ブログ

2016.04.20

鹿児島県 喜界島 -きかいじま-

[記録]

kikaiIMG_3314.jpg

2014年3月
喜界島 着陸直前。
思わずカバンからカメラを取り出し撮影した1枚。
なんなんだ!この色バランス。
喜界島の歴史を知らなかった自分には、
良い予感しかしない色としか思えなかった。

kikaiIMG_3328.jpg
ん?
どこかの駅?
みたいなコンパクトな喜界空港に到着。
喜界町は、奄美大島の北東にある
現在は人口約7,500人の島。
集落は37ほど。
ちなみに、
昭和初期は2万人いたそうです。

kikaiIMG_3332.jpg
僕をどっぷり喜界島ファンにしてくださった
田向勝大(たむかいしょうた)君。(左)
(注)カメラの都合で二人とも足が短く写っていますが、本当は二人とも短くはない。

kikaiIMG_3333.jpg
到着していきなりこの絶景。

kikaiIMG_3334.jpg
約1万2000年前は海だったこの場所。
喜界島はサンゴ礁が隆起して生まれた島であり
現在も1年に1.8mmのスピードで隆起し続けている。
風化よりも隆起するスピードのほうが速いため
サンゴ礁が砂になる前に岩のまま出てくる。
そのため、ゴツゴツした岩場も多く、ビーチが少ない。
が、その代わり
土壌はミネラル分をたっぷり含んだアルカリ性。
江戸時代から、奄美諸島の中で
喜界島のさとうきびは一番と評価されてきたほど
土地の生産性が高い。
そんなサンゴ礁の上には、喜界島で暮らす方々の全てがある。

IMG_3336.jpg
ガジュマル、その他色鮮やかな草木など
目が飽きることはない。

kikirinIMG_7940.jpg
九州本土と沖縄の中継点に位置する喜界島は、
琉球王朝と薩摩藩、アメリカという
3つの支配に揺れた歴史があり、
様々な伝説や史跡も残っています。

kikirinIMG_7941.jpg
必ずこの地に家族も連れてくることを決意した力漲るカジュマル前にて。

kikirinIMG_7947.jpg
第二次世界大戦の中でも
日本が主にアメリカと戦った太平洋戦争(大東亜戦争)中、
喜界島は特攻隊の前線基地となり
激しい空襲に見舞われた。
終戦後、北緯30度より南の地域は日本と分離され
奄美地方は沖縄とともにアメリカの信託統治下に入ったという。
1953年(昭和28年)に日本に復帰。

kikirinIMG_7949.jpg

kikaiIMG_3337.jpg

kikaiIMG_3338.jpg

kikikaiIMG_8505.jpg
島のあちらこちら、
しかも人の目に付きやすい所にお墓が立っています。
田向さん親子も、1日に何度も車をとめては、
先祖へのお参りをしていました。
朝起きたら、まずはお仏壇にご挨拶。
当たり前の習慣になっている
先祖への感謝の気持ちを常に心に生活している姿が
とても印象的でした。

kikikaiIMG_8506.jpg
人は死んだらどうなるか?
天国にも地獄にも行かない、海の彼方に行く。
天上に神様、仏様がいて下に地獄がある。
という上下の思考ではなく、水平な思考。
人が亡くなると親族は四十九日、遺体のそばで眠らずに見張りをし
野犬から守り、だんだん骨になる過程を見ながら
死というものを受け入れていく。
『風葬-ふうそう-』。

kikikaiIMG_8508.jpg
先祖の魂は『魂の通り道』という小さな穴を通って
お墓の中から毎日出てくる。
子供や孫たちがしっかり働いているか、
悪いことをしていないか、
それを見て再び帰っていく。
喜界島の人々の、命に向き合うという死生観が
先祖を安心させ、
先祖はいつも島の人々を見守ってくれる。

kikaiIMG_3339.jpg

kikaiIMG_3340.jpg

kikaiIMG_3341.jpg

kikaiIMG_3342.jpg

kikaiIMG_3344.jpg
初日の夜は、島内の小料理屋さんへ。
山羊(ヤギ)料理は定番。

kikaiIMG_3345.jpg


kikaiIMG_3346.jpg
島ならではのメニューが続きます。

kikaiIMG_3348.jpg
喜界島の農家 里さんご夫婦と初顔合わせ。
キュウリ、スイカ、メロンのスペシャリストです。

kikikaiIMG_3352.jpg

kikikaiIMG_3357.jpg

kikikaiIMG_3360.jpg
もちろん、お酒は黒糖焼酎を。

kikikaiIMG_3364.jpg
ほろ酔いで帰ると、
田向君が夜の散歩に連れ出してくれました。
携帯電話のライトを点けるまで田向君が発見出来ないほどの真っ暗闇。
田向君は灯りなしでもそこそこ見えるという。。

