ブログ

2017.08.17

黒ムツの煮付け

[うつわレシピ・recipe料理海の生き物陶芸家青果食遊び]

kuroniIMG_3146.jpg

僕もやりたいー。
次男4歳がグズル。
いや、グズっているのではなく、
本当にやりたいのだ。

危ないからやらせない
火傷するかもしれない
手を切るかもしれない。

成長と危険は常に隣り合わせ。

やりたいんでしょ?
じゃー、一緒にやろうよ。

kuroniIMG_3147.jpg
歯がギザギザで強そうなお魚だねー。

kuroniIMG_3148.jpg
まずは10分酒蒸し。

kuroniIMG_3149.jpg

kuroniIMG_3150.jpg
そこにお醤油を入れるの手伝って。

はい。
やっぱりこぼしたー。 分量はかってあったのに。。
(でも怒らない、全く怒らない。手伝ってくれているのだから。)

kuroniIMG_3151.jpg

【煮魚(黒ムツ)】
魚(ウロコ、内蔵抜き) 600g
濃口醤油 90ml
みりん 90ml
日本酒 90mi
生姜(皮つき) 30g

鍋にみりんと日本酒と輪切りにした生姜を入れて
下処理した黒ムツを教義並べて中火にかけて蓋をして10分ほど酒蒸しに。
(一度酒蒸しにするので中まで火が入るので飾り包丁は無しでOK)
醤油をまわしかけ、蓋をしてさらに10分、
蓋がしっかりしまっていれば、煮汁が対流して上昇するので
魚が泡煮汁に包まれる。そうならない場合は、途中おたまで煮汁を魚にかける。
最後までずっと中火で仕上げる。

kuroniIMG_3154.jpg
器:村上祐仁

kuroniIMG_3155.jpg
白い器に助けられる瞬間。

kuroniIMG_3156.jpg
モロッコいんげんに見えるもの、
実は群馬県でひっそりと伝承されている
幅広インゲン。

kuroniIMG_3157.jpg
あなたは、煮魚をどこの部分から食べますか?

kuroniIMG_3159.jpg
おっと、うっかり盛り忘れ。

kuroniIMG_3160.jpg
針生姜がなきゃ始まらない。

kuroniIMG_3163.jpg
煮る時にも生姜が大活躍して生臭みを消し、
食する時には、ちょうどよい辛味と香りがアクセントになります。
高知県いの町の刈谷農園さんの有機生姜

kuroniIMG_3171.jpg
ご馳走さまでした。