ブログ

2019.05.18

高知県 宿毛市(すくもし)

[季節のおうち寿司寿司岡田イズム料理海の生き物記録釣り・Fishing食遊び]

kochi3488.jpg

高知空港から約3時間、車で走ってお腹ペコペコ状態で宿毛(すくも)に到着。

光り物の街で、『きびなごのおから寿司』を再構築してきました。

kochi3487.jpg
すると、
海の真横でいきなりのお刺身のご馳走。

kochi3486.jpg
さすがの高知県。
当たり前のように凄い鮮度で
おろしニンニクとともにカツオがお昼から登場。

kochi3489.jpg
こんなところで食べるお刺身、美味しいに決まってます。
食べ物は、
一緒に食べる人や、場所、雰囲気などで
その味は変わると良く言われますが、
この場所で食べて美味しくないものなどあるのでしょうか。

kochi3490.jpg
そして、この場所こそが
酢飯屋でも大人気お寿司の一つとなっている
きびなごのおから寿司』の発祥の地です。

kochi3492.jpg
このお寿司を開発し、盛り上げているのが
こちらの河原多絵(かわはらたえ)さんです。
2015年に『季節のおうち寿司』の取材の際、
このお寿司を教えてくださったのが、多絵さんです。

kochi3495.jpg
多絵さんの旦那さんは、辰義丸の船長さん。
多絵さんの娘さんや漁師さんらと、
海に出て船の上で意見交換タイム。

kochi3497.jpg
いざ、出航です。

kochi3498.jpg
こちらが船長の河原義郎さん。

kochi3500.jpg
梶(かじ)。
ここからは、義郎さん監修のもと岡田が操船。

kochi3510.jpg

kochi3515.jpg

秘密の遊び場に到着。
ここは、安全で魚影も濃く、家族を連れて行きたくなる最高の場所。
連れて行きたい。では夢で終わってしまうので、
ここは即決。
早速夏の家族旅行のスケジュールに入れて、
航空券GETです。

kochi3516.jpg
シュノーケリングや、泳ぎながら釣りをして遊んだり、
素潜り魚突きや貝取りなどもやらせていただけるとのこと!

kochi3517.jpg
ほぼ間違いなく伊勢エビがいるというテトラ。

kochi3523.jpg
若い漁師さんの考え方をしっかりと聞き、
可能な限り、お悩み相談も受けて、みんなで解決策を見出していきます。
楽しい話し合いは大盛り上がり、あっという間に夜になっていました。

kochi3526.jpg
夜の宿泊は『宿毛城(すくもじょう)』。
お城に泊まるわけではなく、そういう名前のお宿です。
ここでも魚介類三昧。
トコブシの煮物

kochi3527.jpg
オオモンハタの煮付け

kochi3528.jpg
宿毛のマダコ

kochi3529.jpg
そしてカツオの刺身。

kochi3531.jpg
こちらは、多絵さんのお父様で
愛媛県 観喜光寺(かんきこうじ)の住職でもある
海庵牧雄(かいあんぼくゆう)さん
2019年で90歳。
90歳の方とビールを注ぎ合いまくったのは初めてかもしれません。
お言葉には、勉強になることばかり。
『わしは、115歳まで生きる。
 なんぼ飲んでも、朝起きたら生きちょる。
 心配すんな、大丈夫じゃ、大丈夫じゃ。』

kochi3532.jpg
僕は今朝4時起きで、飛行機乗って、空港から3時間車乗って、
そのあと、休憩せず海で打ち合わせをしていて疲れているとか、眠いとか、
そんなことは関係ありません。というか知る由もありません。
THE 高知 発動です。

住職さんがこれだけ飲んで、大丈夫、大丈夫とおっしゃると
人間、大丈夫な気がしてきてしまいます。

kochi1823.jpg
普段は本当に和尚様(おしょうさま)。
僕も負けず嫌いなので、和尚と楽しく飲みまくりました。

kochi3533.jpg
さすがに、酔ったと思われる和尚さん。
こんなヨタヨタで寝床に向かわれて、
勝利!と思っていたら、ただのトイレ休憩でした。
明日も朝早いのでー。
とかそういうのは関係ないのが高知流。
隣りの部屋で二次会開始。
納得がいくまで飲んで寝る。
115歳予告をされる方は、活力が違いますね。
『人間は活力』。
これがこの夜、一番心に残った言葉でした。

kochi3534.jpg
翌朝。
水揚げが早まったという連絡が入り、
眠い目をこすって、港へ直行。
水揚げが早まるということは、大漁だったということか!?

kochi3536.jpg
たっぷりのマサバ、ゴマサバ、その他小魚類が仕分けされていました。

kochi3537.jpg

kochi3538.jpg

kochi3539.jpg
ハンマーヘッドシャーク(シュモクザメ)

kochi3540.jpg
小さめの魚は、一種がまとまって獲れれば価値が付きますが、
混ざって獲れると一気に価値が下がってしまうとのこと。
この問題解決に対しては良いアイデアが浮かびました。

kochi3541.jpg
これだけの量の仕分け作業をしても価値がつかないという問題は
解決したいですもんね。

kochi3542.jpg

kochi3545.jpg

kochi3547.jpg

kochi3548.jpg

kochi3549.jpg

kochi3551.jpg

kochi3552.jpg

kochi3555.jpg
こちらの船では、
3種の小魚が混ざっていました。

kochi3556.jpg

kochi3558.jpg

kochi3559.jpg

kochi3560.jpg

kochi3561.jpg

kochi3562.jpg

kochi3563.jpg

kochi3564.jpg
この中に3種類の小魚。
さて、何がいるでしょうか?

