ブログ

2016.09.17

美加登家(みかどや)さん 島根県 津和野町

[海の生き物記録]

wasaIMG_7324.jpg

2016年 9月 島根県 津和野町の旅

『美加登家(みかどや)』さんにて
渓流の貴婦人
のフルコース料理をいただいてきました。

あの新橋の鮎料理の名店『鮎正(あゆまさ)』さんの本店が
津和野町にありました。

25歳くらいの、まだ独立したての自分に
あるお客様が言った一言。
『岡田くん、まだ若いし、外食であまり贅沢はできないかもしれないけれど
東京で鮎を食べるなら、是非オススメなので新橋の鮎正さんに行ったほうがいいよ。』

僕はその言葉を信じて、勉強だと思って
当時、鮎正さんに行きました。

鮎ってこんなに美味しいんだ。。。。。

ただこれに尽きた食事の時間でした。

これがきっかけで、
日本各地の鮎の産地に行くと必ず鮎を食しております。

そんな、鮎正さんの本店ってだけで心躍ります!!

wasaIMG_7325.jpg
そして、さらに贅沢なことに、
津和野町のわさび生産者であり
日原山葵生産組合長でもある大庭敏成さんが
目の前でおろした、わさびの品種食べ比べをご提案してくださり、
おろしてからの経過時間での
わさびの味と香りの変化を鮎とともに楽しませていただきました。

IMG_7326.jpg

鮎の器でまずは、珍味 子うるか

IMG_7327.jpg

wasaIMG_7329.jpg
次のお料理の前に、大庭さんのわさび『稲葉』をすりおろしてくださいました。

wasaIMG_7330.jpg
お造り 鮎洗い
※お盆までは背越し、お盆あけてからは骨があたるので洗いでご提供されるそうです。
鮎をとってすぐに〆る岐阜・長良川などに対して
高津川の鮎は、とってから一晩寝かしてから〆ることで常虫が無くなるそうです。

wasaIMG_7331.jpg
御椀 白味噌仕立て

wasaIMG_7332.jpg

そして、
焼物 鮎塩焼き(高津川の鮎 と 錦川の鮎)の食べ比べです。

IMG_7334.jpg

IMG_7335.jpg

IMG_7336.jpg
こちらが高津川の鮎

IMG_7337.jpg
地元の蓼(たで)の葉をすり潰して作られた
本物のたで酢

IMG_7338.jpg
こちらが錦川の鮎

IMG_7339.jpg
鮎酒
干して焼いた鮎を地元の日本酒に。
このあたりでは、干して焼いた鮎で出汁をとり
お雑煮に使うそうです。

wasaIMG_7341.jpg
次男(当時3歳)がむさぼりついてしまうほど美味い鮎塩焼き。

wasaIMG_7342.jpg

強肴 味噌包み焼き

wasaIMG_7343.jpg

wasaIMG_7344.jpg
揚げ物 鮎素揚げ

wasaIMG_7345.jpg
食事 鮎めし

やっぱり鮎が好き。

※10月1日から禁漁に入ります。

割烹 美加登家(みかどや)さん
〒699-5221 島根県鹿足郡津和野町日原221-2
電話 0856-74-0341