ブログ

2017.01.23

しゅん・シュン・旬

[岡田イズム]

gyozaIMG_9693.jpeg

餃子はキャベツ派? 白菜派?
この質問をされるといつも違和感を感じる。
味と食感の圧倒的こだわりがある方は別として、
キャベツが美味しい時期と地域、
白菜が美味しい時期と地域。
それに当てはまらない時期には
キャベツでも白菜でもなくていいのではないか?
厳しいルールがそんなにはない餃子界で
キャベツか白菜に決めつける必要性はあるのか?
その時に旬なものを具材に入れて
いつものお気に入り餃子に近くなるように
旬の野菜で代用するような
自然の流れにまかせた献立作りを心がけてはどうなのか?
旬の時期に収穫して保存できるもの、保存食、乾物、
なれ寿司などは別として、
食材には、ほとんど旬があるわけで
旬のもの以外をお寿司にすることに、全く気持ちは入らない。
料理の色のバランスを考えてどうしても入れてたくなる
緑や、赤や黄色などの差し色。
わざわざ、冬にカッパ巻きを食べなくても良いような世の中になることを
祈りつつ。
酢飯屋で取り扱わせていただいている食材もあと5%ほどで
ひとまずの旬素材のゴールというところまできています。
季節のお寿司を作るように、
餃子の具材にも季節感を取り入れてみようと思った
平日休みの午後 東京宅にて。