kikikaiIMG_3385.jpg
翌日のお昼も喜界島らしいランチ。
左から2番目の札『パンのすり身揚』!!?? ノーマークだった。気になる。

kikikaiIMG_3386.jpg
ヤギ刺

kikikaiIMG_3387.jpg
ヤギカラジューリ

kikikaiIMG_3391.jpg
そして、夜はやっぱり
Funky station 『SABANI-サバニ-』
喜界空港のすぐ横。

kikikaiIMG_3392.jpg
ライブハウスとは思えないほどの美味しいイカのお刺身がこの日は登場!

kikikaiIMG_3393.jpg

kikikaiIMG_3394.jpg
ここでも勿論、奄美黒糖焼酎 朝日


kikikaiIMG_3395.jpg
ライブお一人目からノックアウト。
素晴らしい歌唱力に加わった、癒し声。
東郷晶子さん。

IMG_3899.jpg
その場で即CDゲットです!
これでいつでもこの日の楽しい記憶が蘇ります。

kikikaiIMG_3399.jpg
続いて、津軽三味線の本田浩平さん、安藤龍正さん、佐藤理加さんらによる
迫力の演奏。

kikikaiIMG_3401.jpg
杉俣大介
有機さとうきびを栽培し黒糖生産者でもある杉俣紘二朗さんと岡田大介のキープボトル。

kikikaiIMG_3402.jpg
田芋

kikikaiIMG_3404.jpg
蒸した田芋

kikikaiIMG_3405.jpg
黒糖をかじって、田芋を食べる。

kikikaiIMG_3406.jpg
黄金糖をつけて、田芋を食べる。

kikikaiIMG_3454.jpg
羽田空港にて。

kikikaiIMG_7928.jpg
まず、喜界空港の見た目に癒される。

kikirinIMG_7937.jpg
この綺麗なビーチ環境。
日々漂着するゴミもあるはずなのになぜこんなに綺麗なのか?
喜界町は毎月第3日曜が美化作業の日。
島を綺麗に保つために、ゴミを拾い続けている方々がいることを
知っておかなければいけません。

kikikaiIMG_7932.jpg
いつもいつも、喜界島の魅力を教えてくれる
田向勝大くん(右)
お母様であり、ゴマ農家の田向利恵子さん(左)

kikirinIMG_7938.jpg

IMG_7968.jpg
サンゴの石垣

IMG_7975.jpg

kikikaiIMG_7984.jpg

IMG_7970.jpg
青パパイヤ

kikikaiIMG_7982.jpg
夜光貝の殻を多く所有しているご夫婦に頂いちゃいました^^

kikikaiIMG_7985.jpg
リアルジブリ。

IMG_7973.jpg
綺麗な亜熱帯性植物

IMG_7974.jpg

IMG_7988.jpg

IMG_7989.jpg

kikikaiIMG_7990.jpg

IMG_7991.jpg

IMG_7992.jpg

IMG_7993.jpg

kikikaiIMG_7994.jpg
海沿いの岩場に来ました。
この島は常に風が吹き、新鮮な空気が流れている。
東経130度。
喜界島にはハブがいない。
そのため、安全に畑仕事が出来る。

IMG_7999.jpg
さとうきびを切っている上村秀徳(ひでのり)さんと遭遇。
『農業立島』を掲げる喜界島の
基幹産業は、さとうきび栽培。
島の面積の約35%が耕地で、
在来種のゴマや30種類以上の柑橘類、メロン、トマトなども特産。

kikikaiIMG_8001.jpg
小さな斧でさとうきびを細かく切っていました。

IMG_8003.jpg
ミネラルが豊富なサンゴで出来たアルカリ性の土壌に恵まれ、
喜界島の黒糖は
奄美の他の島や沖縄などと比較しても
江戸時代から一番の評価を得ている。
ちなみに、
島の水を加熱したり、冷やしたりすると
サンゴ礁からのカルシウムが白い結晶となって出てきます。
1リットル中に石灰が400mgほど含まれる、超硬水。
そのままでは、水道施設のメンテナンスが大変なので
簡単水道を上水道にしたり、多くの家庭では軟水器を使ったりしている。

kikikaiIMG_8005.jpg
黒砂糖は、長崎から南蛮貿易で入ってきていた。
本来は、薬だった。
毎年11月頃になると、サトウキビの穂がすすきのように出てきて
美しい景色が見れます。
喜界島は台風の風当たりが強く、塩害もある中、
サトウキビは災害にも強く、
全滅することはないそうです。

IMG_8008.jpg
まずはお手本、田向くんがガブリ!