kochi3565.jpg

kochi3569.jpg

kochi3570.jpg
上から
キビナゴ
カタクチイワシ
ウルメイワシ

kochi3572.jpg
一緒に水揚げされたイナダは口いっぱいに小魚を頬張っていました。

kochi3573.jpg
サバの口の中にもパンパンです。

kochi3576.jpg
ソウダガツオも同じく。

kochi3578.jpg
上:ヒラソウダ
下:マルソウダ

kochi3580.jpg
今回の主役であるキビナゴをより分けて下さった義郎さん。

kochi3607.jpg

kochi3582.jpg

kochi3583.jpg

kochi3584.jpg
この日は大漁でした。

kochi3587.jpg

kochi3588.jpg

kochi3589.jpg

kochi3591.jpg

kochi3593.jpg

kochi3594.jpg

kochi3595.jpg

kochi3596.jpg

kochi3597.jpg

kochi3598.jpg

kochi3599.jpg

kochi3612.jpg

kochi3614.jpg
バケツで持ち帰る魚は、ごはんのおかず用です。
僕のためにもお魚取り分けてくださいました!
ありがとうございます。

kochi3616.jpg
水揚げお疲れさまでした!!

kochi3617.jpg
辰義丸さんありがとう!!

kochi3618.jpg
明るい漁師さんたち。

kochi3619.jpg
漁師さんの仕事は、水揚げして終わりではなく、
このあとも細かな仕事があります。

kochi3620.jpg

kochi3622.jpg
本拠地に戻ってきました。

kochi3625.jpg
おかず用のお土産が鮮魚って、
漁師さんにとっては当たり前かもしれませんが、
やっぱり豊かです。

kochi3627.jpg

kochi3628.jpg
こんな大きな獲れたてのアジも!

kochi3632.jpg
ピチピチのキビナゴも。

kochi3633.jpg
サッパも入ってました。


kochi3700.jpg
ネンブツダイ、アカエイ、クロダイ、色々泳いでますねー。
釣りしたくなってしまいます。

kochi3701.jpg
あ!ウツボだ。
釣るしかないっすね。

kochi3706.jpg
ガブッ!!!!! ぐいいいいいいいいいいいいんん!!!!

kochi3707.jpg
引っ張り合いの激しい格闘の末、どうにか釣り上げることができました。

kochi3709.jpg
この口!

kochi3711.jpg
油断すると噛み付いてきます。

kochi3712.jpg
しかし丸々太って重たい。。

kochi3713.jpg
うわ!顔ギリギリ噛みつかれるところだったー!!

kochi3714.jpg
厚みも凄いです。

kochi3716.jpg

kochi3719.jpg
驚きの、ウツボの歯並びや内臓など
さらに詳しくはこちらからどうぞ。
https://www.sumeshiya.com/blog/2017/07/post-2781.html

kochi3721.jpg
この太さ、写真で伝わりますかね?

kochi3722.jpg
ぬるっぬるです。

kochi3723.jpg
指9〜10本分の厚み。

kochi3724.jpg
一般的な釣り糸では耐えられないため、
漁師さんから極太のPEラインとこれもんの大針で見事釣れました。

kochi3725.jpg
と、釣りして遊んでいた間に、
漁師さんの手作りパエリアが朝ごはんで登場。
レモンライムを絞って食べるとまた美味。
ミョウガのお味噌汁も合うー。

kochi3726.jpg


kochi3728.jpg


kochi3730.jpg
キビナゴの下処理を改めて。


kochi3731.jpg
頭をハサミか包丁か手で落とします。


kochi3732.jpg
内臓を指で掻き出します。


kochi3733.jpg
お腹の内側の銀色の部分をこすって


kochi3734.jpg
このように綺麗にします。


kochi3735.jpg
中骨の上に親指を入れて、手開きにしていきます。

kochi3736.jpg
尻尾の方に向かって左に入れて、頭側の右まで。

kochi3740.jpg
尻尾の付け根の骨をちぎって、中骨をゆっくりと頭側に引っ張り、骨をとります。
これで、キビナゴの手開きの完成です。

kochi3742.jpg
生姜水でサッと洗って、

kochi3744.jpg
水気を切り、

kochi3745.jpg
生姜酢水に入れて数秒間、

kochi3746.jpg
混ぜたら、

kochi3747.jpg
水気を切り、

kochi3748.jpg
あらかじめ作っておいた酢おからで丸めていきます。
詳しい作り方は郷土寿司プロジェクトからどうぞ。

kochi3749.jpg
今回は、黒おからバージョン!
これについては、また後日ご紹介いたします!

kochi3751.jpg

kochi3760.jpg

kochi3761.jpg

kochi3765.jpg

kochi3767.jpg

kochi3768.jpg

kochi3775.jpg