郷土寿司プロジェクト

サバの姿寿司(さばのすがたずし)

[高知県]

高知県の郷土寿司の一つです。
サバを背開きにして塩と酢を効かせ、腹を上にして酢飯を包むようにしたお寿司です。
高知のハレの日のご馳走です。
【SABA NO SUGATA SUSHI】
This Sushi is prepared by slicing open amackerel along the back , seasoning it with salt and vinegar ,
placing it backside down , and then filling it with sushi rice.
This is considered to be a Kochi-style feast for celebratory occasions.

高知県には、山のサバ寿司がうまいという定説があります。
かつては塩蔵したサバを谷川の水に流して、ゆっくりと塩を抜き
山のゆの酢(ゆず果汁)を上手に使い、旨味を引き出しているからです。
法事にはサバの腹を上に盛り付け、
祝い事には生きた魚のように腹を下にして盛り付けます。