IMG_8012.jpg
岡田も続いてガブリ。

kikikaiIMG_8018.jpg
お礼に喜界島の粗糖で作った、黄金糖のラスクをプレゼント。

kikikaiIMG_8020.jpg

kikikaiIMG_8021.jpg
奄美では、米の代わりにサトウキビが年貢だったという。
幕末に大砲や軍艦などを購入し、明治維新を成し遂げた西郷隆盛や大久保利通ら
薩摩藩の財源の大部分を支えていたのが
奄美の島の人々であり、サトウキビだったのだ。

IMG_8023.jpg


kikikaiIMG_8031.jpg
喜界島最高地点にてベタな写真

kikikaiIMG_8028.jpg

kikikaiIMG_8037.jpg
里さんのキュウリハウス

kikikaiIMG_8038.jpg

kikikaiIMG_8039.jpg

kikikaiIMG_8040.jpg

kikikaiIMG_8041.jpg

kikikaiIMG_8043.jpg

kikikaiIMG_8045.jpg

kikikaiIMG_8046.jpg

kikikaiIMG_8047.jpg

kikikaiIMG_8048.jpg

kikikaiIMG_8049.jpg

kikikaiIMG_8050.jpg

IMG_8226.jpg
岩場の風景

kikikaiIMG_8227.jpg

kikikaiIMG_8229.jpg

IMG_8236.jpg
岩場の風景4

kikikaiIMG_8241.jpg
岩場でやりたくなるやつ。

IMG_8243.jpg

IMG_8246.jpg

kikikaiIMG_8249.jpg

IMG_8252.jpg

kikikaiIMG_8253.jpg

kikikaiIMG_8254.jpg

IMG_8255.jpg

kikikaiIMG_8259.jpg
綺麗な海

kikikaiIMG_8264.jpg
【西商店】
西徹彰(にしてつあき)さんは
よろづ屋を営む傍ら
島のイベントやライブハウスで活躍するアーティスト。

IMG_8266.jpg
お父様がずっと営んできた西商店。
お父様が他界され、
【西商店】という名前に支えられて生きてきた、それをなくしたくない
という思いから引き継ぎ、
アーティスト名も【西商店】に。

奄美シマウタにオリジナル歌詞を加えて
オリジナルメロディで作った「hocolasha ~ホコラシャ~」という曲
はこちらでご覧いただけます。
http://youtu.be/cac56xZJM6w

ちょっと前の映像はこちら。
http://youtu.be/hysG1eTjvKk
他にも
YouTubeで「西商店」で検索すると 色々出てきますよ。

西商店で三線弾いてる映像は、もれなく西さんです。

kikikaiIMG_8272.jpg
ヤギたち

kikikaiIMG_8273.jpg
神社

kikikaiIMG_8274.jpg

DSC_0660.jpg
一本道 (photo by 小澤亮)

IMG_8420.jpg
車海老の養殖場もありました。

IMG_8421.jpg
お魚大好き、釣り大好きな福森さん

kikikaiIMG_8422.jpg

IMG_8423.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

kikaiIMG_3225.jpg

鹿児島県 喜界島-きかいじま-
2014年3月にさとうきびの旅に来て、
大好きな場所の一つになりました。

大好きな場所には、家族も連れて行きたくなるものです。
2014年9月 今回は ごまの旅 と題して
再びこの地に降り立ちました。

IMG_3184.jpg
無条件に気持ち良い風景と空気。

kikaiIMG_3197.jpg
当時 3歳と1歳の子供たちにとって、
今でも良い思い出として刻まれている今回の喜界島時間。

IMG_3219.jpg
遊びたいように遊んだらいい。

kikaiIMG_3168.jpg
喜界島の在来種のカボチャ

kikaiIMG_3222.jpg
今回も田向さん親子に大変お世話になりました。
喜界島の魅力をたっぷりと体感させてくださいました。
しかしそれは、まだまだごく一部なのだと思うと
この島の魅力は計り知れません。

kikaiIMG_3244.jpg
喜界町指定 天然記念物 ガジュマル群
クワ科 ガジュマル
種子島、屋久島以南の南西諸島に広く分布する常緑高木。
お屋敷の防風垣として重要な役割を果たしてきたこのガジュマルは
喜界島の宝として指定されている。

