寿司・酢飯屋

  • こだわり
  • お知らせ
  • お品書き

第2回 一魚一麦 -いちぎょいちばく-

ichibaku_IMG_8872.jpg

東京ビアウィーク2015の開催にあたり、 
(2015年4月3日(金)〜12日(日))

今年も酢飯屋では、
4月3日(金)
『第2回 一魚一麦 -いちぎょいちばく-』を企画しました。

1つのお寿司に対して、1つのビール。
ただシンプルに、それだけを楽しんでいただく企画です。

酢飯屋からは
お通し1種と13種類の寿司をお出しさせていただきます。
そこに、14種類のクラフトビールを掛け合わせる
贅沢な大人の遊びです。

今回の写真と詳細は以下になります。

【乾杯】
 Far Yeast 東京ブロンド × ヤナギダコと喜界島在来種ミニそら豆のピクルス

【ホワイト】
(日)Far Yeast 東京ホワイト × カジカ(塩こうじ)
(欧)KAGUA Blanc × サメガレイ(酒盗)
(米)ホワイトラスカル × 背黒イワシのゴマ漬け(江口パクチー)

【ペールエール/IPA】
(日)常陸野ネスト ペールエール × アコヤ貝(しろたまりん)
(欧)BFM ラ・メール(セージの入ったエール) × ハタハタ寿司
(米)ホップデビルIPA × マカジキの湯霜漬け

【ノンジャンル】
(日)COEDO紅赤 × ブラウンマッシュルームバーガー
(欧)BFMスパイク&ジェローム × オオメマスの炙り
(米)ネブラスカ・ブルーイング ブルネットナッツエール × 金目鯛の生粕漬け

【スタウト・ポーター】
(日)常陸野ネストエスプレッソスタウト × 酢飯屋ちゃん(倉田ペッパー)
(欧)BFM ラ・クヴェエ・アレクス・レ・ルジュ × ゴマカン
(米)スティルウォーター イグジスタント × 檜山納豆

【締め】
 KAGUA Rouge × 煮穴子


【日時】
2015年 4月3日(金) 19時~21時30分  満員御礼

【場 所】
『酢飯屋』 文京区水道2-6-6
      
【最寄駅】
地下鉄 有楽町線 『江戸川橋駅』 4番出口から徒歩3分

【会費】
12,960円(お寿司代、ビール代、全て込みです。)

【持ち物】
お気に入りのビアカップ
(お店にもご用意ございますが、是非お持ち下さい。)

【定員】
20名さま先着とさせていただきます。


昨年の様子はこちらからご覧いただけます。
第1回 一魚一麦


ichigyoichibakuIMG_0666.jpg

ichigyoichibakuIMG_0667.jpg
今回のラインナップです。

ichigyoichibakuIMG_0668.jpg
FAR YEAST TOKYO BLONDE 東京ブロンド

ichigyoichibakuIMG_0669.jpg
FAR YEAST TOKYO BLONDE 東京ブロンド × ヤナギダコとミニそら豆のピクルス

ichigyoichibakuIMG_0670.jpg
・FAR YEAST TOKYO BLONDE 東京ブロンド
・KAGUA Blanc
・ホワイトラスカル

ichigyoichibakuIMG_0671.jpg
FAR YEAST TOKYO BLONDE 東京ブロンド × カジカ塩麹


samegareiIMG_8557.jpg
KAGUA Blanc × サメガレイ酒盗のせ


ichigyoichibakuIMG_0746.jpg
ホワイトラスカル × セグロイワシ パクチーオイルのせ

ichigyoichibakuIMG_0747.jpg
・常陸野ネストペールエール
・BFMラ・メール 
・ホップデビルIPA

ichigyoichibakuIMG_0748.jpg
常陸野ネストペールエール × アコヤ貝のしろたまりん漬け

ichigyoichibakuIMG_0749.jpg
BFMラ・メール × 自家製ハタハタ寿司

ichigyoichibakuIMG_0750.jpg
ホップデビルIPA × マカジキの湯霜漬け

ichigyoichibakuIMG_0751.jpg
・COEDO 紅赤
・BFM スパイク&ジェローム
・ネブラスカ・ブルーイング ブルネットナッツエール

ichigyoichibakuIMG_0752.jpg
COEDO 紅赤 × 生で食べられるブラウンマッシュルームバーガー

ichigyoichibakuIMG_0753.jpg
BFM スパイク&ジェローム × 大目マスの炙り

ichigyoichibakuIMG_0754.jpg
ホップデビルIPA × 銚子つりきんめ鯛の生粕漬け

ichigyoichibakuIMG_0755.jpg
・常陸野ネスト エスプレッソスタウト
・BFM ラ・キュヴェ・アレクス・レ・ルジュ
・スティルウォーター イグジスタント

ichigyoichibakuIMG_0756.jpg
常陸野ネスト エスプレッソスタウト × エミート 壱岐の藻塩と倉田ペッパーで

ichigyoichibakuIMG_0764.jpg
BFM ラ・キュヴェ・アレクス・レ・ルジュ × 喜界島の白ゴマと無漂白カンピョウの佐賀市海苔巻き

ichigyoichibakuIMG_0766.jpg
スティルウォーター イグジスタント × 檜山納豆 角長和え

ichigyoichibakuIMG_0767.jpg
・KAGUA Rouge

ichigyoichibakuIMG_0768.jpg
KAGUA Rouge × 対馬の築城さんのアナゴ

ichigyoichibakuIMG_0773.jpg

こだわり

自分達が使う食材や道具などは、可能な限り現地に足を運び、
五感で確かめる。自分達で作れるものは作る、獲れるものは獲りに行く。
『本質』の定義は『原点』だと考えております。