ブログ

2013.08.07

壱岐の華(長崎県 壱岐市)

[酒蔵訪問]

ikiikiIMG_7338.jpg
壱岐焼酎の蔵元
【壱岐の華】の本家にて、会長と会長夫人にご挨拶。
ご先祖様にもご挨拶。
本社にて、社長と社長夫人にご挨拶。
酢飯屋の焼酎のメインは、もちろん【壱岐の華】。
『初代嘉助』の28度に加え、
大麦の香りを米麹の甘さでくるみ、
木樽の風情で仕上げられた、上質なウイスキーのような
『海鴉(うみがらす)』も酢飯屋に常備しております。
次男、千歳は梨をいただいてご満悦。

ikiikiIMG_7353.jpg
子供達が寝てからの大人の時間。
酒の肴は、
俺がちょちょいと捌いたヒラマサ(壱岐ではヒラスと呼ぶ)。
そりゃ、寿司屋ですもの。
そ し て
これが、超、超オススメの『海鴉(うみがらす)』。
是非、酢飯屋にお越しの際はご注文を!^^
大人の宴が盛り上がり、
あっという間に1本空いてしまいました。

iki2016IMG_7471.jpg
今宵の壱岐焼酎は、
壱岐の華の【初代嘉助25度】。
麦焼酎と子供達が釣ったお魚料理の組み合わせが
この島にいると、よりいっそう美味しく感じます。

今宵の壱岐焼酎は
【壱岐の華】の『尋ね鳥(たずねどり)』
こちらは原酒を低温熟成させた麦焼酎。
新樽の香りを纏った気品を感じる一杯です。

iki2016IMG_7518.jpg

iki2016IMG_7521.jpg

親戚の
長崎県 【壱岐の華】
長田浩義社長と晩酌です。
俺がワイルドにおろした肴と、壱岐焼酎で乾杯です。
10574706_741174479277381_1330808777_n.jpg

10566474_741174742610688_1660367669_n.jpg

10568762_741177509277078_1089292249_n.jpg

38790252_2140338419374411_6020495773244850176_n.jpg
左:IKITAKEの柴山琢磨さん
右:壱岐の華 代表取締役社長 長田浩義さん
中:酢飯屋 岡田大介

IMG_7641.jpg
壱岐焼酎
海鴉(うみがらす)
長期貯蔵
原材料 大麦・米こうじ
アルコール分 25度

妻のお母様のご実家である【壱岐の華 -いきのはな-】。
世界産地呼称『壱岐焼酎』の蔵元さんです。

IMG_7642.jpg

大麦の香りを米麹の甘さでくるみ、
木樽の風情で仕上げられた、
粋で艶のある上質なウイスキーのような焼酎です。
長期熟成にて練り上げられた味の深みは格別です。

ロック・・・樽貯蔵特有の風味
水割り・・・滑らかな喉通り
湯割り・・・広がる甘味

110534081_741440329250796_7966234266844649116_n.jpg

壱岐の華蔵元近く、
波静かな内海碗に浮かぶ小島の山中には神社が鎮座し、
干潮の時だけ割れて参道を渡ることができます。
この島に棲む鴉(カラス)たちは
昔から神の使いでありながら
夜な夜な海を渡って町へ繰り出す
粋な遊び人でした。

日暮れりゃ海ゆく小島の鴉 肴は拾った烏賊でいい 海鴉 其の壱

三千世界の鴉を殺しぬしと添い寝がしてみたい 高杉晋作 伝

島の鴉は夜更かし好きでぬしの添い寝の邪魔はせぬ
面白きこともなき夜を面白く 海鴉 其の弐

IMG_7643.jpg


ikinohanaIMG_7523.jpg
壱岐焼酎
尋ね鳥(たずねどり)
原材料 大麦・米こうじ
アルコール分 25度

古代アラビアで誕生し、それぞれの民族、それぞれの風土で造られ、
大陸を越えてきた蒸留酒の流れをくむ麦焼酎『尋ね鳥』。
伝統の技で造られた原酒を低温度で貯蔵し熟成させています。
『尋ね鳥』は、よく乾燥させた新樽の木目を通して呼吸し続け
歳月と共に人の心にしみこむアロマを身につけました。
『尋ね鳥』は、蔵主が焼酎との会話によってその息吹を肌で感じ、
成長を見届けた本格麦焼酎です。

〈尋ね鳥の独り言〉
希望を歌う尋ね鳥。
明日を夢見る心の中に棲んでいる。


株式会社壱岐の華
〒811-5315 長崎県壱岐市芦辺町諸吉二亦触1664-1
電話 0920-45-0041
ホームページ http://ikinohana.co.jp