寿司・酢飯屋

  • こだわり
  • お知らせ
  • お品書き

酢飯屋 2017年4月のお酒です 2017.04.01(土)

今月は 【山】 特集です。
sake201704RGB.jpg

【鏡山(かがみやま)】
小江戸鏡山酒造・埼玉県川越市
日本酒を飲み慣れていない人にオススメの一杯です。普通だけど、密かにモテる。
「女子はわかるけど男子はわからない系」男子のような相手を疲れさせないお酒です。
(メモ)
無濾過生原酒だけれども疲れない。中盤のお酒。水のようで飲みやすい。
意外と女子ウケする。日本酒慣れていない人のはじめの一杯にオススメ。


【帰山(きざん)】
千曲錦酒造・長野県佐久市
酸味と甘みが仲良くハグしているお酒。
甘ったるさはなく、オブラートに包まれたような丸い酸味を感じます。
舌の奥にいくまでには甘酸っぱい大人のジュースに。
(メモ)
流行のお酒とは一線を画す甘み香り系のお酒です。
寿司のはじまりにオススメ。くるまれる感じ。


【八海山(はっかいさん)】
新潟県魚沼市・八海山醸造
ほんのりと甘い香り、米の旨味が感じられます。
日本酒ってお米からできてるんだなぁ。美味しいんだなぁ。
お寿司が食べたいんだなぁ。と思わせてくれるお酒です。
(メモ)
「八海山」と聞いて選ばない人にはぜひ飲んでほしい。
八海山という名前が良く合う。
ひんやりした風、澄んだ空気、黄金色に光る稲穂が見えるようです。

【大山(おおやま)】
山形県鶴岡市・加藤嘉八郎酒造
香りは穏やかで、味が濃く、口に入れた時に凝縮されたエキスを味わえます。もののふ。味に器の大きさを感じます。飲み進めても底がしれない。まさに大山。

こだわり

自分達が使う食材や道具などは、可能な限り現地に足を運び、
五感で確かめる。自分達で作れるものは作る、獲れるものは獲りに行く。
『本質』の定義は『原点』だと考えております。