きましたので、
現在はしっかりアポを入れてから、訪ねるようにしています(笑)。

本書には日本全国の郷土寿司が紹介されており、その点でも貴重な文献になると思います。
地元の方は、郷土寿司の伝承ということに関して、どのような意識をもっているのですか。

岡田 ある地域ではリーダー格の女性が婦人会のようなものをつくり、保存に努めていました。
ただ、もともと郷土寿司は各家庭で代々受け継がれてきたもので、はっきりしたレシピが存在しない場合も多く、
今後はより意識して後世に伝える努力をしていかないと消えていってしまうのではないか、という心配はあります。
たとえば、瀬戸内海に浮かぶ小豆島(香川県)に「生(き)ずし」という郷土寿司があると知り、
ネットで検索してみましたが、詳細がわかりません。
そこで直接、現地を訪ねて聞き込みを開始したのですが、「知らない」「聞いたことがない」という答えばかり。
さらに調べていくうちに、島の北西部に位置する土庄町小江という場所でつくられてきたものであることがわかりました。

瀬戸内海の一つの島の、さらに島内の一地域の郷土寿司だったわけですね。

岡田 そうです。この地域は以前、四海村と呼ばれていたところで漁業が盛んで、
地元の漁師さんは底引き網で漁をしており、夏から冬にかけては新鮮なアナゴがよく獲れます。
そのなかで市場に出せないような小さいアナゴを使ったのが、生ずしの正体でした。
いわば漁師メシなのですが、生のまま、それも骨ごとお寿司にしてしまうということで、「おおっ」と思いました。
これまでそのようなお寿司はつくったことがなかったからです。
生ずしのつくり方を教えてくれたのは、一田初美さん(四海漁業協同組合女性部代表)でした。
数年前に他界した旦那さん、それに息子さんも漁師さんで、
「八十年ぐらい前から、お祭りや法事、お祝い事のときに生ずしをつくってきたそうです」と話していましたが、
「さすがにもう娘はつくらなくなってしまった」ともおっしゃっていました。

そういう形で郷土寿司の伝承が途絶えてしまうのは、じつに残念な気がします。

岡田 そもそも郷土寿司といっても、「ああ、あのお寿司ね」という感じで受け継がれており、
じつは具体的な名前すらないものも多いのです。
繰り返しになりますが、いま保存に努めなければ、やがて次々になくなっていくという心配はあると思います。

本書が郷土寿司の大切さに多くの地域や人びとが気付くきっかけになればよいのですが。

岡田 そうなれば嬉しいと思います。
 
岡田さんは、各地の郷土寿司を訪ねるだけでなく、新たな郷土寿司をつくるというプロジェクトも行なっていますね。

岡田 そうですね。たとえば、銚子(千葉県)は日本屈指の漁港ですが、
水挙げされたサカナのほとんどが東京の市場へ直送されるため、
わざわざ銚子まで行って食べたい、買いたいと思う名物がありませんでした。
そこで私を含む有志数人で、銚子で手釣りされているきんめ鯛を粕漬けにして販売するプロジェクトを始めました。
地元の漁協さんの協力も得て完成したのが、「銚子つりきんめ鯛の生粕漬」です。
きんめ鯛の旨み、酒粕の甘味、そこに酢飯の酸味が加わって、極上のハーモニーを奏でる一品です。

【一つひとつの食材に物語がある】
岡田さんは、寿司職人としてじつに多様な挑戦をされていると思います。
本書のコンセプトは各地の郷土寿司を「家庭で」というものですが、これも新たな挑戦だったといえるかもしれません。

岡田 もともと郷土寿司は地域の各家庭に受け継がれていたものですから、
「家庭で」という本書のコンセプトは、けっして不自然とはいえません。
ただ、現地で取材してみても、家庭のお母さんごとにレシピが異なっていたり、曖昧だったりする。
郷土寿司は各家庭に受け継がれてきたものですから、それでいいと思います。
とはいえ、郷土寿司のレシピ本をつくるに際しては、材料を一g単位で決めなければならない。
そのすり合わせには苦労しましたが、最終的には自分の判断を基準にしました。

本書には春、夏、秋、冬の季節ごとに、合計二五の郷土寿司のレシピが収録されています。
たとえば「新入学」のシーズンには、お祝いムードを演出するため、
京都・京丹後の郷土寿司である「丹後ばらずし」をお手本にして、彩りも鮮やかな「ばらちらし」をつくってみようと提案されています。

岡田 子供が多い家庭などでは、ばらちらしや手巻き寿司はわりと一般的なメニューだったように思います。
しかし、最近はつくらなくなった家庭も増えているそうです。
その意味でも本書を読んだ読者の方に、家庭でお寿司をつくる楽しさをもう一度知ってもらいたい、という思いがありました。そのうえで、家庭ではできないお寿司の味を求めて、お店にきてもらいたいですね。