IMG_3248.jpg
ちょっと飲みに誘われたので会場に向かうと
お店の棚には黒糖焼酎がずらり。
ものすごい量のキープボトル。

kikaiIMG_3249.jpg
こちらを見てニヤリと笑う 東亮輔-あずまりょうすけ-氏
何か危険な予感は的中。
喜界島のウェルカムドリンクこと、
『与論献奉-よろんけんぽう-』の始まりです。

与論献奉とは、
与論島での風習で
客人をおもてなす際、相手に自分のことを知ってもらうため良き酒文化。
まず、親がいて、その親がお酒と杯を持って自己紹介。
グイッと呑み干します。
その後、親のご指名、もしくは順番に杯と酒が回ってきて
自己紹介と一言。そして、杯の酒を飲み干す。
そして次の方へ。
飲めない方のは、親が代わりに飲む。
それを延々と続ける儀式みたいなもの。

kikaiIMG_3251.jpg
濃ゆいメンバーが酔って、さらに濃い夜に。

kikaiIMG_3258.jpg
ほろ酔いで次の会場へ。
9月の喜界島の夜。気候もちょうどよく
家の庭でテーブル広げて宴会が始まっていました。

kikaiIMG_3261.jpg
気がつくと唄が始まり、誰かが立ち上がる。

kikaiIMG_3269.jpg
隣りのおとなしそうなおじさんも立ち上がる。

kikaiIMG_3274.jpg
あれよあれよとみんなが踊りだす楽しい夜。
いつもそうなのか?
この日がたまたま盛り上がっているのか?
いや、いつもそうなのだという。
心からこの時を楽しめる豊かさが
みんなの踊りを見ればすぐにわかる。


kikaiIMG_3488.jpg
翌日は、今回の主目的、ごま畑へ。
白と薄紫を合わせたような綺麗なごまの花。
葉の光の取り方が上品です。

kikaiIMG_3491.jpg
無農薬のごま畑は雑草も多いですが、
生命力に溢れていました。

kikaiIMG_3493.jpg
この力強いごまの実と産毛が生命力の強さを物語っております。

kikaiIMG_3497.jpg

kikaiIMG_3500.jpg
道路脇にごまが干されている風景、
そこらじゅうが、セサミストリートに。

kikaiIMG_3501.jpg
こんな干し方も。

kikaiIMG_3506.jpg
乾燥して開いたごまの実を袋の中で叩き種子を落とします。

kikaiIMG_3287.jpg
ごま農家の田向利恵子さん直々にごまの煎り方を教わる。

IMG_3311.jpg
一粒も無駄にしたくない、ごま一粒一粒の命。
と思っていても、ちょっと気を緩めると。。。。。。。。

kikaiIMG_3319.jpg
日本のゴマは99.9%輸入に頼っている中
残りの0.1%の国産ゴマのほとんどを喜界島が担っている。
さらに在来種。
貴重すぎるゴマです。

喜界島のごま・ゴマ・胡麻 についてはこちらからどうぞ。
ごま・ゴマ・胡麻(鹿児島県 喜界島-きかいじま-)

kikaiIMG_3350.jpg
ごまを煎って、絞って、ごま油を作る工程を見せていただきました。

kikaiIMG_3357.jpg
ゆっくりゆっくり圧搾中。

kikaiIMG_3358.jpg
搾りたてのごま油が出てきました。

kikaiIMG_3361.jpg
薄濁りの搾りたて。

kikaiIMG_3362.jpg
あんなに沢山のごまを入れて、
これだけしか油搾取できないんですか!!!!!!????

