ブログ

2019.05.31

エサを変えると、釣れる魚があからさまに変わる 。

[海の生き物釣り・Fishing]

maierjeiru1111.jpg

今朝は、パンが食べたいな。

お昼はラーメンが食べたいな。

夜はお寿司が食べたいな。

人が日時によって、食べたい気分が変わるように、
魚たちもそんな感覚で、エサを選んで食べます。

maierjeiru1111942.jpg

人も魚も飢餓状態であれば、
選ぶことをせず、
目の前にあるものを食べるのでしょうが、
ペコペコでは無い状態の魚達(グルメ魚(うお))は、
明らかに食べたいエサを選んで食べています。

先日
キビナゴカタクチイワシウルメイワシ
3種のエサで実験してみました。

予想は的中。
いくらカタクチイワシを近づけてもガン無視していたカンパチが、
エサをキビナゴに変えた瞬間、即喰いついてきたり。

maierjeiru1112017.jpg

maierjeiru1112022.jpg

maierjeiru1112018.jpg

エビやキビナゴには見向きもしなかったギガアジが、

maierjeiru1112021.jpg

ウルメイワシにエサを変更した瞬間、丸呑みしてきました。

maierjeiru1112024.jpg

しかし、翌日は真逆の結果だったり。

ジャンルでクリアするのではなく、
さらに繊細な調整が必要そうです。

ラーメンを食べたい気分の人が、
ラーメン屋さんに入ったのはいいものの、
醤油ラーメンか塩ラーメンで悩んでしまうのと似たような
それくらいの違いを、魚達も楽しんでいる気がしてなりません。
引き続き研究を続けたいと思います。

maierjeiru1111949.jpg