そもそも、いろいろな和食があるなかで、岡田さんにとってお寿司とはどんなものですか。

岡田 私にとっては、完全にコミュニケーションのためのツールになっています。
酢飯屋では、お客さまに食材や調味料、器などにも興味をもっていただき、お寿司を食べていただきたいと考えています。
一回のコースを召し上がるのに、だいたい三時間のお時間をいただいていますが、
もっと時間が欲しいと感じるときもあります。
一つひとつの食材に物語があり、調理の仕方でもいくらでも語りたいことがある。
私が新しく仕入れた「情報」があれば、さらにそれをコースのなかに盛り込んでいきたい。
それらの情報をご存じないままにお客さまにお寿司を食べてもらうのは、「もったいない」と考えているのです。

本書によって、酢飯屋が提供するお寿司の世界がさらに広がるかもしれませんね。

岡田 実際にお客さまのなかには、「お寿司は食べ尽くしてきたつもりだったが、まだあったのか」と驚いてくださる方がいます。
私自身、日本人としてまだまだ知らない郷土寿司がある。そこが面白いですし、もっと各地を訪ねてみたいと思います。

最後に、今後の活動について教えてください。

岡田 私は誰に頼まれたわけでもなく、寿司業界全体を盛り上げていくことを使命にしています。
そのためにも、過去、現在、未来のお寿司を掘り下げ、現地に足を運び、
感じたこと、吸収したことを自分なりに表現していきたい。本書もその一環です。
さらに寿司業界を活性化するためには、もっと若い人に入ってもらいたい。
寿司職人がサッカー選手と同じような憧れの職業になってほしいのです。
いま当店では、高校三年生の男の子が修行をしているんですが、
「バイト代はいらないので、学ばせてほしい」といっています。

いまどき、そんな子がいるんですね。

岡田 彼は横浜から自転車で通勤していますが、気合いが違いますよ。
そもそも私は、自分だけ成功しても意味がない、と思っています。
酢飯屋の隣に新しく寿司屋ができても、まったく構いません。
ライバルが増えてもいい。
私は誰も真似ができないことをやりますから、新しくお店を開く人も、そうしたほうがよいでしょう。
その高三の男の子も、私の店で修業したあと、やがて独立するかもしれませんが、
そうやって業界全体が盛り上がっていくほうが、面白いじゃないですか。

KISETSUNOOUCHIZUSHIIMG_5697.jpg
紀伊國屋書店さま

KISETSUNOOUCHIZUSHIIMG_5630.jpg
本の教文館さま

KISETSUNOOUCHIZUSHIIMG_5631.jpg

KISETSUNOOUCHIZUSHIIMG_5633.jpg

KISETSUNOOUCHIZUSHIIMG_5635.jpg
東京交通会館

KISETSUNOOUCHIZUSHIIMG_5636.jpg
三省堂書店さま

KISETSUNOOUCHIZUSHIIMG_5655.jpg
あおい書店さま

KISETSUNOOUCHIZUSHIIMG_5653.jpg
小泉武夫先生の本の隣りに置いていただきまして光栄です!

KISETSUNOOUCHIZUSHIIMG_5652.jpg

KISETSUNOOUCHIZUSHIIMG_5552.jpg
PHP研究所さんから、このような箱で送られてきます。

honIMG_2209.jpg

12822832_793070547489615_1285650567_o.jpg
こちらは、図書印刷株式会社さんへ印刷の確認に行った際に見せていただいたもの。

IMG_2112.jpg

kisetuIMG_2113.jpg

sushiIMG_2391.jpg
最初の1冊目は神棚に。

sushiIMG_2393.jpg
地球上の様々な素材とともに。

sushi.jpg
野崎洋光さんと土井善晴さんに挟まれる緊張感。

S__5390350.jpg
ジュンク堂 池袋本店さん ありがとうございます!

IMG_8782.jpg
愛知県 名古屋で書店を始めて140年以上。
東海地区最大級の巨大書店
【丸善(MARUZEN)名古屋本店】さんが
おもてなし料理の棚にて『季節のおうち寿司』をご紹介してくださいました。
https://twitter.com/maruzennagoya

名古屋在住のE.O様、ご報告写真ありがとうございます!

IMG_5887.jpg
佐賀県【武雄市図書館】さん

14677848_10209034579316141_1528495377_o.jpg
岡山市【幸町図書館】さん

13451110_614344865391331_1146915328_n.jpg
山口県【宇部市立図書館】さん

先行ご予約の方は
抽選で20名さまに酢飯屋お食事券5,000円分が当たる受付番号クジは
2016年3月30日をもちまして締め切らせていただきました。

20160202072134.jpg
デザイン:ササキタカシ

ご予約された順に1冊ごとに受付番号を付けさせていただきました。
先行ご予約いただいた方の抽選クジ制作風景
IMG_2311.jpg

そして、当選番号はこちらです。
当選された方おめでとうございます!
酢飯屋お食事券 5,000円 をご自宅まで郵送させていただきます。
kujiIMG_5568.jpg