kikaiIMG_3364.jpg
良い香りに誘われて、子供達も集中力が切れません。

kikaiIMG_3365.jpg
大人も子供も生産現場を見ることが一番勉強になります。

kikaiIMG_3369.jpg
絞りかすの方が圧倒的に多いです。

kikaiIMG_3370.jpg
酢飯屋・suido cafe では、
この絞りかすもしっかり使わせていただいております。

kikaiIMG_3373.jpg
貴重な搾りたてごま油の試食です。

kikaiIMG_3375.jpg
喜界島の生ごまジュースを子供達に注入。

kikaiIMG_3376.jpg
逞しく育って欲しい。

kikaiIMG_3377.jpg
真空パックして貯蔵です。

kikaiIMG_3378.jpg

kikaiIMG_3382.jpg
搾りたて薄濁りのごま油の味と香りは、
想像を遥かに超えてきました。

IMG_3282.jpg
普段昼寝をしないほど体力が有り余る子供達も、
喜界島では全力の全力で遊んでいるのだろう。
二人とも畳の上でぐっすりと昼寝をしてくれる。

kikaiIMG_3323.jpg
寝起きはさすがに機嫌が悪い次男。

kikikaiIMG_8445.jpg
島バナナ

kikaiIMG_3454.jpg
次はバナナ畑に。

kikaiIMG_3411.jpg
自生している島バナナ

kikaiIMG_3412.jpg
ここでも子供達のテンションが上がります。
大好物が自然にある幸せ。

kikaiIMG_3413.jpg
たっぷりの包容力を感じさせるバナナの大きな葉。

kikaiIMG_3418.jpg
草丈も随分高いです。

kikaiIMG_3419.jpg

kikaiIMG_3435.jpg

kikaiIMG_3436.jpg

kikaiIMG_3438.jpg

kikaiIMG_3439.jpg

kikaiIMG_3450.jpg
ド迫力のバナナのつぼみ。

20150131193240.jpg
東京にも送ってくださいました!!

IMG_3346.jpg
朝ごはんのデザートに出てくる豪快なマンゴーとドラゴンフルーツ。


kikaiIMG_3387.jpg
長男が見つめる先にあるもの。

kikaiIMG_3406.jpg
黄金色に輝くサナギ。

kikaiIMG_3401.jpg
喜界島を代表する蝶。
『おおごまだら・オオゴマダラ・大胡麻斑』です。

IMG_8448.jpg
青パパイヤ1

kikikaiIMG_8450.jpg
青パパイヤ2

IMG_8451.jpg
青パパイヤ3

kikikaiIMG_8452.jpg
青パパイヤ4

kikaiIMG_3394.jpg
青パパイヤがゴロゴロと生っています。

kikaiIMG_3407.jpg


kikaiIMG_3408.jpg
大汗をかき、傷だらけになって遊びまくる子供達。
チャクラ全開です。


喜界島の亜熱帯性植物達。

IMG_3480.jpg

kikaiIMG_3456.jpg

kikaiIMG_3463.jpg

kikaiIMG_3464.jpg
サンゴの石垣の塀を構えた集落があちらこちらに。

kikaiIMG_3465.jpg
ちょっと休憩でおうちに戻ってもまだまだ遊びます。

kikaiIMG_3468.jpg
お隣のおばさまにヤクルトをいただき
夢中で飲む1歳の千歳。

IMG_3478.jpg
吸いつき過ぎて、しばらく跡が残っていました。。

kikaiIMG_3481.jpg
喜界島の南部にある『花良治-けらじ-』という集落。

kikaiIMG_3482.jpg
喜界島には、
珍しいものも含め30種類以上の柑橘がある中で
香り高き、幻の柑橘。
これが、『花良治みかん(けらじみかん・ケラジミカン)』。
ここが発祥の地です。

IMG_9184.jpg

他にはない、けらじ香は、魅惑の香りです。
黒糖焼酎に漬け込んで、香りを移して楽しんでいる方もいます。
まさに、アロマ香。

kikaiIMG_3521.jpg

IMG_8216.jpg
長命草

IMG_8217.jpg

kikikaiIMG_8218.jpg

kikikaiIMG_8220.jpg

IMG_8221.jpg

kikikaiIMG_8222.jpg

IMG_8224.jpg

IMG_8257.jpg

IMG_8261.jpg

kikikaiIMG_8262.jpg


kikikaiIMG_4202.jpg
長命草を茎ごと細かく刻み味噌に混ぜ込みます。

IMG_3898.jpg
長命味噌


田向さん、喜界島のたくさんの魅力を教えてくださり
ありがとうございました。
たっぷりの愛情と記憶に残る良い思い出。
またみんなで遊びに行きますね。

kikaiIMG_3524.jpg

kikaiIMG_3526.jpg

喜界島を離発着する飛行機の座席数は36席。
この小型飛行機が多くの方の幸せを日々運び続けています。
是非、いつもの喜界島に触れにお出かけをオススメいたします。
最近は、『東経130度喜界島マラソン』も開催されております。
島の周囲48.6km。
島を一周するとフルマラソン+ができてしまうという。

kikaiIMG_3528.jpg