寿司・酢飯屋

  • こだわり
  • お知らせ
  • お品書き

【ベロベロの神様ナイト3】 2014.09.09(火)

前回も大盛り上がりに終わった『ベロベロの神様ナイト2』。

高知県のお酒遊びの代表格、『べく盃』で遊びました。

今回はそれに加え、菊の節句である9月9日ですので、
『菊の花』という酒遊びもしましょう。
遊び方は簡単ですので、
当日ご説明させていただきますね。

IMG_1765.jpg
僕が25才の時、初めて高知県に行った際に教わった酒遊び。

ベロベロの神様♫ という唄をみんなで歌いながら
天狗、ひょっとこ、おかめ が描かれた駒を回して、
出た絵柄のおちょこにお酒を注がれ、飲む。
飲んだ方が今度は駒を回して、
またみんなで、ベロベロの神様♫ を歌い、またそれを繰り返す。

IMG_1766.jpg

オリジナルべく杯を
陶芸家 村越正承さんに作っていただきました!

日本酒が好きな方、
人が好きな方、
秋を感じながらベロベロになりたい方向けの企画になります。

今回も、手ぬぐい屋さんとして有名な
『かまわぬ』さんとの共同企画となります。
頭に手ぬぐいを巻き、駒を回して酒を飲む!が一段落しましたら、
『かまわぬ』さんでも販売している『さる杯』にて、
第2ステージの酒遊びを開始します。
同じく、サイコロを振り、そこに書いてあることをする。

そして、さらにここからもの凄い酒遊び、
第3ステージ『菊の花』。

もうその頃には、みんなペロペロ仲良しです。

以下
ベロベロの神様ナイト3の様子です。

IMG_2527.jpg

IMG_2508.jpg

IMG_2537.jpg

IMG_2551.jpg

IMG_2564.jpg

IMG_2570.jpg

beroberoIMG_2522.jpg

beroberoIMG_2559.jpg

IMG_2572.jpg

IMG_2511.jpg

beroberoIMG_2587.jpg

beroberoIMG_2518.jpg

beroberoIMG_2547.jpg

【ベロベロの神様ナイト2 の様子】

さて、
今回の詳細は以下です。

【日時】
2014年 9月9日(火) 19時30分~22時30分

【場 所】
『酢飯屋』 文京区水道2-6-6
      
【最寄駅】
地下鉄 有楽町線 『江戸川橋駅』 4番出口から徒歩3分

【会費】
8,100円(税込)
(おつまみ代、お酒代、手ぬぐい代、全て込みです。)

【持ち物】
特にございません。

【定員】
20名さま先着とさせていただきます。

【注意】たっぷりのお水をご用意しておりますので、お酒の倍以上は飲むように心がけてください。


【ベロベロの神様ナイト3 お申し込みフォーム】
_________________________
ご氏名(ふりがな)
携帯番号
ご住所 〒  
PCアドレス  
ご一緒される方のご氏名(ふりがな)
ご紹介者様名 
_________________________

ご参加を希望される方は、参加フォームにご記入のうえ
 info@sumeshiya.com までご連絡下さいませ。
 参加費は事前お振込みでお願いしております。
 9月5日(金)までに参加費のお振込みをお願い致します。
 ご入金確認が出来次第、受付完了とさせていただきます。

【お振込先】
______________________________________________

三井住友銀行
(店名) 本店営業部
(普通)2366556  株式会社酢飯屋
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _
ゆうちょ銀行
(店名)〇一八(ゼ ロイチハチ)支店
(普通)口座番号 9382808 株式会社酢飯屋

※ゆうちょ銀行からお振込の場合は
記号10190 番号 93828081
______________________________________________

<重陽の節句>
9月9日。
9(陽の数)が重なる事から重陽(ちょうよう)と言います。
昔、中国では奇数を陽の数とし、
陽の極みである9が重なる9月9日は大変おめでたい日とされ、
菊の香りを移した菊酒飲んだりして、
邪気を払い長寿を願うと言う風習がありました。
日本には平安時代の初めに伝わり宮中では観菊の宴が催されました。
菊の節句、菊の宴とも言われています。
華道を嗜む方にとってこの日はとても大切な日。
ということでお二人の華道家さんに、
菊のみを使ったお生花をいけていただきます。

こだわり

自分達が使う食材や道具などは、可能な限り現地に足を運び、
五感で確かめる。自分達で作れるものは作る、獲れるものは獲りに行く。
『本質』の定義は『原点』だと考えております。