神楽市場

  • 商品一覧
  • ご注文
  • お知らせ

ガーナのカカオ豆ガーナのカカオ豆ガーナのカカオ豆

ガーナのカカオ豆
600円(税抜)


-------------------------------------------------------------
認定NPO法人ACEが児童労働をなくすための支援活動を
行っているガーナ共和国アシャ ンティ州タノ地域で
育てられたカカオ豆です。

児童労働がないことを地元住民が継続的にモ二タリング
している地域で取れたカカオを使っている
「チャイルドレイバーフリーカカオ」です。

参照URL:http://acejapan.org/
-------------------------------------------------------------


「 Bean to Bar -ビーントゥバー- 」
(生のカカオ豆を焙煎しチョコレートにすること)

このカカオ豆があれば、ご自宅で作ることができます!
乳化剤不使用のオリジナルチョコレートを作ってみませんか?

焙煎で、オーブン
粉砕に、フードプロセッサーが必要です。

ガーナ産のカカオ豆です。
1袋(300g)で板チョコ7枚ほど作れます。

 《カカオ豆から作るチョコレートレシピ》

1. カカオ豆をローストします
  120° のオーブンで30分、140°に上げて6分。
※ローストする前に少し水で豆を洗い、水分を軽く拭き取って
  からローストするとカカオ豆の皮が剥きやすくなります。

2. ローストしたカカオ豆の皮を剥きます
  甘栗を剥くように指の腹を使って豆を押し「ピキッ」という
  音がしたら、皮が剥きやすくなります。
  ※皮を取った豆のことをカカオニブと言います。

3. カカオニブをフードプロセッサーなど微粒化できる機械で
粉砕します。粉砕を続けると、カカオニブに含まれている
カカオバターが溶け出し、次第にペースト状になってきます。
 これがカカオマスと言われる状態で、カカオ100%の状態です。

4. カカオマスにお好みの量のお砂糖を加えます。
おすすめの分量は(カカオ7:砂糖3 )です。
 粉末のミルクなども、お好みで。
  ※ただし、液体は入れないでください。
カカオバターと分離してしまい、うまく混ざりません。
  ※蜂蜜なども基本的に使わないほうがいいです。

5. 完全に混ざり切ったらお好きな型に流し込み冷蔵庫で
冷やし固めます。
  ※ドライフルーツやナッツをのせてもいいですね。

6. 型から外し、完成です。


カカオ豆は分類としては生鮮品になるため賞味期限はない
ものになります。毎年新物のカカオを1年かけてどのカカオ
加工メーカーも使っていくので実際は1、2年で使いきって
いると思われますが3、4年たったものでも保管状態(密封
性を高く、温度25度以下、直射日光を避けて保管)
よければ使用にも問題ありません。

さらにカカオの写真やデザインについてはこちらからどうぞ
かかお・カカオ・Theobroma cacao(ガーナ)

原材料名:
カカオ豆
内容量:
300g
販売元:
神楽市場

←商品一覧へもどる